◎これから 「」という字は 「チュー」と、「」は 「もー」と、「」は 「にゃー」と、「」は 「ちょ」と読んで。◎
◎なお、「イスラム国」は「イスラL国」と表記。 「」は「とん」と読んで寝。 これで頭のカタイ人は去りますww◎
2015/03/02(月)2  田母神閣下は限りなく白に近い灰色!
限りなく黒い面々
島本
上の写真は、内輪だけの食事会。普通は外には出ない写真だ。
島本順光(のぶてる、事務局長、中央にいる人物)がいる。
会計責任者の鈴木新もいる。「いぬぶし秀一」もいる。水島総が送り込んだという「スパイ」もいる…。
上の写真は、田母神の選挙資金の残高が1千万しかない!と、田母神閣下が知らされた時期である。

カネ(選挙資金)の件も、湯川遥菜をシリアに送った件も、
「田母神はクロ!」 と、誰もが思っていた。

しかし! 鷲の内偵では…、
カネ(選挙資金)の件も、湯川遥菜をシリアに送った件も、田母神閣下は(選挙で超多忙なこともあって)看板娘、いや看板爺にされ、蚊帳の外に置かれていた。

頭が悪く、ワキのあまい田母神閣下が選挙戦に忙殺されている間…、
島本順光は、選挙資金の管理を鈴木新を使って完全に掌握し、買収からカラオケまでカネ(選挙資金)を自由に使いまくる仕組みを形成した。
島本代表さらに、自らが代表を務める『防衛システム研究所』なる外郭団体を動かし、防衛省の御威光(ななひかり)をカザシながら、阿呆首相周辺に「J-CIAの極秘創設計画」を持ちかけ、また、湯川遥菜の民間軍事会社の併合も実現していた。この結果が湯川遥菜の“殺害”である。
そうして、カネの使い込みをはじめとする“不正”がバレそうになると、カネの不正使用の責任は会計責任者・鈴木新ひとりに押し付け、他の管理責任の全てを田母神閣下に押し付けた。

水島総も、現金の受け取りを断固拒否!という点ではキレイだが…、事務所の前の高級ホテルに泊まり込み、連日“スパイ”から報告を受けていたはずだ。

それが、一年も過ぎた今になって、『週刊文春』や三橋貴明と一緒になって田母神閣下一人を悪者にする謀略に加担している…。
何故なのか?

鷲も命懸けで書いているが…、今は、これ以上は書かぬ。

しかし、本日は、田母神閣下は限りなく白に近い灰色! ということは声を大にして言いたい。
飯山 一郎
2015/03/02(月)  ふくしまで おもいっきりの おもてなし
安倍首相: ウィリアム王子に福島
県産の食材を使った和食を振舞う
w
ダイアナはパパラッチに殺され、息子はアベラッチに毒盛られる。
安倍首相は福島県郡山市で、日本を訪問中の英ウィリアム王子の歓迎夕食会を開き、2011年に地震と津波によって原子力発電所事故が起こった福島県産の食材を使った和食を振舞った。(ロシアの声
.
『ウィリアム王子:首相と福島視察。どう思いますか?>飯山翁』
という質問があった。鷲の答は以下のとおり。

ウィリアム王子はダイアナ王妃の息子だけあって、大変な下鷹・中鷲・上鳶。安倍の阿呆が「福島放射能・安全神話」を刷り込み出来るようなタマではありません。

例をあげれば…、
ウイリアム王子は、英国王室財政窮乏キャンペーンの首謀者で、自ら王室を出て…、安マンションに住み、サラリーマンをヤっているように見せかける演技力において、ジャパンの歌舞伎役者など足元にも及びません。

ウイリアム王子の今回の来日も、安倍や舛添に付き合って大枚を英国に送らせることと、「日本の真相」をジカに目で見て確認することです。
そのために東京湾を船で走ったり、フクシマにも行ったのです。

もうひとつだけ暴露すると…、
「日本の真相」が確認された時点で、オリンピックを返上させるアジェンダの構築や、尖閣をネタにして中国を再度挑発する意思等々の実地検分がウイリアム王子の主要目的です。

今後は、ウイリアム王子の報告如何で、英国王室を核にする欧州貴族の「日本」に対する態度・政策が決まっていきます。

いっぽう…、
おそらく、「日本」は見放そう!(滅びるにまかせよう!)という結論が既に出ていて…、その確認に来ただけ!という見方もあります。以上。
飯山 一郎
2015/03/01(日)2  東電福島3号機が再臨界か?
地下深くでの核爆発だ!
飯山一郎編集短編動画
上の動画(飯山一郎編集・超短編)でも、3号機の大爆発が半端な爆発ではない!と分かる。

この間欠泉的な爆発は、昨年末から激しくなっており、「無限連鎖の核爆発に至る可能性もある!」(東海アマ)は警告している。

その実態はどうなのか? 今後どうなるのか?

先ず、東海アマの警告は、
「無限連鎖の核爆発に至る可能性もある!」
ということだが…、
この「無限連鎖の核爆発」は、現在、すでに発生している!
ウランボーリング東電福島の原子炉のなかの核燃料は原子炉の外に脱落したあと、大きな団子状の塊になり、超高熱を発し、何回も爆発を繰り返していた。

この結果、水蒸気が間欠的に大噴出していたし、再臨界状態を告げる「青白い光」(チェレンコフ光?)が何回もライブカメラに映った。

原子炉の下に脱落(メルトアウト)した大量の核燃料が団子状になって、激しく核分裂を繰り返して超高熱を発し続ける…。この状態を、鷲は 「ミニ太陽」 と呼んだ。

超高温で燃えさかる「ミニ太陽」は、当然、格納容器の下のコンクリートを融かし、突き破って、さらに下へ下へと沈降して行く…。

そして、「ミニ太陽」は、ただ今現在も、なお沈降中である。

ソレは、さながら「地中貫通爆弾」(Bunker Buster:バンカーバスター)だ。この現象は、「トーデン・ウラン・ボーリング」 でもある。

それで、ミニ太陽は、しょっちゅう臨界点に達して、爆発する!

この爆発には2種類あって点、水蒸気爆発と、核爆発だ。

核爆発するから ミニ太陽なのである。

この核爆発は、現在、地下数百メートルという深度で発生している。それが上の動画で、いま現在も間欠温泉的な核爆発が発生している。

それでも、地下数百メートルという深度の巨大な土圧によって、地上に巨大なキノコ雲を吹き上げることにはなっていない。今後もそうだろう。

だっから、3号機の大爆発を心配するより、この4年間に吸い込んで体内に蓄積した核物質の障害を心配すべきだろう。

対策は一つしかない。すなわち免疫力の向上!
飯山 一郎
2015/03/01(日)  『ライン・ニュース』がウソの報道
必須:メディアのウソを見破る眼力
linenews.jpg linelie
『ライン・ニュース』の見出し「車で走行中に7発銃撃」←これはウソだ。少なくとも、ラインニュースが示した情報源には、「走行中」の文字はない。
ロシアの野党指導者の暗殺を、プーチンの仕業!と世界中に思わせ、『☓☓の春』を演出する洗脳工作が始まった。

暗殺時の状況はこうだ。
ネムツェフ氏は27日23時30分頃、背中に銃撃を受けた。
唯一の目撃者は、23歳のウクライナ人のモデル、アンナ・ドゥリツカヤさん。
ドゥリツカヤさんによると、ネムツェフさんとモスクワ中心部にあるグム百貨店で会い、その後、23時頃、2人は徒歩でワシリー坂の方向に向かったという。
ネムツェフ氏は、近くを通過した車から銃撃を受けた。フォード車だったとみられている。治安機関は現在、道路に設置されているカメラが捉えていた白い車3台を探している。
厳しい環境下にある日本で、健康な身体と明正な精神をもって生き延び、生き抜いていくためには、情報分析力が必須である。

簡単に言えば…、
ダマサれやすい人の人生は、貧弱・病弱になる、と。

ロシアの野党指導者の暗殺報道に対して、「プーチンの仕業」と思う人、あるいは思わされる人は、思索が浅く、あまい。

暗殺の専門家集団(KGB)に長年在籍したプーチンが、本気で暗殺をすれば、自宅での自然死だ。あるいは永久行方不明だ。このぐらいの芸当は、プーチンなら朝飯前だ。

「プーチンの仕業だ!」 と思われてしまうような暗殺作業は、85%という絶対的な高支持率を誇るプーチンにはヤル必然性がない。

暗殺の報を聞いて…、いち早くオバマは非難生命を発した。下っ端では二階堂ドットコムが「プーチン怖いな。プーチン殺したなぁ」と書いた。

まぁ、若い娘にフラレて泣きまくった青年なので思慮が甘いのは仕方がない。いっぽう、世界一早く発信されたオバマの非難声明は、「犯人はウチの国の連中…」という暗号だ。

ところで、暗殺発生時の状況…。
うら若き美しいウクライナのモデル嬢に誘われて百貨店で密会した後、人通りのない深夜の街路を徒歩で歩く…、このウクライナ発のハニートラップの危険性を見抜けなかったネムツェフ氏。
甘い! 愚かだった。

さて、プーチンだが…、
事件の報告を受けたプーチン大統領は犯行を「挑発的」などと非難したうえで、内務省など関係部局に特別捜査班の設置を指示した。自らも捜査の指揮に当たる意向…
プーチンの技は、その特長は…、自らは力(パワー)を使わず、テキの攻撃力(パワー)を逆用して、“巴投げ”のように敵を後方へと投げ飛ばす…。

