旗2 (i-mode)  放射能が降る街に住み,しぶとく生き残る知恵!  (Twitter)旗
 
Yahoo!検索
ct ダウ 飯山一郎のお店へ  水中養豚  ぽんぽこ笑店
色棒2
ゲストブック  ジーラント社  祈壇  呪壇  韓国語한국말  資料室  『放知技』 流れ
飯山一郎の論文 飯山一郎の古代史 飯山一郎の仕事 飯山一郎のツイート 北朝鮮の人々の写真
『クスリ』の目次  インフルエンザ対策・秘策!  ビビンバ!北朝鮮  金王朝の“深い謎”
フィボナッチ計算機 放射能が降る街で生きる 少食粗食の修行!旗 気流拡散予測 旗
  パラダイムシフト! 昨日とは全く違う今日。 常識を棄て、異次元の発想で生き延びよ! サバイバル!  .
【連絡】飯山一郎の ツイッター 携帯電話(日本)090-3244-5829 (中国)+86-136-2276-0127
流れ16 飯山一郎ブランド⇒ (1)霧島の秘水を注文  (2)ミラクル豆乳を注文  (3)『ぽんぽこ笑店』
玄米のビックリ炊き  『乳酸菌の威力』  『光合成細菌』で放射能浄化!  『放射性物質便覧』
『セシウムの無害化!』  放射能ゼロ空間をつくれ!  霧島プラン  木下黄太からの脱出!
天皇陛下の御言葉(全文) 追悼式  天皇陛下の御言葉(動画)   我が祖国日本は助かる!旗
『里子のブログ』線量低下!  シャープ株の明日旗  シャープ製品旗2  シャープ飯山店SHARP
ガンを宣告する病院が激増中!(すべてカネ儲けのため!)悪魔の病院  音田:シャープを誹謗中傷 音田の名刺 
◎これから 「」という字は 「チュー」と、「」は 「もー」と、「」は 「にゃー」と、「」は 「ちょ」と読んで。◎
2014/07/29(火) オドシは嫌だ! 癒やしが欲しい!
「癒しの医療」とは どんな医療なのか?
きのこの森
志布志市立出水中学校(本年3月に廃校)に、「きのこの森」という清浄な森がある。深い森ではないが、心の深いところまでを癒やす空気がある。それほど この森の「気」は清澄だ。
そこにいるだけで、心がなごみ、癒される…。
「癒やし」には、そんな清澄な時空間が必要だ。

癌を宣告されたが、今の病院の治療は受けたくない!
どこかほかにEー病院はないのか?!
Eーと思った別の病院では、金属歯を抜け!などと強制された…。

ほんと、安全で安心な病院が日本にはないのだ。
このため、行き場所のない「がん難民」や、既存の病院での治療(対症療法)はイヤだ!という「医療難民」が 200万人近くもいる…。

さらに大問題がある。
「がん難民」や「医療難民」を満足させる治療技術(癒しの医療技術)をもった医師が皆無なのだ。

そらそーだ。
日本の医者たちは、治療といえば対症療法しか出来ず、あとはオドシかダマシ。“癒やしの医療”なんてことは考えたこともないのだ。

まぁ、日本の医者たちの医療技術と知性と教養のお粗末さをあげつらっても何も解決しないので…、本日は、“癒やしの医療”が具体的にどんなことをするのか? 少しだけ語っておきたい。

さて…、
近々、志布志には“癒やしの医療空間”ができる。

そこに集まってくる「患者」には、先ず非人間的で出鱈目な医者によって無理やり「患者=病人=犠牲者」にされた経緯を徹底的に語ってもらう。

この“自白”の過程で、「自分は無理やり癌患者にされた犠牲者だったんだ!」といった“目覚め”と“自覚”が生まれれば、その「患者」はソレだけで元気になってくる。

次に、強靭な免疫力があれば病気にならないし、どんな病気も免疫力が回復すれば治る!ということを徹底的に自覚してもらう。
この自覚は、ほぼ半日もあればOK!だ。

「免疫力を高めるぞ!」という自覚と意欲が生まれたら、あとは実践あるのみ!

朝は、日本蜜蜂の純粋蜂蜜を入れた完全無農薬の『あらびき茶』を味わい、昼は豆乳ヨーグルトを食べ、夜は玄米と梅干しと味噌汁中心の精進料理だが、玄米ご飯200回噛みの修行でもある…。

『あらびき茶』と、日本蜜蜂の蜂蜜と、豆乳ヨーグルト。これだけで免疫力は強力にアップするのだが…、やはり運動やウォーキングで血流を盛んにし、一日何回もの入浴や日光浴や遠赤外線による温熱マットで身体を優しく温めてもらう。

日光浴の際は“太陽凝視”をして、既存の医学がイカにデタラメを教えてきたタコ学問だったかを、あざ笑う…(爆)

あ、そだ。元気になったヒトには農作業もヤッてもらうし、長距離のウオーキング(遠足)にも出てもらう。弱いヒトの介護もヤッてもらう。

こーゆーこと(癒しのスケジュール)を2週間もこなせば…、病んでいた心身が別人のように元気になることは、請け合い! 鼠~こってす。

上のプロジェクトは、『真心(まごころ)ドクターの湯治場(とうじば) in 志布志』という名前で秋から開始します。

既存の医療に嫌気がさした別のドクターが、霧島や宮崎で「湯治場(とうじば)」を開始する計画もあります。

ちなみに、「湯治場(とうじば)」とは、病人が自力で病気を治す温泉宿のことです。
はい! どんな病気も自力で治しましょう。 必ず治ります!
2014/07/28(月)  栄枯盛衰・盛者必衰
衰退し、やがて消滅する産業
巨大な産業が一つ、いま日本から消えようとしている。
10兆円近い貿易黒字を出して外貨の稼ぎ頭だった日本電子産業、製品が売れすぎて世界中で貿易摩擦を起こしていた日本電子産業――
今やそれは夢まぼろしである。 (日経『電子立国は、なぜ凋落したか』)

盛者必衰! 花型産業の衰退は、革新(イノベーション)の欠如と、仕組み(モデル)の陳腐化が原因である。
日本の電子産業の衰退も、技術革新(より良い製品づくり)と、価格革新(より安く)の面で中台韓に遅れをとったからである。

ところで…、
次に衰退していく産業は、医療産業であろう。

日本は、今後、大疾病時代(癌と免疫不全症)に突入するが、しかし、医療産業は衰退する!

日本の「医療モデル」、「治療モデル」は、患者を地獄の苦しみに突き落とす三大荒療治しかなく、オドシとダマシだけでムンテラ(優しい言葉と姿勢)がなく、心身がなごむ癒やしの医療など望むべくもない…。

日本の医療は今後も癌宣告を乱発するが、技術革新がないので、三大荒療治で患者の大半が死んでしまう。

こんな残酷で過酷な医療モデルは、今後益々敬遠されていくだろう。

『医者に殺されない47の心得』とか、『がん放置療法のすすめ』といった“近藤本”が大ベストセラーとなって読まれ続けているのは、「患者」が病院を敬遠する理由を見つけるためである。

しかし…、
病院を敬遠するのはEーが、迷える子羊のような患者は、いったい、どこに行ったらEーのか? 誰を頼り、何を信じたらEーのか?

迷える子羊を優しく受け入れる施設が今の日本には全くないのだ。
のみならず、従来の荒療治に代わる医療技術がない。治療方法も確立してない。いるのは古いタイプの医者ばかりで…、斬新で画期的で未来型の医療(「いやしの医療」)を行う医師が皆無なのだ。

ところが!である。
いま、志布志市において、「悪性の癌で末期!」とか「余命3ヶ月!」と宣告され、医者にオドシまくられ、イジリまくられて、身も心もヨレヨレになった患者が、2~3週間(最短は4日)で心身ともに癒されて回復し、元気になって社会復帰してゆく症例が激増している…。そういう時空間が志布志にはあるのだ。

ソレは特段に変わった新型の医療行為ではない。いや、医療ですらない。治療行為なども皆無だ。
しかし、「患者」は確実に癒され、治っていく…。

じつは…、
この「癒し」の秘密・秘法を見破った医師がいる。
フランスや米国で、分子生物学や遺伝子工学、予防医学などの基礎医学をみっちりと研究したあと、日本の医療現場の実態を克明に観察しながら臨床医としての経験を7~8年以上も積んできた(文字どおり有能な)医師である。
いや、医師というよりヒポクラテスのような稀有な医療哲学者だ。