今回の敵は、ウクライナと同じく、資金をソロスから供給されたCMCIAとモサド)だ。CMの意図は、今回もミエミエだ…。「愚かな春」。

プーチンは…、今回の事件を奇貨として、CMの残党を片っ端から消していくだろう。屍体の痕跡すら残さず…。

До свидания ダスヴィダーニャ 「さようなら!」
飯山 一郎
2015/02/28(土)2  麻生や安倍は天皇家の縁戚だが…
兄弟は他人の始まり
閨閥
上の流れは平和主義。下にくるほど戦争屋。この対立は大きいぞ。
昭和天皇の弟である三笠宮崇仁親王は、敗戦後、「天皇の戦争責任」に言及するなど「赤い宮様」として有名だった。

「兄弟は他人の始まり?」 三笠宮崇仁親王は昭和天皇とは毛色のちがう宮様であった。今も三笠宮家には彬子さんという「異端」がいる。

昭和天皇→今上天皇と、三笠宮崇仁親王とは、全く別の流れ(血統)を形成してきた…。

三笠宮崇仁親王の縁戚に麻生太郎や安倍晋三がいるが、今上陛下とは血統が違うし…、そもそも「格」が違う。品格も人格も。

放射能に対する考え方も全く違う。かたや国民を思い、かたや国民を殺す。国体と政体が激しく対立する状況と理由を視座に置かないと、すべてを見誤る。あげく、最悪は下衆なデビのようになる。

「閨閥(けいばつ)」という概念で、今上陛下と麻生太郎・安倍晋三を括って(ククって)しまうと、閨閥という縁戚関係の中の厳しい対立関係が見えなくなる。

何事、物事を括って考える人の思索は浅い。

「飯山一郎は、天皇を絶対視する右翼である!」
天皇制を嫌う人の大半はこう思っている。

鷲のことを他人様がどう思おうと、鷲は一向に頓着しない。

ただし…、
日本の国家指導者のなかで、国民の健康と幸せを最重要視する人物は天皇陛下おひとり! このことは「天皇嫌い」も認めざるを得ないだろう。

民のかまどの煙が少ないのを見た仁徳天皇が、「民は貧しい!」と見透かし、租税を減免したという言い伝えがある。 (記事)

天皇家は古代天皇の時代から、民の幸せを願う「仁政の伝統」を受け継いでいて…、その伝統を今上天皇も守っておられる。

そういう天皇を、鷲は敬う。

日々、民の健康と幸せを祈り続ける天皇陛下を、鷲は敬う。

この鷲の思いは、極右たちが考える「天皇親政」という絶対天皇制とは全く違う。彼らは、天皇を担いで再度また戦争を起こそうとしている連中だ。

いまの日本の極右勢力は、対米従属で、原発推進派で、自衛隊を“天皇の軍隊”にして「戦争が出来る国」を目論んでいる。
彼奴らは、国民の敵だ!

たしかに飯山一郎は右翼!…鴨。
しかし飯山一郎は…、対米従属で原発推進を提唱するエセ右翼、極右の戦争屋ではない。断じて違う。

そこんとこ宜しく!
飯山 一郎
2015/02/28(土)  海外で評価されている日本の指導者は…
ふたりだけ!
World War II Should Not Be Forgotten, Japan's Prince Naruhito Says
「第二次世界大戦(の歴史)を忘れてはいけない」
と、日本の皇太子・徳仁親王は述べた。      
徳仁殿下
Crown Prince Naruhito of Japan during a state visit to Switzerland on June 19, 2014.
2014年6月19日、スイス訪問の際の徳仁皇太子。
bbc
Japan's Crown Prince Naruhito urges 'correct' war history
「戦争の歴史を正しく学ぶこと」を日本の皇太子・徳仁親王は強調した。
徳仁殿下2
Prince Naruhito is Japan's heir apparent. 
皇太子・徳仁親王は日本国の法定相続人である。
RightWing
Japan will mark the 70th anniversary of its surrender in WWII in August
日本は8月に第二次世界大戦降伏の70周年を迎える。
海外紙の最近の論調は、極右・軍国主義の安倍晋三首相には非常に厳しく、安倍晋三が統治する日本国を「ならず者国家」と見なしている。

いっぽう、天皇・皇后と皇太子に対する評価と安心感は、高い。

日本は、対外的な面でも、天皇・皇后・皇太子の言動によって、その地位をかろうじて保っている!と言える。

ところで…、
天皇が嫌いな人、天皇制に反対の人…。その大きな心因は、昭和天皇の戦争責任の問題に由来する。

しかし、ただ今現在の日本の状況(逆境・放射能・貧困)下で、国民の安全と健康を本気で心配している国家指導者は、天皇家だけである。

あとの国家指導者は、安倍晋三を筆頭にカネと利権を私服するために狂奔する売国奴・レントシーカーばかりである。

いまの日本において、もし!天皇や皇太子の言動(発言と行動)がなかったら、この国は安倍のような過激な極右に先導されて、一気に戦争に突入していってしまうだろう。間違いなく!

このことは、本年1月~2月の短期間に、一気に「テロと闘う戦争国家」に変身してしまった!という事実をみれば、戦争屋の恐ろしさが分かるはずだ。

この戦争突入!の流れに、皇太子が「待った!」をかけた。

この皇太子の勇気ある言動を、海外のメディアが大きく評価した。

かくして、いま、日本国の極右・軍国主義者の前方には、堅固な暴走停止壁(土手)が築造されている。

…鷲の内心には、この2~3日、大きな安心感が広がっている。

天皇を嫌う、頭の固い反天皇制論者よ!
もう少し柔軟な思考をもちたまえ!

いまの日本は、天皇と皇太子が支えている!
飯山 一郎
2015/02/27(金)2  かぐや姫;ビックリ仰天
クソコラ・コンテストに、米国NASAが参戦。
クソコンの舞台が、シリアから宇宙へ! (記事)
飯山 一郎
2015/02/27(金)  誤字・脱字の原因は老眼鏡?ww
前稿の「憲法を養護」という誤変換を幾人かから指摘された。
ただちに「憲法を擁護」と訂正すべきが、山歩き中だったため、訂正は先ほど…。許されよ。

ところで、
日本国憲法は、(軍・産・政・報・学内の)戦争屋によって完璧に骨抜きにされ、有名無実! これが実態だ。

骨抜きにする名分(理論的根拠)の一つは、
「米国に押し付けられた現行憲法を改正し、自主憲法にする」
という理屈だが…、
この理屈は、米国戦争屋の手羽先の理屈。
この米国の手羽先どもの理論は、屁理屈だ。 なぜか?

ふだんは泥棒の親分の言いなりになっているクセに、
「うちの親分が言う“泥棒の心得”は、おかしい。ダメだ!」
と、手下の泥棒が家族に言ってる、という構図だからだ。

“自主独立の憲法”をつくるのは、まことに結構。

しかし!
そんなことは、日本国が完全に独立してからヤレ!
飯山 一郎
2015/02/26(木)2  政体(政府)は右に左にグッラグラ
国体(皇室)は一貫して国民の幸せ!
東宮2015 2月23日のNHKニュース(おはよう日本)は、約3分間にわたり皇太子殿下の会見を報じたが、「日本国憲法」の価値に言及した部分は全部カットした。NHKは憲法擁護義務を完全放棄である。

しかし、NHKが流すニュースは、NHK内にいる米国戦争屋が全てチェック! という植民地状況。戦争屋勢力が支配する状況化では、平和憲法が忌避されるのは当然の成り行きだ。

23日。東宮、55歳の誕生日。この日の記者会見は見事だった。
「さすが御曹司! この跡取り息子なら、お家は安泰!」
と思ったのは、鷲だけではないだろう。

23日。皇太子殿下は、政体(政府)が米国の占領下にあることを熟知したうえで、今回も天皇陛下の御了解の下憲法を擁護する御発言をなさった。

御発言の内容は『文殊菩薩』に保管した。日本国の将来を考える上で、非常に重要な内容である。是非とも熟読ねがいたい。>皆の衆

思えば…、
国体側(皇室)も悲壮な御覚悟で厳しい境遇を生きておられる。
おいたわしいほどである。

国体と政体。善悪を判断する基準は、
国民の健康と生活を第一に考え、国民と生死を共にする覚悟
この有無である。

この判断基準から言えば、現在の政体は、国民の敵!である。
以上。
飯山 一郎
2015/02/26(木) 東海アマ:ツイッター禁止の原因
このツイートが原因?
アマ激怒】 NHK受信料
テレビない世帯も検討へ!
総務省がネット世帯を対象に
見直し着手!
国民は猛反発
.
もう殺るしかない 糞犬HK
アマちゃんだ (2015/02/22
東海アマのツイッター投稿が禁止されたことは、憲法が保障する言論・表現の自由の侵害行為であり、国家的な大問題だ。←この物言いは決して大げさでない。

このことを報じたのは、海外メディアの1~2社を除いて、国内のメディアは黙視、シカト。←このことも大問題なのだが…、ま、日本国が北朝鮮以下の弾圧国家になってしまっている!という証拠だ。

ところで…、
東海アマが弾圧された2月22日の午前中に、鷲は、
東海アマがNHKに激怒!」 と投稿した。

そうしら…、
2月22日の午後、東海アマのツイッター投稿が禁止になった。

これは偶然で、因果関係はないのに…、
鷲が東海アマの「激怒」を大々的に書いたので、NHKが気にしてツイッター社に圧力をかけた。それで東海アマが残圧された!と思ったシトが結構いたのだ。

バカバカしい! 何たる妄想! 大した邪推だ!

鷲には、そんな影響力はない!誰が見ても分かる。

それにしてもだ。
2月21~22日の東海アマのツイートの“魚拓”はコレなんだが…、
「弾圧されても仕方なかんべ!」と思えるツイートは皆無なのだ。
これ以前のツイートにも、「危険な語句」は、ない!

まったく! この国は、なん鼠~国なん蛇!

魔坂ここまで悪質な国になろうとは!思いもせなんだが…、
シャクだ。くやしい。悲しすぎる。うらめしい。うらんでやる!

それはそ~と…、
この国の末路、最期は、豚でもない悲惨な生き地獄になるぞ!
断言しておく。
飯山 一郎
2015/02/25(水)3  アベッチ極右路線は 大馬鹿軌道
カネに汚い極右は狙われる!
下村博文
『チャンネルさくら』の水島総や『週間文春』を使って田母神俊雄を狙い撃ちした勢力(NP)が、次に狙うのはこのシトらしい。

下村博文文科相といえば…、
安倍極右政権にとって、大黒柱であり、オモテの大看板であり、生命線だ。この生命線までが狙われる!
これは由々しき事態だ。 (記事)
しかし…、
そう簡単にはいかないだろう。こういう見解もある。
下村文科相は安倍首相にとって側近中の側近、思想的な同志であり、連れ立ってEXILEのライヴに出かけ並んで左胸に拳を当てるポーズを披露するほどの“お友だち”でもある。どんなことをしてでも守ろうとするだろうからだ。 (記事)
実情は…、
下村博文も、いまは、心友アベッチの暴走・暴言の後始末にカネがかかり、苦労放金義経。鷲の東京の知人が10億のオーダーでカネを渡したが、「焼け石に小便」だったらしい。

鼠~ことはだ。現在只今の安倍政権はカネのバラ撒きによって、辛うじて保っている!という局面なのだ。国際的にも国内的にも。

これを『文春』のバック(NP)が狙う! ナイス・タイミングだ。

日本の政治は、左右の振幅が激しい。
極右に振れすぎたため、そろそろ左への揺り戻しが来る季節だ。

安倍晋三の極右・軍国主義・警察国家化・国際孤立路線は、中庸精神に欠けた大馬鹿軌道で、乱暴すぎた。

鷲は、下村博文に限って言えば、ヤラれないと思う。

それなら、安倍晋三本人のほ~が、辻元清美が厳重注意したように不用心で、スキだらけ。クスリも服用過多なので、薬種を変えれば小渕恵三みたいになる?
飯山 一郎
2015/02/25(水)2  NHKが流すニュースは…
NHK内にいる米国人がチェック!
上の動画は、朝堂院大覚の【NET TV】(2015/02/19)のダイジェスト版である。
NHKは、米国軍人にチェックされたニュースだけを流している!と、BFが暴露している。
が、正確には米国軍人ではなく…、CIA系のネオコンである。

BFが上の動画の原版でも語っているが…、
いま、アメリカは内乱状態にある。

戦争屋と軍縮派の壮絶な闘いで、武力までが発動されている。核爆発と思われる大爆発や、CIA本部の封鎖が強行されるなど…、米軍とCIAの闘いは、「内乱」というより、すでに「内戦状態」だ。

ホワイトハウス(米国政府)も、真っ二つ!

アシュトン・カーターが1周間前、第25代アメリカ合衆国国防長官に就任する式典にオバマは出席せず、バイデン副大統領が主催するという異常さ。

日本でも同じような政治事例があった。
民主党が政権を奪取した時…、民主党の政府は、小沢一郎vs仙谷・枝豆・大作の隠し子・菅直の壮絶な闘いになった…。

で、結局、小沢一郎は、CIAの手羽先である東京地検やマスコミに締め上げられ、叩きぬかれ、失脚!と。

オバマの政府も、政府部内はネオコンだらけ!
その人脈構図は、小沢一郎の場合と境遇がソックリ。

しかし、オバマと小沢一郎が決定的に違う点がある。 何か?

アメリカ国軍(陸・海・空・海兵隊)の存在である。

いま、アメリカ国軍(とくに陸軍)は、軍縮派の総帥・オバマ大統領の絶対的な味方(支持者)だ。

アメリカ国軍の制服組のトップは、オバマの盟友・マーティン・デンプシー。この軍人は、第18代統合参謀本部議長に(オバマによって)任命され、アメリカ軍の制服組トップを務めている。

デンプシー議長は、「牛~無益な戦争はするな!」という米軍内の反戦派や、「牛~戦争には疲れた…」という米軍内の厭戦派の絶対的な支持を獲得した最強の統合参謀本部議長である。

最強デンプシーがトップにいる米軍が、いま、オバマを強力に支持し、護持している。のみならず、CIA内の汚い戦争屋の“処刑”をも開始している!と。

このヘンまでをキッチリ解説して欲しいな!>B・古歩道
飯山 一郎
2015/02/25(水)  湯川遥菜:死亡?
政治・外交なし 遺品だけが届く
湯川遥菜が昨年の8月、シリアで拘束される直前まで行動をともにしていた(という)シリア反体制派メンバーが23日、湯川遥菜(42)の遺品を在トルコ日本大使館に送ったことを明らかにした。遺品は、衣服や携帯電話、パスポートなど。読売が報道

遺品? 謎が多すぎる。不審な事だらけだ。

政治も外交も何もないまま…、
得体のしれない男が一昨日(23日)、「湯川遥菜の遺品」をトルコの日本大使館に送ったと言い出した。

その前に撮られた「湯川遥菜の遺品の写真」は、その得体のしれない男が読売新聞に「提供した」んだ、と。
なんですか? このズサンさは。
2月20日。菅官房長官が、「人質の遺体を国家として何とか取り戻したい」と、唐突に言いだし…(記事)、23日には“遺品”が出てくる。
なんですか? この図太さは。

“殺害”状況の検証も、死体確認も、(20日の時点では)まだ“遺品”もないのに、唐突に 「人質の遺体を国家として何とか取り戻したい!」って…、ウラで何があったんだ?

鷲は、目の前にある文章や写真や発言を、マトモにはとらない。

言ったことより…、言わなかったこと、言えなかったことを詮索する。
文章(テキスト)よりも、その文章が書かれた背景や文脈(コンテキスト)を先ず読む。
写真も、写ってないもの、写さなかったもの、写せなかった事物を考える。

湯川遥菜の「遺品の写真」には、写ってないものが多すぎる。

殺害の日時などの状況報告、遺髪、スーツケース。衣類なども少なすぎるし、2~3冊あった座右の書もない。そして曰く付きの“銃”もない。ないないづくし。
飯山 一郎
2015/02/24(火)2  田母神:真相を隠しとおせるか?
田母神:「変死」の悪寒
後藤健二と湯川遥菜は生きていて、モサドが主導する「イスラL国」の訓練施設で特訓を受けている!←こう推測しているのは鷲だけではない。

この推測の延長線上に何があるか? 最終的にはシリア国の金塊や債権、あるいはシリア国領土の割譲なのだが…、今は先ず、後藤健二や湯川遥菜の状況確認だと、情報収集の日々。

それで…、上の画像で「アプリ認証」とPC画面に出た時は、“やばい!”とは思ったが、「あとで認証を取り消せばE~だろう」と、ついクリックしてしまった。

そうしたら、この『【衝撃画像】イスラム国に参戦してる日本人達の姿が、悪質なスパムを大量に発信しする悪質アプリ。

まったく、こんな詐欺画像に引っ掛かるとは! 鷲もボケたもんだ。

後藤健二と湯川遥菜は、“殺害”状況の検証も、死体確認も、遺体返還要求も、まったく何もないまま、死んだことにして…、結果、アベッチ路線(邪魔者を排除する警察国家化と戦争が出来る軍事国家化)だけが急速に進んだ。

この急速で乱暴な軍事国家化の出発点こそ、湯川→田母神→安倍→谷内→外務省JOGOという「AZライン」であったワケだ。

この「AZライン」を立ち上げた初期資金は、田母神のが集めた1億数千万の喜捨・浄財の一部だった。

これを隠すために…、赤坂の高級コリアン・クラブで、豪遊、遊興、カラオケで散財!だが、これは全部が誤魔化しの出鱈目。ウソ。

このウソを全く見破れず、テキの言うことを信じてしまい、「浄財を遊興費に使うなんて!」 と、悲憤慷慨。←これが今の状況。

さて、ここで、新たな動き、新たな勢力の抬頭を示唆しておく。

本年正月から急速に進展した日本国の軍国主義化。

その切っ掛けは、湯川→田母神ラインにあったのだが…、この重大な事実をウソで隠して無理やり曖昧化しようとする官邸とマスコミ。

この反動路線に、「待った!」をかけた勢力(NP)がいる…。

NPは、先ず、水島総や『文春』を使って、「田母神の不正」を暴いた。

この先、NPは、田母神←湯川ラインと安倍官邸のドス黒い戦争路線を暴こうとするだろう。

しかし真相が明らかになる寸前…、田母神は変死するだろう。
飯山 一郎
2015/02/24(火)  飯山一郎:ツイッターで不注意・災難
昨夜、飯山一郎のツイッターアカウントが、一時、乗っ取られた!
原因は、悪質な連携アプリケーションを認証してしまったこと。
アプリ名は、【衝撃画像】イスラム国に参戦してる日本人達の姿

「イスラム国に参戦の日本人」の顔に見覚えがあったため、それを調べているうちに…、「アプリ認証の取り消し」を忘れ、そのまま8時間も寝てしまった…。

その間に…、
飯山一郎の名前でエロ画像等がバンバン発信され続けた。

「飯山さん、ツイッターが乗っ取られてる!」
という電話やライン・メールが次々に入ってきたが…、
寝入りばなの鷲は、「1時間だけ寝てから対処しよう!」と思い、スマホを“機内モード”にして…、