その和製ヒポクラテスが、初秋には志布志市に移住してこられる。

彼だけではない。
「牛~、今の日本で行われている殺人医療はヤリたくない!」
と言ったワケではないが、そーゆー意識を持った別の医師も志布志移住を計画している。

日本の医療は志布志から大きく変わっていく!
そー期待してくれてもEーかんね!>皆の衆
2014/07/27(日) 志布志湾を さんふらわーで半周する「船の旅」
志布志みなとまつり さんふらわあクルージング
さんふらわー
大阪南港と志布志港を結ぶフェリー航路。鹿児島のチベット・志布志に来るには、コレが一番便利だ。
夏休みの一日、巨大な外洋フェリー船「さんふらわー号」が志布志湾を半周するクルージング祭りがある。
鷲は毎年、この祭りに参加して、「約1時間半の船の旅」を楽しむ。
きょうの「さんふらわあクルージング」も定員(1000名)一杯の参加者が集まり、「船の旅」を満喫したようだ。
ただし、乗船客の大半はガチガチに冷えた船室にいて、南国の強烈な太陽が照り刺す甲板には出てこなかった。
鷲は終始、甲板のベンチに寝そべり、甲板を焦がすような激烈な太陽光線を浴びながら眠った。
「あのヒト、日射病で死ぬかも…」 といったヒソヒソ話が2~3回ほど聞こえたが、かまわず鷲は眠った。
「クーラーがなければ眠れないような腰抜けとは鍛え方が違う!」 と、うたた寝しながら鷲は哄笑した。

外洋船 大阪と鹿児島市ではなく、大阪と志布志を結ぶ外洋方フェリー航路。外洋型というのは、このフェリーは、瀬戸内海ではなく高知沖の太平洋を航行する…。
この航路は、その昔、天武天皇(大海人皇子)が、種子島人の外洋船に乗って志布志を出て難波(大阪)に向かった海道だ。不思議な因縁を感ずる…。
2014/07/26(土) 広島から志布志までワゴン車で来た80歳の元気印
マニュアル変速のジーゼル・ワゴン車で10時間
68と80
鷲のファンだと言う80歳の元気印が、5段変速のワゴン車を一人で運転して広島から志布志まで来られた。
志布志に滞在すること2時間。次は水俣市の僧侶で養蜂家の84歳に会うために、そそくさと志布志を離れた。
まこと、ぶったまげるほど元気な80歳であった。

昨日は、熊本の山林王・平野虎丸翁ご一行様が志布志に来られた。
その時、鷲はフンドシ一本の裸体で深刻な電話を受けていた。

34歳の女性が、悪性の子宮頸癌で、ソレが卵巣や子宮に転移し、それらの全部を摘出する!という宣告をされた、どうしたらEーか?!という電話だったのだ。

鷲がフンドシ一丁の裸体で電話しているのを見た虎丸翁のご友人は、
「飯山一郎という爺さんは聞きしにまさる奇人だ!」と思ったそうでR。

電話が終わったあと、鷲は、その方に、
「これが志布志での夏の正装!フォーマルウェアですので悪しからず!」
と真剣な顔で言ってみた…。

その方は、熊本市の事業家なのだが、
「飯山一郎という爺さんは、少~し頭がオカシいのではないか?!」
と本気で思ったそうである。

そらそーだろう。
猛暑とはいえ、みなさん、キチンと半袖のYシャツをきて折り目正しいズボンをはいている…。そのなかで鷲一人がフンドシ一丁なのだ。

丸山一さんなど地元の友人も何人かおられて、この方たちもキチンとYシャツをきて折り目正しいズボンをはいている。

男性というか紳士が8名ほどおられたなかで、鷲一人が、土人か土族のような真っ黒な身体を晒したフンドシ一丁の裸体。

それもこれも…、
深刻な電話の最中に、ドドドッ!と大勢さんが来られたので鷲もTシャツ一枚身につける余裕がなかったのだ…。

でもま…、これも鷲の人生の一場面。
今さら悔やんでも、「誤解」は解けん蛇ろーて。
2014/07/25(金)  死の淵から湧く生命の泉
昨晩は危篤状態だったが…
肝硬変
肝硬変という病気を治すクスリは、ない!
強いて言えば、「強ミノシー」というクスリがあるが特効薬ではない。
昔、「グルタチオンが効く!」と言われた時期があったが、医者のカネ儲けだけには良く効くクスリだった猫~ (爆)
肝臓病には甘草(かんぞう)が効く! というのも駄洒落でしかない。
とまれ、肝硬変という病気は致命的な病気であるが、これを治せる医者は日本にはいない。

「重篤な肝硬変です。大きな食道静脈瘤もあり、余命は1ヶ月しかありません!」 と東京女子医大病院で強く宣告され…、このオドシによるショックでヨレヨレになった43歳の男性が、3日前の火曜日に東京から志布志まで来た…。

追い返すわけにも行かず…、鷲は、病歴などの事情を聞いた。

腹水がたまっているのか、腹は膨れているし、顔はドス黒かった。強い倦怠感でヘトヘトの感じだった。

これは、東京女子医大の女医さんの見立てのとおり、重度の肝硬変かも知れない…と、鷲は(一瞬だが)思った。

しかし、
食欲はあるし、黄疸は全くないし、胸部や腹部の発疹も軽症だ。
「肝硬変だとしても初期で、きわめて軽症だわ!」
と、鷲は明るい口調で笑いとばした。
これだけで、43歳の表情は明るくなった。
その夜、43歳は安心したのか、爆睡したという。

次の日、43歳は明るい表情で近所のホテルから鷲の宿舎に歩いてきた。
脈をとると力強い心拍だが、身体が冷えていたので、遠赤外線の温熱マットに寝せて身体を温めてあげた。
そうしたら大量の発汗現象があって、43歳は益々元気になったので、散歩に誘った。爽快なウオーキングだった。

ところが!である。
その夜、43歳は突然の悪寒と発熱。そして強い嘔吐感と嘔吐。体温を計ると39.2℃。水分をとっても発汗はゼロ。ポカリを飲ませたが全く発汗しない。呼吸が荒くなって、頻脈になって…、「死にそうです」と言う声は、本当に死んでしまいそうな感じだ。

「これは救急車を呼ぶような事態だが、どうする?」
と鷲が言うと、
「病院は恐いので、もう少し様子を見ます!」という返事。

この救急車を呼ぶような危篤状態が、じつは、20時間近くも続いたのだが、鷲は冷静に見守り続けた…。

43歳の青年が死を賭けて闘病する様は、鬼気迫るような凄まじさだった。

「救急車を呼ぶ事態だぞ」 と強く告げようとした瞬間! 爆発するような発汗の噴出現象が始まった。

ベッドのマットレスに浸透した汗水が、ベッドの下部から滴って床を流れるほどで、まさしく汗水の滝だった。

途中から「観戦」と「応援」に加わった熊本の親友(民間人)は、
これは助かる! 体質も変わる!
と、43歳を励ましていた。

そーこーするうちに朝が来た。

汗水の滝のなかで爆睡した43歳。この闘士の顔からはドス黒さが消え、腹部の膨満も消え…、目は別人のように輝きはじめていた!

43歳は…、昨日までの43歳ではなくて、まごうかたなく全くの別人(別のヒト)になっていた。

「こんな“向こう見ずな闘病法”もある!」 と言うと、医者は非難するだろうが、43歳はケロリとして、
「私のイノチは病院には預けません!私の病気は自力で治します!」
と言い返すだろう。

きょうは43歳が志布志に来て4日目だが、別人のように元気になった彼を鷲は夕食に誘った。

志布志で最も美味く、最高に豪華な『ハモとシラスとウニの三昧丼』を43歳はペロリと平らげた。

「ご馳走さまでした!」
と言う43歳の元気な発声には、生命力があふれていた。
2014/07/24(木)  何かが起こる前兆…鴨
下図の赤く太い矢印の部分に注目
上のチャートを拡大して見る
上のチャートの赤く太い矢印の部分の出来高は、異常である!

株価は今の価格ではなく、未来価格だ。
つまり、株価は先を読んで動く。
そらそうだ。
投資家は「命の次に大切なカネ」、これを賭けての大博打をしているワケで、だから、必死に未来を見透かす。先を読み抜く。
先読みに成功した者だけが勝利者になれるからだ。

ところで…、
上のチャートの出来高の異常な増加。これは異常だ。
これは、いったい何を意味するのか?

911のときもそ~だったが…、何か異常なコトが起きるのか?