そのまま8時間も寝てしまった!という為体(ていたらく)

鷲の不手際で、沢山のスパム・ツイートが発信されてしまい、多くの皆さんに迷惑をかけてしまった…。誠に申し訳ない。

飯山一郎、謝ります。反省します。御免なさい。m(__)m
飯山 一郎
2015/02/23(月)3  志布志マルチョン 圧倒的な勝利!
クリックで拡大 店 メニュー
昼時には行列ができて大混雑。メニューはこれだけ。
まさか!第1回鹿児島ラーメン王決定戦で優勝し、『ラーメン王』の栄誉を獲得するとは! 志布志のマルチョン・ファンは夢にも思わなかった。

というのは…、選考方法が志布志のマルチョン・ラーメンには圧倒的に不利なのだ。

「投票所」は、志布志からは海(錦江湾)の向こうにある鹿児島市内。そこのコンテスト会場に来場した客の投票で『ラーメン王』が決まるため、当然、鹿児島市内のラーメン屋が優勝する! と志布志のファンは思っていた…。

ところが、どっこい! 総選挙や都知事選挙とちがい、ムサシがないので不正選挙ができない。

コンテスト会場に来たお客の評価が素直に投票結果にあらわれる。美味いものは美味いんだ!と。

ところで…、
志布志に来た鷲の客は、みな最初は鷲にマルチョン・ラーメンを食わされる。その数、この10年間に3千人強。

驚くべきは…、そのうち一人足りとも、不味い!という顔をした人がいないのだ。一人だけ、「ラーメン嫌い!」と言った客がいたが、付き合いで仕方なくマルチョンに行って、仕方なくラーメンを注文した。
メニューにはラーメンしかないから。

その「ラーメン嫌い」は、食後、感激しながら…、
「食わず嫌いでした。ごめんなさい!」と、鷲に謝った。
それほど美味いのだ! (記事)

だっから、今回のマルチョンの『ラーメン王』決定は、当然といえば当然なんだが…、やはり、うれしい!
飯山 一郎
王者
2015/02/23(月)2 物事を深く深く考える日本人がラオスにいた!
心やさしい人だ
この「おかあつ日記」の主は、岡 敦さん。ラオス在住のプログラマーでミュージシャン。文章・文体が簡明なので説得力絶大、ツイッターのフォロワーも1万5千強に自然増。その思索の深さ! 響堂雪乃を想い出す。

「おかあつ」さんは11万5千個ものメッセージをツイッターで発信している。ちなみに飯山一郎は、わずか6千6百個 ^^;

鷲は、いま、「おかあつ」文を夢中で読んでいる。

「おかあつ」文は、一つ一つの文章が簡明かつ意味深なので、読み手はつい引き込まれる。とくに、政治と選挙の常識と矛盾を、皮肉とユーモアでひっくり返す説得力は大変な筆力だ。

そして何より…、
心のやさしさが「おかあつ」氏の文章には、にじみ出ている。

同時に“きびしさ”もある。

ためしに下の文章を読んでほしい。
「なるほど!」と思ったら…、
「おかあつ」氏のフォロワーになって、読みまくろう!>皆の衆
放射能の影響は無い、と断言する人は、もし万が一、今生きてる子供たちが近い将来深い傷を追って苦しむことになったり、命を落とすような事になった時に、その責任を負うだけの深い覚悟を持って、影響は無いと断言しているのだろうか。僕には、とてもそうは思えない。(おかあつ日記
どうだろう? これがものごとを深く深く考える人間、かつ心やさしい人間の文章だ。

危険を、危険として冷静に認識し、最悪を想定して対処していく! これが心ある大人の条件だ。

問題は、放射脳の危険に対処する方法だが、二つしかない。

乳酸菌やあらびき茶で免疫力をアップし、運動や体操で血流を良くする! この二つを徹底する以外にない。
飯山 一郎
2015/02/23(月)  「AZ理論™」を ご存知か?
棚からボタ餅=あぶく銭=AZ
これで歴史の流れが変わる論
原油代金はサウジの「あぶく銭(=AZ)」。
日清・日露は大日本帝国のAZ。
第一次・第二次世界大戦はアメリカのAZ。
朝鮮戦争は戦後日本のAZ=あぶく銭。

このAZが、その後の歴史を大きく変えた。(AがZになった)。

ところで…、
都知事選出馬で、田母神の銀行口座には全国から喜捨(カンパ)が続々と入金され…、1億数千万円ものAZ。

このAZが、
田母神→はるな→後藤→外務省JOGO→谷内→安倍→イスラエルという日本国が「空爆有志連合」に組み込まれる歴史を生んだ。

田母神は超ドケチの守銭奴なので、当初は湯川遥菜のPMCには出資したくなかった。

が、空自の二佐だった事務局長の島本が、はるなのPMCを「天下り先」にしたくて、「自衛隊のウラ金が必ず下りるから、とりあえず余った選挙資金を回そう!」と、田母神を説得。

田母神は欲得計算をした結果…、結局、納得。

田母神のAZで、先ずPMCの豪華オフィスが完成。ここに政府や自衛隊のOBらが出入りし始め…、安倍の官邸も極秘の動き。

やがて…、湯川遥菜が後藤健二と共にシリアの闇に侵入したが、
ど~ゆ~ワケか? 闇の中に消えちゃった! と。
飯山 一郎
湯川遥菜が2014年1月7日に借りた豪華オフィス
2週間前、湯川遥菜は貧乏な失業者だったのに…
田母神閣下に出会った直後から人生が様変わり…
こんなに豪華なオフィスに民間軍事会社を移転した
豪華1
(ロビーと受付)

豪華2
豪華3
豪華4
(外で気分転換もできるし) byはるな
2015/02/22(日)3  東海アマのツイッターが凍結された!
言論弾圧 絶好調!
凍結の「原因」等について、東海アマが書いている。
2015年2月22日 ツイッターの@tokaiama アカウントが凍結された こうした事態は覚悟の上だが、復活できない場合、再び、このホームページに戻って言論活動を続けたい。
 凍結の原因は不明、「NHKを爆破すべきだ」と書いたことか、日向市の黒木睦子さんにいわれなき誹謗中傷を続ける大谷憲史氏の宣伝する奇怪な放射能除去水を「詐欺」と断定したことなのか?
 (「イオン壊変」などという、この世に存在しない屁理屈を持ち出して放射能が消えると主張する) とりあえず、ツイッター復活まで、このHPにて意見表明を続ける。

国家権力の意向に反する意見は、即刻!削除。

いま、「国家権力」というのは、“安倍の官邸”のことで…
総理官邸に巣食う僅か5~6人のゴロツキなのだが、こいつらが、今、安倍総理をおだて、スカシながら、たくみに操っている、と。

ともかく、本日の午後、アルファーツイッタラーの東海アマのツイートが凍結され、あの名物男の威勢のE~ツイートが閲覧不可能になった。

しかし!東海アマは個人のサイトを持っており、ここから発信を続けるという。頼もしい!

おっと、東海アマのサイトはココ クリック。

東海アマに「倒壊デマ」という少々さげすんだ愛称(蔑称ではない)をつけたのは、鷲なんだが…、
とにかく今は、東海アマを全力で応援しようぜ!>皆の衆
(15:37 2015/02/22) 飯山 一郎
2015/02/22(日)2  いまさら怒るな たまげるな
やりたい放題
テレビがない世帯も
NHK受信料を払え!

アマちゃん 激怒
2 2
アマ激怒】 NHK受信料
テレビない世帯も検討へ!
総務省がネット世帯を対象に
見直し着手!
国民は猛反発
.
もう殺るしかない 糞犬HK
アマちゃんだ (2015/02/21

アマちゃんの気持ち、分かる!
そら、猛反発する国民も多いだろう。

日本の政府は、ほんと、やりたい放題!し放題だ。

消費税増税。TPP。教育予算激減。非正規雇用激増。機密保護法 警察国家。ブログ全削除。海外に血税バラ撒き放題。福祉予算大幅削減。放射能バラ撒き放題。ガレキ全国に拡散し放題。冤罪つくり放題。総理席からヤジ飛ばし放題。株だけ上げて貧困化放置のアベノミクス。不正選挙。…書ききれない。

NHKがテレビなし世帯からも受信料を取る?!
あ~そ~かい。

いまさらタマげて怒っても…、
日本は、金輪際、絶対に良くならない!

いちいち悲憤慷慨して、激怒して、怒鳴り散らしても…、ストレスが溜まる一方、身がもたない、病気になってしまう。

鷲は…、必ず滅びるニッポンの、その滅びるザマを早く見てみたいの蛇。

30年後には必ず勃発する50基もの原発の一斉メルトダウン! これは見られぬが…

日本中が病人だらけ、乞食だらけになる…

その生き地獄を彷徨い(さまよい)ながら…
声のかぎりに叫んでみたいの蛇。
長嶋茂雄みたいなカン高い声で…

 ニッポンは永遠です!
(飯山一郎)
2015/02/22(日)  目が逝ってる… 異様で狂的な野次とばし
アベッチが 総理席から野次とばし
あれはクスリ!と 精神医
飯山一郎編集 超短編動画『発狂大国・日本国総理の逝きザマ』
総理席からヤジ。妙に覚醒した顔、挙動不審。クスリである!

玉木議員が農水相に質問中、眠気なしの妙に覚醒した顔で「日教組!」を連呼。その挙動は落ち着きが全くなく興奮状態。

クスリ(精神薬)である!