鷲は…、
近々、米国の株価が暴騰し…、その後は暴落してしまう!
というシナリオを想定しているが、これはあくまでも一つのシナリオ。

とにかく、しばらくの間、米国の株価の動きは注目だ。
2014/07/23(水)  養蜂業の影で頑張るグルンバ
グルンバ用のタンク、出荷!
乳酸菌の大量培養は、グルンバとタンクがあれば、一日に何百トンでもOK!だ。こんなシステムはグルンバだけだ。
つまり、グルンバの乳酸菌培養能力は世界一なのだ。

EM乳酸菌は1リットルが2千円もするが、グルンバ乳酸菌は、1トンで2千円。つまり、1000分の1のコストだ。
だっからグルンバ乳酸菌はコストを気にすることなく、がんがん使えるワケ。

たとえば、悪臭ふんぷんの養豚場にグルンバ乳酸菌を10トンも散布すれば、悪臭はアッ!と言う間に消える。

それだけではない。ブタが病気にならなくなり、死ななくなり、子豚がミツバチのように爆発的に増えて、爆発的に儲かる養豚業が経営できる。

農地にグルンバ乳酸菌をジャブジャブ散布すれば…、ネギも、キャベツも、トマトも、ナスも大収穫できる。もちろん、味も最高だ。

おっと、上のグルンバ用のタンクは、志布志から浜松に運ばれる。
間もなく、浜松では農業革命が起きる。

医食同源! 食べたヒトを健康にするネギなどの乳酸菌野菜が、大量に、しかも安価に出荷されるようになる。

ネギのたまり漬け醤油も発売されるだろう。これは革命的な醤油だ。
たまり漬け醤油で、食卓文化に革命が起きる。

たとえば…、
たまり漬け醤油を数滴たらしただけの玄米ご飯!
この美味しさは、ほんと、たまらない。
しかも、健康食そのものだ。

早く市場に出して猪ー大寝!>浜松のにーちゃん
2014/07/22(火)  高僧和讃
高僧も ミツバチ入巣で 取り乱し
和讃  
「和讃」とは、仏教歌謡の一種で、仏・菩薩の教えやその功徳、あるいは高僧の行績を日本語で誉めたたえる讃歌をいう。

鷲の「ファン」の一人は、さる名刹(名高い寺)の高僧だ。
御歳は84才。見るからに落ち着き払った風貌で、悟りの境地に達せられた感があり、会う人すべてが深い心の安らぎを得る! そんな風格をお持ちの高僧だ。

ところが…、お寺を任せていた長男が宗派の事情で分寺の住職となったため本寺を出て行ったんだ、と。
これで一番困ったのは、運転手(=長男)が不在になって不自由になったことだという。
そこで高僧は、妻(77才)に運転免許を取らせたんだ、そーな。

普通、77才という年齢は免許を警察に返納しても おかしくない歳なのに、新たに免許を取った老婆。
これには警察も感心した、鼠~か、驚いて、署長さんが免許証を手渡したんだ、と。

で、2ヶ月ほど前…、
「飯山一郎さんに会いたい。志布志まで運転してくれ!」
と、高僧(84)は 妻(77)に命じたんだ、と。

「はい!」 と、忠実な妻は一つ返事で高僧を車に乗せて150kmも離れた志布志に向かったが、高速道路の走り方も、高速道路への入り口も分からないので、一般道を走って志布志に辿りついたワケ。ほんと、ご苦労様でした!

老高僧が、拙宅に着いて開口一番に言われたことは、
「飯山さん、あなたの手製の巣箱を譲ってください!」
有無を言わせない リン!とした落ち着き払った発声であった。
鷲が、老高僧に巣箱を差し上げたのは言うまでもない。

本日、その老高僧から上ずった声で電話が入った。

「飯山さん! きょ、きょう、寺の境内に数千匹以上の蜜蜂がウナリをあげて飛んできて…、その全てがアッ!と言う間に、巣箱に入ったのです!」

高僧も ミツバチ入巣で 取り乱し

悟りきったはずの老高僧(84)も…、蜜蜂の大群の突然の飛来と入巣! こんなコトは仏陀(ブッダ)の教えにもあろうはずがなく…、老高僧の取り乱したような上ずった発声と興奮は、まるで少年のような若々しさであった。

老高僧の妻(77)も、少女のようにハシャいでいた、という。
2014/07/21(月)  ニッポンは、犬死的早死国家
ニッポン…。なんと生きにくい国であろうか!
国民の安全や健康や財産を、国は全くもって守ってくれない。
のみならず…、
この3年半に数千万人以上の国民が放射性物質を吸い続けた結果、深刻な内部被曝状態にあるのに、何の対策もとらない。大爆発した4基の原発も、原子炉がムキ出しのまま、何もせずに放置。

国民の健康を守るはずの医療も、恐怖のガン宣告を乱発して、「早期発見・早期治療」という殺人行為を強行する悪辣(あくらつ)さ。

人工透析だって、透析患者の大半は医者に透析を強要されて、無理やり透析患者(リピーター)にさせられたのだ。人工透析ってのは物すごく儲かる医療ビジネスなので…、医者としては、オドしたりスカシまくってでも強行するワケ。

このようにして、ニッポンという国は病人だらけの国になってしまった…。

病気を治すはずの医者が増えれば増えるほど、患者の数が激増してゆく…。鼠~ことは、病気は病院でつくられる鼠~ことなんだ罠~。

もはや政府も病院も国民の敵!になってしまっている! 鼠~認識があるかないかで、人生も大きく変わってくる。認識がないシトは寿命が短くなる!ってこと。

ま、葬儀屋が大繁盛する時代が来たワケだが…、
葬儀屋じたいが早死(はやじに)しちゃうので、気をつけて猪ー大寝!
2014/07/20(日)  男子三日会わざれば刮目して見よ!
3月16日。某超有名人が鷲を頼って霧島に来た。
この方は、日本で最も権威ある大学病院で悪性の胆管ガンと診断され、2回(合計4クール)に渡って強力な副作用のある(猛毒の)抗がん剤を処方されたが、病状は悪化するばかりだった。

思い余って、佐賀の悪徳医者の病院に入院したが、「オドシとダマシの医療」の結果、高額な非金属の歯に交換させられ数百万円を支払わされたが、病状は悪化する一方だった。

霧島に着いた時は、階段を登るのもヤットというヘトヘトの状態。表情にもウツの症状が強くでていて、顔面蒼白で見るも痛々しい有り様だった。

ところが!である。

3泊4日の霧島滞在の間に、「癌」という病気に対する見方・考え方がガラリ!と一転し、癌という病気は自力で克服できる! という自信を持ちはじめ、明るい希望が湧き始めた…。

そーしたら、がぜん元気が出てきて、まわりが驚くほど食欲旺盛になり、食うわ!食うわ!
朝の散歩も、鷲が寝てる間に霧島神宮の本殿まで登って行く有り様。

昨日(19日)の夕刻、飛行場へ向かうため霧島倶楽部を出る時は、顔色も、歩き方も、姿勢も、すべてが健康そのもの、生来の魅力的な笑顔が戻って、冗談まで連発する某超有名人の変わり方には、ホテルのスタッフも驚き、桃の木、陽気になって手を振っていた…。

わずか3泊4日の間に、こうも見事に人間は変身できるものなのか?! それは論より証拠で…、やがて、その某超有名人が証言するだろう。

オドシやダマシではなく、「患者」を優しく癒やす(いやす)「いやしの医療」、これを霧島か志布志で始めるとき、某超有名人は、開始!のゴングを鳴らすはずだ。

きょう(3月20日)までに、その「いやしの医療」に協力する!というドクターが4名も応募してきた。

そのうちの一人の医師は北海道の勤務医だが、本日の朝に応募してきて、本日の夜には北海道から志布志に到着されている。

ものすごいスピードで「いやしの医療」が始まる予感がする…。
「男子三日会わざれば刮目して見よ!」とは、日々鍛錬する人は、3日も経つと見違える程成長しているものだと言う意味。出典は、三国志演義。
2014/07/19(土)  いやし vs おどし、だまし
霧島倶楽部で悪徳医者の講演会
鷲が定宿にしている霧島倶楽部が、明日と明後日、豚でもない悪徳医者に講演会場を提供するんだと。
その豚でもない医者とは、何ヶ月か前、霧島倶楽部の社長が癌の疑いで入院した病院の院長で、結局はその豚でもない医者の「オドシとダマシ」に引っかかって、あげく、金属が使われた歯は危険だからと非金属を使った歯に交換させられた…。この間に支払った金額は、数百万円!
こういう「オドシとダマシの医療」の宣伝のために霧島倶楽部が使われる…。残念でならない。

豚でもない悪徳医者の魔手にかかり…、食べられない、立つのもやっと!という状態にまで病状が悪化した患者=犠牲者の「被害状況」について、鷲は下の文章で公開した。これは広く注意を喚起するためだ。 この悪徳医者の儲けの手口は、豚でもない高額な歯の治療だ。
歯科金属から危険な「ガルバニック電流」が生じているからと弱った患者の歯を抜き、非金属を使った歯に交換するという豚でもない医療行為。これが「気功」を使うという悪徳医者のビジネスモデルだ。

A子さんという患者=犠牲者が「気功医者」に払った治療代は、上の文章では300万円と書いたが、実際は500万円を超えていた!と。

いま鷲が霧島で相談を受けている患者=犠牲者は、じつは超有名人なのだが、この患者=犠牲者も「オドシとダマシの医療」を受け高額な非金属の歯に交換させられ数百万円を支払わされている。

こういう悪徳医者の講演会が、明日と明後日、霧島倶楽部で行われる。
霧島倶楽部の社長は、悪徳医者のヒドすぎる医療の実態にやっと気づいたのか…、講演会には顔を出さない。
ま、そーゆー講演会だ。

今後、日本は、前代未聞の大変な癌社会になる!