はるなも、タボちゃんも逝っちゃってましたが…、
アベッチの逝きザマは、上の動画のように、異様に狂的です。

このような発狂現象は国家社会が崩壊する前兆で…、この国は今後、総理大臣以下、下々に至るまで異様な言動をとる人間が団塊となって発狂していきます。(「新団塊族」の誕生)

ただし!天皇陛下をはじめ、多くの純日本人がしっかりと覚醒していて…、腐ったドブ田(政体)のなかで発狂して腐った稲の根本に鎌を入れて刈り取っていきますから、政体は倒れますが、国体は護持されます。

なお…、
日本の発狂自爆現象(症状)は、政体側の極右・軍国主義者・戦争屋企業・ネトウヨなどから発病します。

次は、国体と政体の中間にいる、たとえば播磨屋みたいな中間派が、政体側に言うべきことを国体側に言ったりして…、発狂する前に精神が混乱して、異様な大型街宣車を走らせたりします。

下は、世界が見たアベッチの発狂症状の報告です。
狂気
(飯山一郎)
2015/02/21(土)2  消された『朝雲』記事の“魚拓”
自衛隊・正論派の論説に感銘!
『朝雲』新聞が削除した2月12日の記事は、『文殊菩薩』にも掲載したが、大反響だ。 なぜか?

この記事は…、おそらく日本最高水準の軍事専門家が書いた。
あるいは…、 深い軍事思想をもつ百戦錬磨のプロの軍人が記した真の正論だ。

いずれにせよ本記事は、自衛隊内に世界最高水準の良識派・正論派が存在していることの証明である。

シリア領内に巣食った暴、かつ暴な暴力組織に拘束されてしまった邦人。

その「邦人救出」の難しさが(孫子の兵法も顔負けの)簡潔明瞭な文章で書かれている。その一々(いちいち)が、然り!然り!である。

あまりにも真っ当な軍事論が書かれた本記事なのだが…、しかし、安倍の官邸が目論む我武者羅なシリア派兵構想を批判する部分もあるので、邪魔だ!ということになったのだろう。

戦争屋の悪魔に、邪魔だ!と言われた自衛隊の『朝雲』新聞。

これで、自衛隊にも暗雲がただよいはじめるだろう。

田母神のような我利我利の我武者羅軍人の台頭が懸念される。

であるからこそ!自衛隊良識派と正論派の兵法思想の結晶ともいえる本記事は、“魚拓”にして残したいのである。

それは下のリンク先に保存した。

消された『朝雲」新聞(2015/02/12)の記事(魚拓) クリック。
(飯山一郎)
2015/02/21(土) 最重要:天木ブログと英国公開の機密文書 
日本の命運を決する機密文書
『文殊菩薩』に掲載した天木直人の論説は、必読・熟読である。
熟読の前に…、先ずは鷲の下文をお読みいただきたい。

さて、日中関係は、いま、武力衝突寸前!の瀬戸際にある。
そういうふうに米国の戦争屋と手羽先が画策してきたからである。

その動機は? 軍需産業が大儲けできるからである。

そして、あわよくば中国を分割して、支配下に置きたいからである。

そのようにして戦争屋は、イラクやリビアを支配し、収奪の限りを尽くしている。

そして今、破壊専門の暴力団・「イスラL国」を使ってシリアを破壊・占領し、喰い尽くそうと狙っている。

日本と中国。
過去40年もの間、日本と中国は領土問題などで争うことなく、経済優先で互恵的に発展してきた。

この日中友好関係を一方的に破って、極度の緊張状態を画策した極悪人がいた!

戦争屋(ヒラリー)の手羽先・前原誠司と、戦争屋(ヘリテージ財団)の手羽先・石原慎太郎である。

中国にも、日中関係が険悪になることを喜ぶ勢力が3種類いる。

中国軍部内に巣食う軍国主義者と、あと、日本企業が中国市場から排斥されて喜ぶ中国内の欧米資本である。

三つ目は、中国政府である。前科者・日本という外敵・外患の存在があれば国内が締まり、国民が内憂(国内矛盾)を忘れるからである。

尖閣をめぐる日中間の緊張で最も損害を受けたのは日本の企業である。

昔は経団連などが、「そろそろ仲良くしろ!」と、日本政府に圧力をかけたのだが、今の経団連は腰抜けで売国野郎が多いので…、日本企業は衰退するばかりである。

今後の日本の命運であるが…、
中国との友好関係を取り戻せれば、大吉!
さもなくば、大凶! 以後、日本(経済)は衰退・衰弱し、衰亡!と。

2015/02/20(金)2  「ニッポン死臭」の「政治学」。そのイロハ。
政治が死ぬとき 人が死ぬ
「オバマ政権の中でネオコンを嫌ってるスタッフが近い将来情報を得てリークします!」 と、木枯し紋次郎という『放知技』の常連が予測していた。

今回、この予測が見事に的中した。
田母神不正情報のリーク事件である。

田母神俊雄は野蛮な戦争屋だが、スマートなネオコン(米国戦争屋)と、目指す方向は同じ。戦争。

チャンネルさくらの水島総は、今はどちらかというと反ネオコン派で、水島総の今回の田母神攻撃は、ネオコン系極左とネトウヨらに大きな打撃を与えた。

安倍晋三も田母神も同種の戦争闘犬で、ネオコンの操り人形だ。

昔、田母神が航空幕僚長になれたのは第一次安倍政権の「諒解」があったからで…、安倍と田母神は妙にケミストリーが合い、今回も激しく化学反応し、協同して湯川遥菜を極秘謀略要員として取り込み、シリアに送り込んだ。

他方…、
安倍や田母神など戦争屋を嫌う勢力が、政府内やマスコミにも雌伏していて、反撃のチャンスを窺っていて…、今回は『文春』を使って、田母神の不正をリークしつつ、水島総を焚き付けた!

自衛隊内にも非戦派や反ネオコン派や正論派がいて、今回、『朝雲』に反安倍=反戦の記事を書いた…。

この反安倍の記事が充分に読まれ、反響が大きくなったところで、突然の削除! これで自衛隊内には反安倍=反戦の機運が、いやが上にも高まった。

高級コリアン倶楽部で夜な夜な飲むヘネシー代金を、喜捨された浄財から支払っていたのが田母神側近の元航空自衛隊の二佐! これでは、真面目な自衛隊員は一気に反田母神(=反安倍)に変身してしまうだろう。

そもそも…、
機密保護法や今回の言論弾圧は、政権維持に自信がなく、誇りもなく、マトモな統治能力もない証拠で、精神が病んでいる症状だ。

第一次安倍内閣は肉体的な下痢症状で政権を放り出したが、今回は精神的な下痢症状で…、野田佳彦が精神が狂った野ブタのように政権を投げ捨てた精神症状に似てくるだろう。

この初潮、いや最初の兆候は、東京株式の異常な暴騰と、その直後の大暴落…鴨。

あるいは…、
松岡利勝農水相や理研・笹井芳樹博士のような「限りなく他殺に近い変死」が…、今回は官邸の周辺で、「脳梗塞」とか「心筋梗塞」という形で突発するときだ。

いずれにせよ…、
永田町には、“不吉な死の臭い”が ただよいはじめている。
(飯山一郎)
2015/02/20(金)  自衛隊系の新聞も記事を削除!
自衛隊の『朝雲』新聞は「問題の記事」を削除した! なぜか?
それは、安倍官邸が目論む「シリアでの人質救出作戦構想」に楯突く記事だったからだ。
『文殊菩薩』は、その記事を再現し採録した。
自衛隊の正論派達よ!この恨み、忘れるでないぞ!
(飯山一郎)
2015/02/19(木)3  ウソつきタボちゃん、ウソだらけ!
ウソの上塗り、上手い!
タボ客と歓談中でも、なぜか鷲の頭脳は “田母神の記者会見” の模様を反芻していた。
ザァーッとスマホで視聴しただけの動画なんだが、ひっかっかるコトが田母神の発言には多いのだ。
何がお菓子E~って…、
2014年1月、都知事選の直前に雇った会計責任者に通帳・印鑑・キャシュカードを丸投げした…。これ、甘すぎない? てか、ウソだ!
で、この会計責任者が生活費や遊興費を好き勝手に使い放題!って…、これ、お菓子すぎるし、甘すぎない? てか、ウソだ!
使い込みに気づいたのが? なに? 都知事選から1年近くも経った総選挙の前だぁ? ウソこけ!
それで、「その使い込みの詳細を自白させて、証文書かせたのがは、今年になってから!」 だって。お菓子すぎるし、甘すぎる。てか、ウソだ!
ウソ蛇ないのは…、その会計責任者は自衛隊の先輩の紹介だってコト。これ即ち、田母神は自衛隊の先輩の言いなりだった!ってコトだ罠。
その自衛隊の先輩と一緒に田母神は2014年の正月から、湯川遥菜と会い、オフィスを借り、要人を紹介し…、超多忙だった!わはは。ミエミエだ夜。シリアの闇。
(飯山一郎)
2015/02/19(木)2 あのコトは質問されない!と分かっていても…
なぜかオドオド 田母神閣下
間抜け会見
田母神会見(選挙資金の不正流用):質問者が萎縮してる。訊いてはいけないことが多々あるんだろ。間の抜けた記者会見。資金管理能力ゼロの間抜けな田母神に、間抜けな記者が焦点をボカした間抜けな質問。(飯山一郎のツイート

闇が腐海、いや、訊いてはいけない深い闇があるんだろう。

焦点のボケた間抜けな記者会見だったが…、
それでも、都知事選・衆議院選合わせて2億円近くも喜捨された選挙資金のうち、3000万円が使い込まれた…、鼠~コトだ罠。

それで、田母神閣下はスッカラカン、と。

強引に会計責任者の使い込みだと、責任転嫁しているが~
なんじゃい!間抜け会見で、逆に闇が深まってしまったな。

するて~とアレだ、閣下はアレに1億円以上も用立てしてたのかな?