これを見越した医療側は、ビッグ・ビジネスチャンスだ!と手ぐすねをひいている。
くれぐれも、患者という名の犠牲者にならないよう、広く注意を喚起する次第。

オドシやダマシではなく、「患者」を優しく癒やす(いやす)「いやしの医療」、これを実現する時空間を霧島につくりなさい! と、鷲は霧島倶楽部の社長に言おうと思う。
いつ言うか?
悪徳医者の霧島講演会の日(明日と明後日)に志布志で言おうと思う。
2014/07/18(金) 「癌だ!癌だ!」と騒ぐ医者とは絶交だ
癌の治療は絶対にするな! 先ずは放置だ!
放置療法  
鷲も、医者に「ガンです!」と言われたことが何回かあるが、そういう医者とは絶交した。お陰様で、胃癌も大腸癌も自然に消えて跡形もない。
ほとんどの人は癌が発見されると医者の言うがままの治療を受けるが、近藤誠氏は慌てて治療を始める不利益を説く。
癌を放置しておいても癌が転移せず、大きくもならない人が多数いるからだ。
癌を放置している患者たちの証言は、医学がデッチアゲた仮説=「たちまち増大し転移して、死に至る」という癌の定義を覆す。
ま、「癌だ!癌だ!」と騒ぐ医者とは絶交して、ガン検診も含め、病院には行かない!これが長生きの秘訣だ。

近藤誠がすすめる「癌の放置療法」を激しく批判する本がある。
『「抗がん剤は効かない」の罪』(勝俣範之著)という本で、「ミリオンセラー近藤本への科学的反論」という副題付きだ。

この勝俣本を鷲は読んでみたが…、おそろしく非科学的で、説得力は皆無に近い。ほんとうに頭の悪い医師だ。

勝俣本の主要な主張を要約するとこんなふーだ。

「抗癌剤の副作用は非常に激烈で危険だが、“腫瘍内科医”が使えば大変な効果をもたらす。しかし、日本には抗癌剤の専門家である“腫瘍内科医”は数百人しかいない。“腫瘍内科医”以外の医者の抗癌剤使用は危なかしい…」

これじゃ恐ろしくて…、病院には行けない罠~(爆)

勝俣本は、東電の勝俣みたいに国民の健康無視で、体制ベッタリで、医療マフィアの手羽先が書いたような本だ。

勝俣範之氏に関しては、こんな話もある。

勝俣範之氏は、近藤誠氏との対談をいったんOKしながら、2カ月後に“近藤本を読んで、自分は準備不足だとわかった。この話はなかったことに” と敵前逃亡した、と。

「近藤先生はがん研究に10万時間かけ、数万人のがん患者を診て、がん放置療法を確立した信念の人。昨年開設したセカンドオピニオン外来にも、1年間で2000組も相談が殺到しているというから、いま全国津々浦々のがん患者がどんな治療をすすめられ、どんな目にあってるか、バッチリ把握してるだろう。勝俣先生は近藤先生とディベートしても、とても歯がたたないから本書で抗戦?」という投稿もある。
ま、そんなところだろう。

2014/07/17(木)  鷲は負けない!
これ 西洋ミツバチなら簡単だ
蜂人間
じ・・・じーちゃん・・・
インパクトで負けとるっ

かくなるうえは
着ぐるみでいくかっ?!

hanycos  

きのこは、「鷲が負けとるっ」とかと書いているが…
衣服に蜂蜜を塗って養殖の西洋ミツバチを集めるのは簡単なのだ。

鷲は、天然の日本蜜蜂を裸の身体に(蜂蜜など塗らずに)たからせている。

その写真を撮らなかったので公表できないが、近いうちに、写真をとって、見せたい。

ところで…、
鷲は、いま、霧島の山のなかにいる…。

ガンでもないのに…、某大病院で巧妙、かつ狡猾、かつ強引にガン患者にされてしまい、抗癌剤を何回も打たれてしまった可哀想な「患者」(=犠牲者)の傷心を癒やそうと、朝から晩まで、働きバチのように働きまくっている。

もともとガンではなかったのだし…、医者が言う「致命的なガン」などという病気は、医学がデッチアゲたショック・ドクトリンなので、このことをシッカリと認識したこの「患者」(=犠牲者)は、見事に以前の元気と体力と生命力を取り戻しつつある。

こういう「ガン難民」が、今後、日本中から霧島の山に集まってくる予感がする。

同時に、赤ひげ医者のような本物の医師が何名も来てくれるだろうし、可哀想な「患者」の心身を本気で癒してくれる医療スタッフも集まってくれるはずだ…。

そのとき…、
天孫降臨の地・霧島は、まちがいなく “癒しの里”になる。
2014/07/16(水) 飯山一郎:日本蜜蜂に変~身!
飯山一郎は人間を辞め、日本蜜蜂になります!
蜂盛り
飯山一郎がつくった誘引剤におびき寄せられた日本蜜蜂たち
私儀 飯山一郎は一身上の都合により人間を辞めさせて頂きます。今後は森のなかを自由に飛び回る日本蜜蜂に変身する修行道に邁進させて頂きます。

この三ヶ月半、鷲は全てを捨て日本蜜蜂の研究に没頭してきた。
その研究結果は上首尾であった。

その証拠が上の写真で…、鷲は日本蜜蜂を自分の庭に自由自在に呼び寄せることができるよーになった。

こうなると、次には鷲が日本蜜蜂になって、飯山一郎の研究を検証しなければならない。
飯山一郎に呼びつけられると、「ハイ!」と言って、飯山一郎の庭に本能的に飛翔してゆく日本蜜蜂が森のなかにいるのかどーかを検証しなければならない。

だっから鷲は、明日からは日本蜜蜂に変身する。そーして、九州の森をあちこち飛び回ってみよ~と思う。

そんなワケで、きょう、鷲は、霧島の森に発作的に飛んできた。

そーしたら、霧島の森には…、いるわ!いるわ! 日本蜜蜂がワンサカ、ワンサカ! ワンサカ、ワンサ! いぇーい、いぇい! でした。

これを日本書紀風に言えば…、「蜂孫降臨」かな~?
2014/07/15(火)  病院は殺人機関なので、行くな!
乳幼児が殺人医療の標的になっている
殺人医療1 殺人医療2 殺人医療3 殺人医療4 殺人医療5 殺人医療6 殺人医療7 殺人医療8 殺人医療9
集中治療における人工呼吸中の鎮静においては、小児等には投与しないこと」と鎮静剤「プロポフォール」の効能書には明記されている。
しかし、
人工呼吸器を付けた子どもに同剤を使用している集中治療室(ICU)が約2割を占め、小児専門施設に限ると4割近くに上ることが13日、分かった。
人工呼吸器を付けた子どもへの投与は「禁忌」とされているが、医療現場で順守されていないのだ。
これは、まさしく殺人医療だ!

悲しい電話が多い。
思わず「医者は悪魔だ!」と叫びたくなる時もある。

生後1ヶ月の赤ちゃんが「軟骨不生成症」だとCTスキャンで被曝し、濃厚なホルモン剤を注射されている。止めさせたいが医者の強引なオドシに負けてズルズルと…。

3才の女の子が幼児検診で「要精密検査」だと言われ、京大病院に行くと脳腫瘍だと言われ、医者の巧妙な説得で開頭手術をされてしまった。手術後の写真が送られてきたが…、あまりに痛々しくて涙が出た。

4才の女の子の下痢が止まらないので病院に行ったらガンがあると言われ、開腹手術をされ、放射線治療も受けさせられた。

7才の男の子が鼻呼吸ができず苦しそうなので、病院に行ったらアデノイドを切除された。

こんな電話が、この2年間、数限りなくかかってきている。

上の4例は、どれも放っておけば、必ず自然に治ってゆく症例だ! なのに医者は、強引に、かつ迅速に、殺人医療を強行する…。

鷲が、「医者は悪魔だ!」と言わざるをえない事情は、“殺人医療”の犠牲者のナマの声を聞いているからだ。

今回の東京女子医大の2才の男の子を殺した殺人医療も、最初は「首に腫瘍がある!」とオドされ、強引に手術にもっていかれた。

そのあげく…、
集中治療における人工呼吸中の鎮静においては、小児等には投与しないこと」と効能書に明記されている危険極まりないクスリを静脈注射されて死亡。これは殺人だろう!

「医師免許は殺人許可証である!」 と、きのこ女史は喝破したが…、そのとおりだ。

つまり…、
病院とは殺人許可証をもった医師が患者を殺す殺人機関なのだ。
こういう病院はさながら虐殺収容所だ。
殺人医療0 以上、鷲が 「病院には行くな! 殺されるぞ!」 と言い続けている理由の一端を申し述べました。

2014/07/14(月)  地球の歴史上、最大の産業事故
地球の歴史上、最大の産業事故!
フクイチ・グローバル核惨事
◆ ヘレン・カルディコット博士があらためて警告 ◆
「放射性降下物はこの先、数百~数千年にわたって、日本の広い地域を覆い、決して“除染(クリーン・アップ)”されることはないだろう」
「放射能の元素を呼吸し、放射能の汚染されたものを飲み食いすることで、癌が多発することだろう」
これは「地球の歴史上、最大の産業事故」である!

医師という国家免許をタテに自尊心ばかりが高く、教養・素養のない医者が多いが、ヘレン・カルディコット博士は心から尊敬できる医師である。

ついでに言っておくが…、
お医者様がもつ「医師」という資格は、はるか昔に取得したもので…、はるか昔に学んだ医学知識でもって現代人の病気を診察している。これだもん、時代遅れの旧態医療しか出来ないのは当然なのでR ww

さらに言っておくが…、
医師は、患者が来ると、先ず患者の「症状」を「病名」にしてカルテに書く。血圧が高い患者は「高血圧症」、胃に炎症がある場合は「胃炎」などと、「症状」が「病名」となる。何とも馬鹿馬鹿しい限りだ。
で、この「病名」=「症状」をおさえるクスリを出したり処置をするのだが、これらは全て決められているので、医者には考える余地がない。つまり、思考停止のまま「対症療法」だけの医療が進行していく…。

もっとハッキリ言えば…、
医師には、病気を根本的に治す!という考え方が全くない。
病気を根本的に治す!という知識もなければ技術もない。
症状をおさえておけば、やがて自然治癒力=免疫力で病気が治るだろう…、と良心的な医者は考えている。
が、悪徳医者は、処方しないほうがEー抗癌剤の投与や、やらなくても済んだ腎臓透析を強行する。これで医者は儲かるが、患者は死ぬまで病気で苦しむことになる。

その無茶苦茶医療のヤリすぎや医療ミスで患者が死んでも、医者は責任を問われない。これが「医師免許は殺人許可証である!」というきのこ女史のタンカの由来だ。 (『妊婦に抗がん剤?!』)

余談はこのくらいにして、本論だが…、
まぁ、よーするにアレだ、「地球の歴史上、最大の産業事故」を起こしながら、何の対策もせず(「除染作業」なんてのは単なるカネくばりだ!)、何の責任もとろうとしない国! こんな国がさらに暴走するときは、一挙に、そして完璧にツブしてしまえ! と世界中が思っても当然だし、仕方がないんじゃないの?
鼠~こと。

だって…、
「この国は、いったんはツブれないと駄目だわ!」
と、日本人の鷲でさえ思うんだもん。
2014/07/13(日)  「愚か者めが!」
自分の立ち位置が認識できない国
行政調査新聞
硬派のメディア『行政調査新聞』が、おそろしい記事を載せている。
「日本孤立化作戦」発動』 という記事である。
どういうことか?
日朝中韓に加え、米と霧を巻き込んだ大きな動きが東アジアで出てきており、その究極の目的は、“日本封じ込め”だというのだ。
この記事は『文殊菩薩』でも取り上げた。

まず、お詫びから。鷲の昨日のエントリのなかで、
 ・ 『世界指導者としての自覚』 や、
 ・ 『世界指導者としての自覚:その証拠
上の記事が重要だと言いながらURLが正しくありませんでした。上の下線部分をクリックすると、正しく読めます。すみませんでした。m(__)m

さて…、
日本孤立化作戦」=「日本封じ込め」という作戦については、日本国政府もマスコミも全く認識してないし、自覚もない。

しかし…、
中国と韓国がロシアと米国を巻き込んだ「日本孤立化作戦」を発動しており、「日本を封じ込めろ!」という暗黙の了解の上で国際政治は動いている! と認識し、自覚し、覚悟を決めておくべきだと、鷲は思う。

なによりかにより、実際問題、日本は外交政治的に中国とは絶好状態だし、韓国とも対話ひとつできない状態で、孤立化しているではないか!

日本の政府はアメリカの戦争屋の言いなりなので、オバマの米国政府には嫌われ、ロシアにはオチョくられ、北朝鮮にはEーように翻弄され、オーストラリアには「反中」でオダテられてアベッチだけがご満悦だし…、本当に日本の味方になってくれる国は一つもない。

のみならず…、
唯一、日本を守ってくれるはずの米国は中国との間で軍事関係を強化しているし、日本の仮想敵国=中国はロシアと軍事関係を強化し、高性能の戦闘機やミサイルを導入する段取りだ。

日本にとって世界の現実は、『行政調査新聞』が書いた「日本孤立化作戦=日本封じ込め」どころではない、もっともっと厳しいのだ。

この際だ、ハッキリと書いておこう。

現実は、「日本封じ込め」どころの話ではない。

「日本は極右化し、危険な軍国主義が抬頭し、無茶苦茶な戦争を仕掛けてくる…。その際は、日本を一挙にそして完璧にツブしてしまえ!」 という意識が、世界には暗黙の了解としてあるのだ。

「70年前、一挙にそして完璧にツブされ、無条件降伏したことを、日本は忘れてしまったよーだな! 愚か者めが!」 という想念を世界はもっているのだ。

「日本をひとり血祭りにあげ、生け贄(イケニエ)にすれば…、儲かるし、世界は上手くいく…、放射能の問題も一挙に解決できるし…」 などと世界に思われているとはツユ知らず…、きょうもアベッチは意気盛んだ。

「愚か者めが!」
2014/07/12(土)  平和主義者・プーチンの軍拡路線
中国とロシア:軍事関係を強化!
vr
『ロシアの声』 2014/06/29
ロシア 中国と戦闘機スホイ35の供給契約に調印へ
only Putin
Photo: RIA Novosti

ロシアと中国は、近いうちにも第4世代戦闘機スホイ35を中国に供給する契約に調印する予定。元ロシア空軍総司令官で、統一航空機製造会社軍用機プログラム総局のウラジーミル・ミハイロフ局長が28日、明らかにした。

これより先、ロシア連邦軍事技術協力庁は、ロシアと中国との間でスホイ35に関する話し合いが行われていると発表したが、契約については伝えられていなかった。
ミハイロフ氏は、最新戦闘機に関する外国との協力について、ロシアとインドは第5世代戦闘機T-50を共同開発していると述べた。
ロシアと中国は経済関係でも協同しているが、軍事面においても協力関係が進展している。
ロシアは第4世代戦闘機スホイ35を中国に供給するほか、多目標同時交戦能力を持つ遠距離・中距離地対空ミサイルシステムS-400「トリウームフ(大勝利)」も中国に設置する。
さらに、ロシアの衛星測位システムGLONASSと中国の衛星測位システムBEID OU のステーションを両国に設置し、人工衛星による地上監視を共同で行う。
ロシアと中国が軍事的な協力関係において想定される「仮想敵国」は、いったいどの国なのか?
アメリカではない。それは、アメリカと中国が軍事関係を強化していることでも明白だ。
ロシアと中国の軍事関係の緊密化は、いったい、どんな敵を想定してのことなのか?