そんで、その用立てた分の見返りが、今だに、ない!…と。

これは…、極右団体『頑張れ日本!』の内ゲバだけでは済まず…、
ネトウヨを含む極右勢力の全体が、分裂→内ゲバの内部闘争に突入の噴霧器。

可哀相なのは…、閣下の人相。
貧乏神が憑いて、貧相になってる…。

アベッチは貧乏神だ、いや死神だ! 鼠~議論がネットにあったが、
タボ閣下には…、ほんの僅かだが、「死相」の気配がただよう…。

不吉なことは言いたくないが…、この事件、誰かが死ぬ…、鴨。
(飯山一郎)
 PS 田母神記者会見の動画(全編)を視聴する ← クリック
2015/02/19(木) 田母神閣下が捜査対象!逆境、窮地、崖っぷち。
1億円もの使途不明金!田母神選挙を
仕切った水島総が証言。「捜査中」とも
「都知事選の後、1億円以上の金が消えていて…、警察が捜査中」と、さくらチャンネルの放送で水島総が証言。

田母神の選挙を選対本部長として仕切った人物の証言だけに、間違いはないだろう。

さらに興味深いのは、田母神閣下と水島総氏は、湯川遥菜氏(現在「イスラL国」の兵士として訓練中)の後見役をヤっていた!という推測が否定できないので、今後の思わぬ展開が期待できる。
水島 タボ
 水島総氏と湯川遥菜氏、 そして、 田母神閣下と湯川遥菜氏

田母神俊雄と水島総。この極右同士の争いは、まっこと面黒い!
こ~なると…、蛇が出るか?ヘビが出るか? 牛~分からない。

田母神の選挙では一円も貰わずに手弁当で尽くし抜いた水島総。

しかし田母神の選挙は、三宅洋平の選挙と同じで、カンパ集めの乞食選挙…、いや、選挙ビジネス的な側面があって、1億数千万円もの「無駄なカンパ喜捨」が集まった。

しかし水島総は、多額の選挙資金には一切触れさせてもらえず…、
その後も…、
湯川遥菜をシリアに謀略要員として送る(多額のカネが下りた)極秘作戦から遠ざけられていた…。

その間に、田母神と水島の間には秋風や木枯らしが吹き、ミゾが深まり、今回の破綻=内ゲバ(「ウヨゲバ」とも)にツナがったのだろう。

野次馬ら(ネットゲリラとか鷲etc)の興味は…、
右翼団体『頑張れ日本!』での田母神・はるな・水島の強い同志関係と、後藤健二JOGOとの闇の関係である。

しかし、この黒い闇の関係は、“安倍の官邸”による必死の隠蔽脅迫により、わずかの光しか当たらない…鴨夜。
(飯山一郎)
2015/02/18(水)3  投資能力は透視能力
「三角保ち合い上放れ」の型
WTI
拡大
近々、原油は高騰する!」と、2~3日前に予測した。

この予測は、原油の「空売り」(必ず買い戻さねばならない)が積み上がっていて、この「空売り」の買戻しが近い!という「内部要因」をもとに書いた。

上のチャートは…、日足の形が「上放れ寸前!」という型だ。
もちろん、ここから少しだけ下がる可能性もあるが…、ここから少し下がっても、原油相場は必ず高騰する!

「投資の知識や技術を磨くこと」。これは現代人必須の素養だ。

投資能力を磨けば…、証券会社の外務員にハメられらたり、詐欺まがいの金融商品を衝動買いするようなことはなくなる。

投資は(時には投機も)チャート第一!という知識と技術を会得すれば、材料や情報で株を売買する愚かさは消える。

材料や情報は「知ったら仕舞い!」という格言の意味を知れば…、材料や情報で株の売買をすることの危険性と愚かさが分かる。

さらに、「E~材料や情報が出たら売れ!」 「悪い情報が出たら、買い!」というパラドキシカル(逆説的で大衆とは逆の)投資行動が出来るようになる。

投資能力が向上すれば、透視能力が身につき…、投資に失敗して凍死することもない。

あ、透視能力とは、未来を見透かして予見する能力。

原油価格の先行きは、上のチャートの通り。上がります!
(飯山一郎)
2015/02/18(水)2  善人だらけの悪人天国
知恵があるべき老人が…
詐欺
日本の金持ち爺さんを狙った中国人や韓国人の結婚詐欺は昔からあって、今も婚活詐欺に引っ掛けられる老人が後を絶たない。

いま最も恐ろしいのは、性技巧みなヲンナと2~3回の関係だけで結婚して入籍、直後に青酸カリを盛られて即死…、財産全部を「妻」が相続!という猛スピード殺人の結婚詐欺だ。

首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗、鳥取連続不審死事件の上田美由紀、関西連続不審死事件では筧千佐子。このヲンナたちと関係した何十人もの老人男性が犠牲者(お陀仏)になっている。

「やしきたかじん」も20億円近い財産を狙われ…、餅が喉に詰まって最期。これは少し甘かった…。


明治時代後期からの日本人は、物凄くダマサれやすくなった。
この理由は、『”偽り”を見抜く目養う』に書いたので御笑読のほど。

で、日本には、「ピカレスク・悪漢小説」といったジャンルがない。

たとえばボードレールの『悪の華』。この詩集はピカレスク・ロマンなのだが、毒抜き翻訳なので、あの面黒さが分からず、「悪の勉強」もできない…。。

こうして、悪人に対処する知識・技術がゼロ!という、いとも簡単にダマされ、詐欺に引っ掛かってしまう善人だらけ、馬鹿だらけの国家社会になってしまったのだな。これが。

だっから、いま現在も、日本人はダマサれ放題。

日本の政府などは、牛~70年もアメリカにダマされ続けている為体(ていたらく)。しかも、ダマされ、搾取・収奪されているという意識すらない。ようするに大馬鹿鼠~コトだ罠~www
(飯山一郎)
悪漢小説
なかなかの悪漢小説
2015/02/18(水)  こっちも開いた口がパクパク
首相が口パクして原稿読みの練習
飯山一郎編集超短編動画
安倍総理が国会の質疑応答の最中に自分の席で口をパクパクさせて、原稿読みの練習をしているシーン。
口パクしながら原稿読みの練習をしている総理なんてのは日本初で、世界初!
一国の総理としての意見も威厳もなく、総理大臣が官僚の言いなりになっている実態が、一目瞭然。

むかし…、
「A県議の議会質問も、知事の答弁原稿も、オレが書いた…」
そのお陰でウン億円もの予算がオレの采配で動く…と、某県庁の課長(鷲の友人)が教えてくれたことがある。

こんな話は特殊な例ではなく、日本全国、村議会から国会まで、村長から総理大臣までが官僚が考えて書いた議会答弁用の原稿を読んでいる。

そして、総理大臣が棒読みする答弁原稿は、なんと!振り仮名(ふりがな)付きという文盲率。

こういう馬鹿総理が頼るのは側近の高級官僚しかないワケで…、国会議員も似たようなレベルのラベル(阿呆印)。

だっから、日本国の三権分立なんてのは看板だけ。
日本の国会(立法府)で成立する議員立法は1割以下。あとの法律は全~部、官僚がつくる。

つまり、この国は、すべてを官僚が仕切り、支配している典型的な『行政国家』なのだ。

だっから、国会議員の選挙なんてのは単なる通過儀礼のお祭り騒ぎ。選挙に不正があろうがなかろうが、国家の大勢には関係なし。

不正選挙をなくせば国が良くなる!と勘違いして、選挙監視だの不正選挙告発だのをヤっても…、無意味な徒労だ。

なかには、不正選挙告発運動を、会費を集めながら商売でヤっているシトもいるけど、どうぞ52!
(飯山一郎)
2015/02/17(火)4  因果応報:CIAも内乱状態
他国に内乱を起こす
CIAが内乱状態www
「たぶんデンバーの新施設にお引越しが完了しただけ」 という情報だが…、その「お引越し」は、上の“くららん”氏が教えてくれた英文サイトに「CIA Moving Domestic Headquarters to Denver」と書いてあるように、“ドメスティックHQ=国内本部”の移動みたい。

CIAには…、国家秘密本部(ヒューミント)、情報本部、科学技術本部、行政本部の大本部があり、この下に複雑怪奇な組織がブラ下がっている。

で、今回閉鎖されたラングレーの本部は、首都ワシントンとはポトマック川を挟んでの対岸(西岸)に位置する最重要拠点。ここが突然封鎖されたというのは、やはり異常だ。

実際のCIA本部は、ヴァージニア州(フェアファクス郡)マクレーン(McLean)にあるのだが、デンバー空港の地下深くにあるデンバー本部は空前絶後の地下大要塞。「イスラL国」の企画・作戦・指令本部もあるし、日本の有力機関のヘッドオフィスもあるらしい。

どこも最重要拠点なのだが、この位置配置が一枚岩ではないCIA内部の「戦争派」と「軍縮葉」の激烈な対立要因でもある。

いま、米国は内乱状態! これが世界を見るキーワード。

一枚岩ではないCIAにも「内乱状況」は、ある!鼠~ことだ罠~
(飯山一郎)
2015/02/17(火)3  CIAは何処へゆく?
今日はイスラム。明日は尖閣?
CIAtw
CIAのツイッターのカバー(看板)
Twitterも12日から 止まってるーー?」 ときのこ女史が書いているが…、まだ断定は出来ない。
というのは…、
CIAのツイートは元々発信量が著しく少ないからだ。

オモテの発信量は462個と少ないが…、
CIAのフォロワーは、じつに77万6千人もいる!
これはどういうことか?
CIAはオモテでは情報発信しないということだ。
だがウラでダイレクトメールを受け取っている者たちが数十万人もいる!ということだ。
CIA本部からの指令には、ツイッターも使われている、と。
それにしても…、
CIAの工作員やシンパや情報提供者が世界中に数十万人もいる!という現実。
CIAの工作員とオトモダチになって…、
CIAの本部に“逆情報”をブチ込む!な~んて仕事をしている猛者もいるんだろ~な~www
つっても、その猛者は中国やロシアの諜報要員なんだけど。
ま、世界は常に情報戦争の最中にあるワケで。
(飯山一郎)
2015/02/17(火)2 【号外】 真偽は不明だが…大変だ! うれP~!
2015/02/17(火)  エコノミスト誌の表紙 < 『安西ファイル』
【重要】 『安西ファイル』とは何か?
サムライ
深い思索と、鋭い観察力、そして鍛えられた洞察力。この三つが揃った物書きの一人が『亀さん』だ。

亀さんは去る1月31日、飯山一郎の物言いが、
「国家権力に狙われる!が、今のところ大丈夫」と書いた。(記事)

そうして2月になった途端、「飯山一郎は最も危険な暴露ブロガー」として内閣に狙われたが…、「今のところは大丈夫」なのだ。

このように亀さんの予言というか、予測は恐ろしいほど当たる!