現在の国際社会は、かつての冷戦時代とは全く様変わりした世界になっている。
このことが理解できず、今も冷戦思考のまま、たえず「敵」をもとめる軍国主義者が日本にはウヨウヨいる。右翼のアベッチやネットウヨたちである。
彼ら極右戦争屋の背後には米国の戦争屋、ヒラリーやアーミテージがいて、アベッチやシンタロは米国戦争屋の言いなりだ。

しかし、いま、戦争ではなく平和的な安定を求める世界指導者(プーチンとオバマ)が戦争屋の封じ込めに成功したので、世界は平和を保っている。
このことは、
 ・ 『世界指導者としての自覚』 や、
 ・ 『世界指導者としての自覚:その証拠
を読んでいただければ理解できる。どうか読んでいただきたい。

しかし…、
それにしても、「平和主義者・プーチン」の軍事面での積極主義は驚異的である。
とくに中国に対して、プーチンは高度な軍事技術と兵器を移転している。

なぜ?プーチンは、中国の軍事力の強化に協力しているのか?

このことは、おいおい書いていきたい。
2014/07/11(金)  敵をつくるのは深刻な問題を隠すため
米中が軍事関係強化
海洋権益問題は距離縮まらず
米中
7月10日、米中が反テロ対策での協力や軍事関係の強化で合意。写真はケリー米国務長官と中国の習近平国家主席(右)。

米中が軍事関係強化」と、ロイターが写真入りで報道している。

み~んな仲良くヤッているのだ。
中国と米国は、ウラでは仲良しこよしで、軍事関係まで強化している。日本の存在など眼中にない。

日本もオーストラリアと仲良くなったようだが、これは日中を離反させるための策略にアベッチが引っかかっただけだ。中国とオーストラリア(=英国)、とくに経済面で物凄く仲がEーのだ。

もっともっと仲良くなったのはロシアと中国だ。
ロシアと中国は、ドルではなくルーブルと人民元での決済を開始し、さらに中国向けパイプラインの建設が開始されるという。(記事)

日本は、深刻な内憂(国内の深刻な問題=大爆発した原子炉が3年4ヶ月もムキ出しのままで、数千万人の国民が内部被曝しているという致命的な問題)を抱えているので、外患(外に敵をつくって、内憂を隠すこと)が必要なのだ。

経団連の会長が「原発再稼働は国民全体の願い」などと平気で発言する。こーゆー大馬鹿が国のトップにいる国なので、何も解決できないまま、外に敵をつくって、戦争やって、最後は滅びていくんだろー。

まったく、鷲も豚でもない国に生まれてしまったもんだ。

ほんと、くやしい。
2014/07/10(木) 放置国家ニッポンの呆痴現象
安倍首相:豪首相の おだてに ご満悦
安倍豪州にて
経済連携協定と防衛装備品移転に関する協定の署名で笑顔を見せる安倍首相(左)とオーストラリアのアボット首相=8日、キャンベラ(AP)
これは、国際政治学的には、英豪による「日中離反策」の妙技だ。
中豪は、政治的・経済的・人脈的にウラで緊密にツナがっているので、日豪の反中姿勢は「豪の政治的な演技」だと中国は諒解している…。

天木直人氏が安倍総理のことを「豪州くんだりまで出かけて敗北宣言した恥しらず」と笑った。
鷲は、
「暴走イノシシの安倍が、豪州くんだりまで出かけて敗北宣言するはずがなかろう…。ズルさが出てきて一層狡猾になった暴走イノシシを甘く見てはいけない。」
と、『文殊菩薩』に書いた。(その鷲の文章)

天木直人氏が言う「安倍総理の敗北宣言」とは…、
「安倍首相が、集団的自衛権行使容認に不可欠な自衛隊関連法改正を、秋の臨時国会に提出することなく、来年の通常国会まで先送りすると宣言したこと」を指す。

天木直人氏は、集団的自衛権の行使容認には自衛隊関連法改正が不可欠だと思いこんでいる。

日本がまともな法治国家なら、集団的自衛権の行使には自衛隊関連法改正が不可欠だ。しかし、3.11以降、日本という国は法治国家ではない。大爆発した原子炉をムキ出しのまま放置する放置国家なのだ。

放射能の基準値を勝手気ままに上げるわ、公約を無視して消費税を上げるわ、放射能で汚染されたガレキを全国にバラまくわ、尖閣を国会審議なしに国有化するわ、国家の基本法である憲法を勝手気ままに解釈して国の基本をネジ曲げるわ…、憲法を守らない国家なんてモノは法治国家とは言えないだろう。

集団的自衛権の行使だって、自衛隊関連法を改正して面倒な法整備なんかしなくとも、法の運用のしかたで政府は何でも出来る! と、安倍総理は自信満々なのだ。

だから、これからも安倍総理はドンドン暴走していく。戦争だろうが、原発再稼働だろうが、ヤりたい放題に何でもヤル!

コレにならって、医療もマスコミもヤリたい放題に何でもヤルだろう。

かくして放置国家ニッポンのヤリたい放題の呆痴現象は、国家消滅!
いや、民族滅亡まで続くだろう。そー思ってEー。
2014/07/09(水)2 超大型台風 南九州に接近! 蜜蜂たちは?
強い雨風のなかでも 蜜蜂は必死で働く?
台風接近
アリとキリギリスの寓話で働き者とされたアリも、雨風のなかでは働かない。
ところが、うちの蜜蜂たちは強い雨風のなかに飛び出して働いている。

ふつうのばやい蜜蜂は、強い雨風の日は巣箱にこもって外に出ない。

ところが、植物から抽出した天然の誘引剤と成長ホルモン剤の匂いに誘われて、鷲の家のベランダにだけは沢山の日本蜜蜂が集まってくる。

きょうは特別に最高品質の西洋ミツバチの蜂蜜を溶かしてやったら…、まーまー喜ぶの喜ばないのって、狂喜乱舞して喜んでいた。

そんなことより、超大型の台風8号が南九州接近していることだ。
【10日にかけて予想される最大瞬間風速】は、九州南部で50メートル!なんだと。

「でも、ハマッキーUFOが守ってくださる!」なんて言ってる馬鹿が、まーだいるのかな? (爆)

台風襲来で一番心配なのは、蜜蜂の巣箱なんだが…、ほかのヒトの巣箱なんかどーなってもEーが、鷲の巣箱だけは助けたい!と、鷲は昨日、必死で暴風対策を行った。だっから安心だ。

暴風よ吹け! 豪雨よ降れ! 降って降って振りまくれ!
そうして、この日本列島の汚れを全て洗い流して、浄化しておくれ!
2014/07/09(水)  きのこ邸に来るハチは なぜ凶暴で猛毒か?
蜜蜂も犬も 飼い主に似てくる
今回は表題のみで、本文はなし。あしからず。
2014/07/08(火)  きのこが蜂に刺される日
きのこ邸に来る蜂は 凶暴で猛毒…鴨
サインではないぞ! > きのこ
「銘(めい)」といってなー、すぐれた作品に入れる作者の名前なの蛇夜。
E^という「銘」で、「イーヤマ」と読む。「Eー人」とも読む。
「銘」を入れたのは、後々、Eー値がつくから蛇。
それほどの自信作なの蛇。(爆)

鷲は、きのこ女史の歯にコロモを着せぬ激しい権力者批判に日頃から感心しきっている一人蛇。
感心のあまり…、鷲が自作した日本蜜蜂の巣箱を贈呈したワケ蛇。

残念なのは…、その直後に鷲は、日本蜜蜂をおびき寄せる誘引剤の開発に成功したことだ。
その誘引剤を巣箱に塗れば、蜜蜂の大群が巣箱に入りやすい…。

その誘引剤は、きのこが塗るとヤバイことになる。
色気のあるヲンナは、たちまち発情してしまうから蛇!
あ、きのこは色気がないから大丈夫かな?