鷲の相場予測も毎回当たってはいるが、これは『一目均衡表』という日本独特のチャート分析学が鋭いだけだ。

しかし、一体どうして『亀さん』の予測は当たるのか?

憂国の識者が、いま、ひそかに話題にしている 『安西ファイル』

「これは恐ろしい予言の書だ!」という識者が多いらしいが…
それよりも、
世界の近未来を確実に予測するための分析方法が途方もなく鋭い!というのだ。

その一部分を鷲も読んだが…、途轍もなく鋭い!

『安西ファイル』に書かれた内容は…、

世界は、「帝国の論理」と「資本の論理」の激しい闘争状態にある。

そして、この二つの勢力は御用学者やエコノミストを使って「予測」という名の意図的なプロパガンダを流布し、巧妙に世論を誘導する。

さらにまた、偏執的で独善的な宗教を信仰し、神の「預言」を成就させるため、科学的知識や占星術、数秘術などのオカルト的知識を都合良く援用して、自らの思想を正当化しようとする勢力もいる。

それで次の一節を読むと、目からウロコが噴出する。こうだ。

現実は人間の意識・意思・思考によって創られる!

この断定はマックス・ヴェーバー流の世界認識法だが、その断定の強さは、確信に満ち、核心を突いていて、激しく革新的だ。

なぜなら…、世界の秩序は、「世界の支配者」や、「イルミナティ」や、「D・ロックフェラー」がつくるのではない! 大勢の人間たちの意識によって創られる! というのだから…。
この断定文の後に…、

世界寡頭権力はこの真実を誰よりも熟知している。また、自分たちの願望を現実化させるために、「預言」や「予言」をプロパガンダとして他人の意識に刷り込むことで、他人の意識が生み出す強大な力を操作したうえで無断借用し、彼らの願望実現に悪用している…。

この後、『安西ファイル』は予言の書となる

2015年は資本主義崩壊を誘発する大恐慌や、大きな自然災害が発生するなど、大動乱の年になる可能性がある…。

この予言も、『安西ファイル』は並みの予言書とは違う。読む者に決意と覚悟を迫る文言なのだ。こうだ。

(大災害や大動乱が)どのようなものになるのかは、各人の覚醒と意識的にどのような未来を選択するのかにかかっている!

どうだろうか?
『安西ファイル』は、予言の書というより、“預言の書”なのだ。

“預言の書”の意味は、各自の勉強にゆだねるが、物凄い意味が隠された最高水準の文書、それが『安西ファイル』だ。

『安西ファイル』の概略は、亀さんの『人生は冥土までの暇潰し』に書かれている。

ちなみに『安西ファイル』は、世界戦略情報誌・『みち』(電話:03-5951-2145)に、『お金の本質』という連載を書いている「安西正鷹」氏の文書ファイルだ。

『お金の本質』(安西正鷹)は、貨幣論・相場論・経済論・国家論が融合された世界最高水準の経済学論文だ。

よって、少し高いが(\24,000/年)、『みち』は鷲の必読&熟読誌である。(安西正鷹著の下の本も!)
(飯山一郎)
お金の秘密
2015/02/16(月)2  近々、原油は高騰する!
相場の高騰は「空売り」が主要因
「原油を下げよう!」と、必死に空売りした「空売り玉(ぎょく)」が積み上がっている。
これが何かの弾みで空売りの買い戻しが一斉に起きる可能性が十分にある。
いや、間もなく「買い戻し」=相場の高騰が始まる。いずれにしても空売り株は、必ず買い戻さなくてはならないのだ。

正月明け、原油や日経平均が暴落しているとき、ある経済評論家が「原油は30ドル以下になる」みたいな超悲観論を書いていた。

鷲は、『「暴落」に立ち向かう胆力』という一文を書いて、藤原某(なにがし)という「経済アナリスト」を嗤った。

なぜかというと…、経済アナリストなどと称する経済音痴が相場の悲観論をブツときは、必ず相場の大底だからだ。

家庭の主婦が株を買いはじめたら、大天井が近い!と思ってE~ワケだし…、経済評論家が超悲観論をブッたら大底!というのは、ほとんど“公理”だwww

現代人の必須努力のひとつに「投資能力を磨く」ということがあるが、上の“公理”を知るだけでも投資能力は上がる。

さて、原油相場だが…、近々原油価格は(残念ながら)高騰する。

それでも淡々としていればE~のだが…、
出来たら、出来るだけクルマには乗らずに、歩く! という生活に変えるぐらいの気合はもってほしい。>皆の衆

以下は、原油価格が暴落していた正月明けに鷲が書いた文章だ。結構な教材になるので御笑読のほど。

   ・ 「暴落」に立ち向かう胆力。
   ・ 中国:原油価格が下がってウハウハ!
   ・ 飯山一郎:本日、原油を買う!
   ・ NY原油:反騰!
(飯山一郎)
2015/02/16(月)  珍客満来。商談繁盛。
本日は早朝から珍客満来。
貴重な情報提供もあり、極秘の商品の商談もあり、珍味に舌鼓の機会もあり…、よってPCはOFFのまま。
商品の一つは、宮崎の山奥の更に深い深山産の椎茸、『どんこ』。これは完璧に放射能ゼロ!これを今夏から『ぽんぽこ笑店』で扱う件。そんなこんな、接客に超多忙のため、本格的な更新は夕刻過ぎに書きまくる所存。 以上、一応の存在証明。
(飯山一郎)
2015/02/15(日)2  日本の首相はガス抜き用の叩かれ役
「水を飲む」場面まで指示される
漢字ダメの“ふりがな”総理大臣
ふりがな
「なんとしてもアベナチスに辞めてもらわないといけません」 というツイートを鷲にくれた人がいた。
しかし、安倍ってのは、ただの無能な代弁者鼠~か、ポチで、巧妙・悪辣な飼い主がウラにいるのさ。

総理は馬鹿ほどE~ 安全な場所から、安部総理だの イルミナティだの 不正選挙だのを叩いては、批判した!攻撃した!と自慢気なブログが多い。

が、これは“ガス抜き効果”しかなく、叩いた本人が自己満足しているだけだ。

「不正選挙を一緒に叩こう!その前に会費払って会員になってくれっ!」 鼠~ネット商売もあるけどなwww

日本の首相はガス抜き用の叩かれブタでしかなくて、首相という飼い犬や飼いブタを叩いたって何も変わらない。
飼い主をツブさないと日本は何も変わらない。

英国の名門誌『インデペンデント』までが安部総理を叩きまくっているが…、これは安倍晋三だの、曽野綾子みたいな傲慢女に注意を向けさせ、悪辣な本尊様をステルス状態にするための隠遁術なのだ。

あ、上の写真、振り仮名(ふりがな)付きの原稿は…、
オランドみたいに信念をもって語れない安倍晋三総理の演説草稿や答弁書は、官僚が書いているという証拠。

何を言ったらE~のか? から、政治の方向づけ、水を飲む場面まで、日本の総理大臣は官僚の言いなりになっている証拠。

しかし、カカシみたいな…、操り人形みたいな…、脳なしロボットみたいな…、「成長力」という字もマトモに書けないアベッチだが、飼い主にとっては、またとない暴走闘犬で、さらに狂犬化しているので…、危ないといえば、最高に危ない。
(飯山一郎)
2015/02/15(日)  後藤健二・美化運動がピカピカ!
白痴化→愚劣化→凶暴化→戦争美化
 
1960年代のマスコミ・論壇の“天皇”大宅壮一と、馬鹿娘の大宅映子
50年前。鷲が学生だった頃は、中曽根康弘と大宅壮一が全盛だった。大宅壮一は、テレビの低俗化を揶揄した「一億総白痴化」をはじめ、「駅弁大学」「口コミ」「恐妻」など時代を捉えた造語を連発ヒットさせ、時代の寵児だった。

猛烈なスピードで原稿を書いた大宅壮一の原稿量産法はこうだ。

食事や面談の際も、頭の片隅に原稿用紙をおいて、想像上の原稿用紙のマス目に言葉を書きつけ…、書斎に戻ったらソレを書き写せば原稿が完成!と。

鷲も大宅壮一のように、トイレや入浴中に頭のなかで文章をつくっている。が~、大宅壮一と違って、鷲は脳味噌が痴的なうえに、少しボケが入っているので…、トイレの中でつくった文章が10分ぐらいで消えてしまう。