それと…、鷲の巣箱は傾けやすく、中が見やすい。
その時、ハチたちをビックリさせると刺されることがある。

好奇心が旺盛なきのこは、ついつい中が見たくなり…、きっと刺されてしまうだろう。

ヒヒヒ、た の し み!
2014/07/07(月) 「末期ガン」と医者に見放されたA子さん、回復!
天は自ら助くる者を助く!
hotsalon2.jpg
ほっとサロン志布志』で温熱療法(宝石岩盤浴)を受けながら、A子さんは、徹底的に自己治癒力を高めるためのリラクゼージョンの日々を過ごした。
ゆったりまったりとした時間の流れのなかで、A子さんは自分をみつめ、来し方行く末を考えながら、「ガン」は自力(自然治癒力=マクロファージ)で治るんだ!ということに気づいた。この瞬間からA子さんの回復力は力強さを増したのである。
その経過は、『ほっとサロン志布志』がフェースブックで報告している。
その記事は、久しぶりに『文殊菩薩』に載せました。

久しぶりに『文殊菩薩』に記事を載せました。
記事は、A子さんが「胃癌」の末期的な症状から たくましく回復してきた経過報告です。お読み下さい。

それにしても…、
志布志市に来た「ガン」の患者さんがみるみる回復していく…。
それもインチキ病院でメチャクチャな治療を受け、身体も心もボロボロになった患者さんが、自力で立ち上がって、元気に帰ってゆくのである。
それは、まさしく“蘇生のドラマ”である。感動である。

鷲も、この歳(68才)になって、「末期ガン!余命3ヶ月!」などと診断され、医者に見放された患者を受け入れて、何やカヤとお世話をし、奉仕をする日々…。

さらに養蜂業のほーも、蜜蜂が爆発的に増えて超多忙な日々…。

それでも、『文殊菩薩』はボチボチ再開していく所存である。

まったくタフな爺さんだ!と、我ながらビックリの昨今である。
2014/07/06(日) 害人が叫んだ。「蜜蜂なんか殺してしまえ!」
「害人」宅の換気扇に飛び込む不運な蜜蜂たち
換気扇
分蜂した蜜蜂の大群が、換気扇の隙間から壁の中に入り…、
その一部は家の中に飛び込んだ。家の主(あるじ)は激怒した。

志布志市の知り合いの家の庭先で雑談中に、分蜂した蜜蜂の大群が飛んできた。
アッ! と言う間に向かいの貸家の換気扇の中に飛び込んでいった。
その一部は家の中に入った。それが台所のガラス窓ごしに見える。

(鷲は蜜蜂のプロなので)皆が、「向かいの家に行ってあげて!」と言うので行ってみた。

玄関のベルを押すと、その家の主人(獣医)が出てきて鷲に言った。
「この騒ぎは何ですか?! 蜂なんて大迷惑です!」

鷲: 「これは蜂の分蜂といって自然現象なんです…」

獣医: 「そんなこと分かってます! とにかく片っ端から殺します!」

鷲: 「台所の窓をあけてハチを逃してあげましょうよ!」

獣医: 「勝手に開けて下さい! 私は殺します!」

鷲は勝手に勝手(台所)に行って、窓を開けた…。

何十匹かの蜜蜂が窓から外に逃げていったが、入ってくる蜂もいた。

獣医: 「また入ってくるじゃないですか! 殺す以外ないです!」

こーゆーシトには何を言っても無理で無駄なので、鷲は黙って家を出た。

女王蜂は換気扇の隙間から家の壁に入って、働き蜂を総動員して巣づくりを始めているようだ…。

さぁ!こーなったら、殺虫剤を大量に壁の中に吹き込む以外ない。
あの獣医さんは、ソレをやるだろう…。

世の中、残酷なシトは、多い…。

今の日本のエリートは、天皇陛下を除いて大半が残酷で冷酷な人間だ。

鷲は…、
人間に最も多く災禍をもたらすものは,人間である!
という文章に書いた「害人」という人種を思い出した…
2014/07/05(土)  オドシの名人だが…
東海アマ氏の予測は当たるだろう
倒壊デマ
GF
原発ムラの工作員たちから 「倒壊デマ」 と揶揄(やゆ)される東海アマ氏だが、彼の予測は当たる確率が高かった。
とくに大地震の予測は、年がら年中 「大地震が来る!」と言い続けていたので、当たる確率は100%だった。(爆)
今回の「あと2年で本当の地獄がやってくる!」という予測も当たるだろう。
ただし彼のばやい、危機を大袈裟に言う傾向があり、さらに的確な対策や対処法を提案できないので、彼のオドシを信じて無闇矢鱈におびえてしまうシトが多い。 (東海アマ氏のツイート)

「これまで健康だった人も、あらゆる病気にかかり取り返しのつかない状態になる…」と東海アマ氏は言うが、倒壊デマだ。

病気の原因は免疫力の低下! これだけだ。
だから日頃から免疫力を高める生活をしている人は、病気にならない!

ただし、大半の日本人は放射能に無関心になるように洗脳されて脳天気な生活を送ってきたので、今後、「あらゆる病気にかかり取り返しのつかない状態になる」。

そうして30年後には日本の人口は2~3千万人になり、50基の原発は全て老朽化し、管理も廃炉もできなくなり、もちろん「もんじゅ」も手がつけられなくなり、全国各地の原発が次々にメルトダウンし…、日本列島は「腐海」に沈む。

この予測も当たるはずだ。
つーか、このくらいの最悪事態を想定して対策を立てる!
それが正しい危機管理というものだ。
2014/07/04(金)  たまには講演も緊張感があってEー
串良ロータリクラブで「大隅」を語った
講演
先月の23日、鷲は串良ロータリークラブの例会で講話をした。
その冒頭で、米国株式市場の高騰を予測した。
米国経済を悲観する(「ドル崩壊近し」とか「デフォルトもありえる」)を方が多い地方経済人たちは怪訝(けげん)な表情を見せたが、鷲がチャートをもとに説明すると少しは納得されたようだ。
昨夜、米国米国株式市場は、独立記念日前の打ち上げ花火さながらに急騰し、1万7000ドルを突破した。
アメリカ合衆国。腐っても鯛である。痩せても枯れても、いまだ世界の覇権国家である。
そのアメリカが、凶暴な軍事力ではなく、工業生産力でもなく、金融資本主義(賤民資本主義)国家として必死に生き残ろうとしている…。その証(あかし)の一つが、「1万7000ドル」という数字なのだろう。

米国の株式市場の予測をしたあと、鷲は次のように語った。
私たちは、米国など外国のことより、「日本の元気」を取り戻す方策を考えねばならない時期にきています。

日本の歴史は、その節目節目で「九州」あるいは「薩摩」が大きく活躍してきました。
日本の建国にしてからが、建国の地は「九州」で、天武天皇は九州の地で初代の「天皇」を名乗り、国名を「日本」としました。

その直前、小野妹子が遣隋使として役目を果たし、隋の答礼使・裴世清を伴ってヤマト国に帰国しました。
ヤマト国には阿蘇山という火を噴く山があって、ヤマト国の王の名は「アメノタリシヒコ」と、中国の正史『隋書』には記されています。
しかり! 隋の時代から、日本の歴史は九州を中心に動いていたのでしだ。

南北朝、とくに南朝の皇脈が守られてきたのも九州でしたし、幕末の篤姫の活躍も、明治維新の激動も薩摩が主導してきました。

そして、今、日本は、ふたたび大きな歴史の節目に差し掛かっており、時代は日本の復興と変革の主導力を薩摩=鹿児島に発揮するように求めています。

特に今回はフクシマの問題があり、鹿児島産の清浄で安全な食料品の生産と供給への需要と期待が高まっています。
とりわけ大隅産の農産物は、免疫力を大きく向上させるお茶や、米や野菜や根菜、はては食肉や魚類にも安全性の面で大きな期待が高まっている。

私の場合は、大隅産の日本蜜蜂の蜂蜜(百花蜜)の販売をはじめたところ、爆発的な売れ行きと人気を博しました。

さらに、大隅半島の大地そのものが避難や疎開を受け入れに充分な広さと自然環境を併せ持っています。

日本を救い、復興させるパワー(元気)は鹿児島から! とくに大隅の頑張りが今ほど要請される時代は、かつてなかったはずです。

大隅を代表する有能なリーダー集団・串良ロータリークラブの「気張り」に大きな期待を表明いたします。
2014/07/03(木)2  日本人は泣かない ワメかない
大袈裟に泣きわめく この男の正体
あさましいほどの泣きっぷり、ワメキッぷりでR。
号泣につぐ号泣でR。その合間に水を朝鮮飲み…。
この男、ほんと、火病(ふぁびょ)るのが上手い猫~(爆)

公衆の面前で号泣したりして喜怒哀楽を噴出させることを潔し(いさぎよし)としないヒトは朝鮮人にもいる(両班(りゃんばん)階級)。

しかし!日本人は、何があろうともタマげない。

大地震や大津波などの天変地異も平然とヤリすごし、敵に殺されるようなことがあっても、粛々と「天皇陛下万歳!」 あるいは「おかーさん!」と静かに言い放って死んでゆく。

連日連夜、放射能が街に降りそそぎ、凶悪な放射性物質が家の中どころか肺の中にまで侵入してもジッと我慢して耐え忍び、大声で抗議するようなことなど一切せず、抗議するヒトには「風評被害だ」と言って音なしくしてもらい…、逆にフクシマの放射能食品を買って食べて応援しよう!という国民運動までヤル。

だっから、日本人は、これからも、泣かず、ワメかず、一切騒がずに、何事もジッと耐え忍んで、静かに死んでいこーな!
なんちゃって。
2014/07/03(木) 珍獣奇獣のごとき老人の侠気と狂気
客も珍獣や奇獣のたぐいが多い
珍獣 奇獣
鷲は珍獣奇獣のたぐいの人寄せ老人であるようだ。
「顔が見てみたい。どんな生活をしているか観察したい。」
こんな↑動機で大阪や東京から船や飛行機に乗って鷲に会いにくる…。
きのう来た女性(35才と41才)は、鷲の顔を見るなり、
「写真で見る顔と同じですね!」 と言うが、珍獣・奇獣を見る目つき…。
で、延々と話をして、夕食会になり、宴会になり、地元の仲間たちと大酒を呑んで、唄を歌って、大騒ぎして、「飯山センセの家に泊まりた~い!」と言うので布団を敷いてあげるとサッサと寝てしまう…。
これだもん、鷲も、友だちが増えるワケだわ!