このサイト『てげてげ』のデザインを変えたことや、その理由をトイレで書いたのだが…、忘れた。ハハハ。

あ、以前のデザインの『てげてげ』を見るには、
上にある 従来のバージョン をクリックして猪。

美化 ところで…
「 I am not GOTO JOGO.」 などと書いたから、アクセス数がガクンと減ったぞ、という報告があった。

喜ばしいことだ。鷲は…、
後藤健二と官邸のドス黒い関係の実態を知ろうともせず、後藤健二を美化して美しい話にしてしまう左翼や市民運動家、美しい話を好むシトたちとは距離をおきたいからな~www

三宅洋平などもそ~だったが…、“美しい話”のウラには必ずトゲや“毒”がある。

後藤健二を美化する。このウラには“戦争”という猛毒がある。

「シリアの子供たちを愛する心やさしい後藤健二さん。こんなにE~青年を殺害したイスラム国は、絶対に許すな!」

(飯山一郎)
PS 3人息子たちと真の同志へ。
   本稿に関連するエントリを『文殊菩薩』に書いた。
   必読のこと。
2015/02/14(土)2  前もって知っていることを「予言」しただけ
“知性誌”は“予言誌” 鴨
eco オランド 拡大
『エコノミスト』誌は、さすがに英国一の“知性誌”だけあって、緻密なシミュレーションと議論を重ねて2015年という年の世界を良~く見透かしている。

なにしろ、「イスラL国」による邦人殺害?事件を予言し、ドンピシャに当てた!んだからなww

うがった見方もあって…、
「イスラL国」は、CIA・モサド・MI6の合作で、いまも資金提供者で、陰の司令塔であるので、「イスラL国」の(邦人拘束→殺害予告)情報が英国のMI6から『エコノミスト』誌に伝わるのは当然なのだ、と。

ま、彼ら(米・イ・英)は、知っていることを「予言」しただけなのさ。

それにしても…、
『エコノミスト』誌は、さすがに英国一の“知性誌”だけあって…、
フランスのオランド大統領の愛国(反米)的行動も見通していた。
それは、鮮やかなワインカラーの上下スーツをオランドに着せたことで分かる。

が、しかし、オランドがメルケルはおろか、プーチンとまで組むとは予想だにしなかったようだ。

日韓よりも長い間、互いに憎悪しあってきたフランスとドイツが組んだ!

そうして、さらにプーチンと組んで(アメリカが仕組んだ)戦争を阻止する強力な政治行動に出たことは、革命!に近いこと。このことはシッカリと認識しておくべきだろう。

ところで…、『エコノミスト』誌、最大の謎は…、
安倍晋三がいない! などという些細なことではない。

アベッチは描かれていた。
仮想の戦争映画を観るディスプレイ・メガネをかけさせられて、仮想と現実の区別が分からなくなっているヘルメット男がアベッチだ。

あと、ハーメルンの笛吹き男の画像が「街から子供が消える」という日本の未来を予言、という解釈もあるが…、予言しなくても世界が知っていることだ。

最大の謎は…、オバマ大統領の画像サイズが異常にデカイ! デカすぎる! ということだ。

これがどんな「予言」なのか? ど~解釈するのか?

とてつもなくデカイ戦争(第三次世界“核”大戦)を開戦し、ロシアを石器時代に戻せ!必ず勝つから!

習近平の中国は今しばらく温存しろ。豚は太らせてから食おう!

と、これは、『エコノミスト』誌のバックにいる勢力が指令(自己実現的予告)なのだ、という説…。

可能性としては、ありえる。
(飯山一郎)
2015/02/14(土)  オランド大統領は世界を変える!
戦国時代を終了させるフランスの信長
オランドとメルケル。かたやフランス、こなたドイツ。この二国の国家元首がタッグを組み、がっちりスクラムを組んで、ウクライナの和平を実現するために欧州を駆け巡る…。

アメリカとイスラエル。この二国のゴロツキ戦争屋チームにとって、これほど忌々しいインパクトは、かつてなかっただろう。

ドイツとフランスがガッチリ組み、プーチンを後押しする構図だが、この絵図は、欧州だけでなく国際政治の流れを大きく変える!
プーチン、メルケル、オランドの三者首脳会談。語るオランドを真剣な眼差しで聞き入るメルケル。プーチンも穏やかな表情で、メルケルの話に納得している風だ。

「フランスのオランドが主導しているウクライナ和平!」 これは読み過ぎではない。

あの英国最高の知性誌『エコノミスト』の表紙も、オランドを意味深な扱い方をしている。とくにオランドのスーツが極彩色のワインカラーであるのは、意味深だ。

政治は言葉の世界であり、言葉がすべてだ。
軍事力も…、その効果は、政治の磁場において言葉で表現されないと磁力が薄れ、たんなる兵器でしかない。

政治の世界で語られる言葉も…、深い思索と鋭い洞察力に裏付けられた哲学と信念がないと、某国のA首相のように薄っぺらな香具師の口上でしかない。

さて、オランド・フランス大統領。
この政治家は、目立たないことや支持率の低迷などもあってほとんど注目されなかったが…、この国家指導者は、途方もなく深い政治哲学と強烈な実践力を秘めた人物だ。

それ故に、オランドがメルケルとプーチンから深い敬意を得ていることは、欧州では常識だ。

このことは、オランドが大統領選挙でサルコジを破った勝利演説を読めば、深く納得できる。

この「オランドの勝利演説」は、是非!熟読してほしい。>皆の衆

昔、アレバ社の美熟女会長のカバン持ちで東京まで来て、ヘラヘラと不良な機械装置を東電フクシマに売り込んでいたユダヤ人・サルコジは、偽ユダヤ原発ムラの営業課長クラスでしかなかった。

オランドは、2012年、まさしく国家の指導者として登場した。

オランド大統領の使命、そして公約は、

 (1)フランスを再生させ (2)フランスに社会正義を再構築し
 (3)青年に希望を与え (4)皆が耳を傾けるフランスにする!

上の公約を、オランドは使命感に燃えながら着実に実行している。

なかでも…、
高額所得者に対する75%という高率の累進課税制度の導入を強行したことは、フランスという国家のあり方を根本から変える革命であった。

このため、実業家や俳優がフランスから他国に移り住む事例が増え…、マスコミの攻撃も激しく、支持率は大きく低迷している。

しかし!オランド大統領が矢継ぎばやに打ち出す社会主義的な「社会正義」策は、中間層や貧困層の生活をカサあげし、フランスという国家社会は、確実に根本から変わりつつある。

鷲は先日、次のように書いた。

   ロシア、中国、北朝鮮、ドイツ、フランス。
   この5ヶ国が世界の五大国になり…、
   米国は衰退。日本は滅亡。
(記事)

上の鷲の予言は当たる! フランスは今後も大きく変わる!
このことは、本文を読まれた方の多くが納得してくれると思う。

少なくとも…、メルケルとプーチンのオランド評は非常に高い。

最後に、もう一度、ココを読んでみてください。>皆の衆
(飯山一郎)
2008/04/01(火) 「大概大概=てげてげ=低下低下」の命名由来
 このコラム『低下低下=てげてげ』の「てげてげ」は、鹿児島・宮崎弁である。
 漢字で書くと「大概大概」。意味は「適当、大雑把、いい加減」。和製英語で言えば、アバウト。これを鹿児島では良い意味にも、悪い意味にも使う。
 そういえば、鹿児島人そのものが「てげてげ」だな。…良くも悪くも。ハハハ。
 だから、このコラム、鹿児島人にならって、私も「てげてげ」でいきたい!
.
 それで、新コラムのテーマは「低下」。株価の低下、ガソリン税の低下、アメリカ経済の低下、ドルの低下、自公政権支持率の低下…、みーんな良いことなんです! という発想で世界と日本を縦横に斬っていく所存。乞ご期待。        (飯山一郎)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |次ページ >>

.

【サイト内検索】

Yahoo!検索


おやすみなさい

いかに永く生きたかではなく いかに良く生きたかが問題だ。(セネカ)
☆GRNBA☆

↓【籠城作戦・どうしても外出(脱出)しなければいけない時】↓

Twitterボタン

安倍が…
放射能ゼロの産直玄米
無農薬健康茶 あらびき1080
2袋入り1080円

4袋入り2160円

日本人必読!
鷲が毎日飲む焼酎

もう一台!↓56% OFF!

あったか↓お風呂で免疫力

飯山一郎ブランドの豆乳


シャープの空気清浄機と掃除機と乳酸菌で自宅に『放射能ゼロ空間』をつくろう。
避難は自宅の『放射能ゼロ空間』が最適だ。


蓬葉の乳酸菌をグルンバで拡大培養した世界最高峰の乳酸菌。『蓬龍宝(ほうろんぽう)



大変↓お買い得です



安心農園ヤマノは、乳酸菌農業をはじめました。

鷲の推薦図書
↓表紙をクリックして買う↓
めぐみ  きのこ
後藤利夫  落合莞爾
略奪者のロジック  独りファシズム
スターピープル  黒潮文明論
卑弥呼の正体  古代史犯罪
お金の秘密  放射能生活
検察の罠  最高裁の罠
戦後史の正体  倭の正体

仙人食を目指せ!
↓表紙をクリックして買う↓
ほとんど  やめました
不食  長生きしたければ
超少食  半日断食
食べない健康法  体温力
空腹療法  食べない人は
空腹力  断食力


鷲が載ってる↓Eー月刊誌

 ▲TOP   ▲TOP  ロケット1