鷲のところには、ほんと、色んな客が来る。
頭が痛いのは、そして胸がいたむのは…、
「ガンの末期!」「余命三ヶ月!」とかと言われ、うちひしがれて、最後の望みをかけて鷲に会いに来る“ガンの患者”が多いことだ。

“胆管ガンの末期”と診断されたS氏は、東京から来た。
S氏は今年のはじめ、あまりに激しい腹痛に救急車で都立広尾病院に搬送され、そのまま入院。
入院中に胆管にステント(=パイプ)を挿入され、胆管ガンだと言われ、抗癌剤の使用を迫られた。

「あなたのガンは放置すると余命三ヶ月です!ですから抗癌剤治療をしましょう!」と、何回も何回も執拗に、オドスように迫られたという。

「広尾病院は国立がんセンターと契約ができたので、新しい抗癌剤も使用できます。早く決心して下さい!」と、何度も何度も執拗に、オドスように迫られたという。

このことを聞いた別の病院の医師が「飯山一郎さんに相談してみたら…」というので、S氏は奥様と一緒にはるばる志布志まで来た、というワケだ。

S氏の「ガン」は、広尾病院の医者が言うような致命的なガンではない!
余命三ヶ月!というような致命的な胆管ガンなど、医者がデッチアゲたウソだ!抗癌剤を強制するためのショック・ドクトリンだ!
などと、鷲はコンコンと説明した。

そのあと、夕食会になり、宴会になり、地元の仲間たちと(医者から禁止された)酒を呑んで、唄を歌って、大騒ぎをして、S氏は奥様と一緒に元気にホテルに帰っていった…。昨夜のことだった

昨夜の宴会の席上、大阪からきた女性(41)が言った。
「なんか、ものすごくガンの患者が増えてますね!」

「それは医者が無闇矢鱈にガンを宣告しているからだよ!」
と鷲は答えた。
これを聞いたS氏は、奥様と一緒に深くうなずいていた…。

放射能による災禍と、悪徳医師たちによる強引なガン治療で日本の人口は激減するだろう…、と、鷲は悪寒にうちふるえた。
2014/07/02(水)  名人や匠(たくみ)は 気ままに生きている
昨日、特異な整体術で腰痛を一発解消させてしまう名人の話を書いたところ問い合わせが殺到している。

この整体術の名人(U氏)は、じつは、国が認めた整体師ではなく、整体を商売にしているわけではない。

U氏は様々な技術を駆使して人を助けることは好きだが…、温泉まわりも好きなので九州各地の温泉を転々と泊まり歩く自由気ままな生活を送っている。

U氏は、鷲の家には月に2~3回ほどヒョイと訪ねてきて、夜は焼酎を飲みながら歓談し、そのまま鷲の家に泊まっていく…。そういう仲だ。

世の中には腰痛もちの人間が結構多いので整形外科は大繁盛だが、手術や鎮痛剤などの対症療法でロクでもない医術でしかない。

U氏のように本当の医術をわきまえ、匠(たくみ)のワザをもつ名人は、やはり野で咲け蓮華草で、世の中には結構おられる。

どうか病院に行くことは止めて、自分の街の鍼灸師や整体師のワザを確かめるために、あちこち歩きまわってはどうか?

やたらめったらガンの宣告を乱発したり、過剰医療ばかりする病院には絶対にいない本物の医療の名人と出会えるはずだ。

出会えなくても、街を歩きまわっているうちに、腰痛などケロリとなおってしまう可能性だってあるのだから…。
医者に  
2014/07/01(火) 現代西洋医学が完全敗北した瞬間の写真
20年来の腰痛が一発解消!
一発整体芸
「代替医療」という分野の医療行為がある。
鍼灸(はりきゅう)とか、按摩、整体医療法、カイロプラクティックなど、現代西洋医学が主流の医療を補完する医療行為のことだ。
現代西洋医学の医師が、上から目線で多少の軽蔑をこめて言う場合もあるが…、どっこい!

猿と違って、人間は二足歩行が常態だ。
二足歩行が出来るようになった猿は、脊椎の上に頭が置けるので、大きくて重い大脳が発達し、やがて類人猿から人間に進化していった。

その大きい頭脳の重量が最もかかる部位は、腰(こし)で…、これが腰痛(ようつう)の原因である。

もっとも激烈な腰痛は、ギックリ腰と椎間板ヘルニアだろう。この両者を医師は区別するが…、いずれの場合も医師は簡単には治せない。

病院での椎間板ヘルニアの治療は、部位が悪いと、開腹手術で腸を外に出してから脊髄をイジる!という大変な手術になる。この手術は失敗も多い。

ところが! 鷲の友人の整体師(熊本の「民間人」)は、ギックリ腰でも椎間板ヘルニアでも、わずか5分の間に、大腿部の骨と、腰の骨をバン! バン!と強力に二押しするだけで、治してしまう。

アッ!と言う間に腰痛を直してしまう そのワザは、それは見事なもので、見る者(ギャラリー)すべてが「うわーー、すげーーッ!」と感嘆の声をあげる。

4~5日前に撮った上の写真は…、
10何年もの間、重篤な腰痛に悩んできた70才近いオッサンの腰痛を瞬間的に治してしまった時のものだ。

上の「民間人」といい、「養生法の探求」氏といい、病院の医師をはるかにしのぐ医療技術をもっている。

つーか、対症療法だけで病気を根本から治すことができない現代西洋医学は、退場!クビ!鼠~こと。
2008/04/01(火) 「大概大概=てげてげ=低下低下」の命名由来
 このコラム『低下低下=てげてげ』の「てげてげ」は、鹿児島・宮崎弁である。
 漢字で書くと「大概大概」。意味は「適当、大雑把、いい加減」。和製英語で言えば、アバウト。これを鹿児島では良い意味にも、悪い意味にも使う。
 そういえば、鹿児島人そのものが「てげてげ」だな。…良くも悪くも。ハハハ。
 だから、このコラム、鹿児島人にならって、私も「てげてげ」でいきたい!
.
 それで、新コラムのテーマは「低下」。株価の低下、ガソリン税の低下、アメリカ経済の低下、ドルの低下、自公政権支持率の低下…、みーんな良いことなんです! という発想で世界と日本を縦横に斬っていく所存。乞ご期待。        (飯山一郎)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |次ページ >>

.

【サイト内検索】

Yahoo!検索


おやすみなさい

いかに永く生きたかではなく いかに良く生きたかが問題だ。(セネカ)
☆GRNBA☆

↓【籠城作戦・どうしても外出(脱出)しなければいけない時】↓

Twitterボタン

↓放射能ゼロの産直玄米↓
安全!和香園のお茶

もう一台!↓56% OFF!

あったか↓お風呂で免疫力

飯山一郎ブランドの豆乳


シャープの空気清浄機と掃除機と乳酸菌で自宅に『放射能ゼロ空間』をつくろう。
避難は自宅の『放射能ゼロ空間』が最適だ。


蓬葉の乳酸菌をグルンバで拡大培養した世界最高峰の乳酸菌。『蓬龍宝(ほうろんぽう)



大変↓お買い得です



安心農園ヤマノは、乳酸菌農業をはじめました。

鷲の推薦図書
↓表紙をクリックして買う↓
めぐみ  きのこ
後藤利夫  落合莞爾
略奪者のロジック  独りファシズム
スターピープル  黒潮文明論
卑弥呼の正体  古代史犯罪
お金の秘密  放射能生活
検察の罠  最高裁の罠
戦後史の正体  倭の正体
  さらば暴政  生命知の殿堂
仙人食を目指せ!
↓表紙をクリックして買う↓
ほとんど  やめました
不食  長生きしたければ
超少食  半日断食
食べない健康法  体温力
空腹療法  食べない人は
空腹力  断食力


鷲が載ってる↓Eー月刊誌

 ▲TOP   ▲TOP  ロケット1