放射能が降る街に住み,しぶとく生き残る知恵を!
ご意見やご質問は 『放知技』 へ書き込んでください。 ^g^/
◎ 「」という字は 「チュ~」、「」は 「も~」、「」は 「にゃ~」、「」は「とん」、 
」は 「ちょ」と読んで【お知らせ】 飯山一郎のメインは http://grnba.jpです◎
2017/02/20(月)  今の自民党は,反戦争屋の政党!
党を挙げてトランプ支持!
高村副総裁のトランプ応援節♪
ASAdig
朝日新聞デジタル - 2017年2月19日
大統領の傷に塩すり込むな,高村氏
高村副総裁
■高村正彦・自民党副総裁
(日米首脳会談で安倍晋三首相がトランプ大統領に対し、中東諸国などからの入国を禁じる大統領令について厳しい指摘をしなかったと批判されていることについて)
あの時点では、大統領令が裁判所に取り消されていた。

傷ついている人に、塩をすり込むようなことを言う必要はない。友人としてのアドバイスを、表で声高に言うことが友人としてのアドバイスじゃない。

日本の外交は日米基軸。今までも、今も、これからもそうだ。

米国民が選んだただ一人の大統領がトランプさん。

好きな人も嫌いな人もいるだろうが、オバマさんが選ばれた時はオバマさん、トランプさんが選ばれた時はトランプさん。

しっかり付き合うのは、当たり前。当たり前のことをして何で(批判的な)話になるのか、理解できない。 (NHKの討論番組で) (記事)
トランプ以前の日本は…
国政の全てをネオコン・米国軍産体制・戦争屋の連中が…
日本の国富を勝手放題に収奪しながら仕切っていました.
その連中に,とくに自民党は頭が上がりませんでした.
こういう連中です.
JapnHandrer
この連中は「ネオコン・米国軍産・戦争屋勢力」,別名「ジャパン・ハンドラーズ」と呼ばれ,自民党をアゴで使って,日本の国富を好き勝手放題に収奪してきました.
その悪辣な連中を,安倍晋三は見事に叩き切って…
反戦争屋のトランプ陣営に参陣しました.
これは従来の日本の支配者=ネオコン・戦争屋陣営から見れば,裏切り・反逆・反乱・下克上・クーデタ・革命です.
分かりますよね?

こうして今,ニッポンの自民党は,党を挙げて,反戦争屋の政党になったのです!
それは,上の記事,高村正彦・自民党副総裁閣下の物言いからしても明確でしょ?

しかし,いま,自民党の大変身=日本国の大変化を理解できずに…,アタマがクルクル・コンガラかっちゃって,今だに「安倍憎し!」の憎悪心ムキだしで「アベ叩き」をヤッてるシトが多い.

でもソレは…,思考能力・認識能力・判断能力がフのホにヤラれちゃってるので,仕方ないと思います.
フのホで劣化した脳を治すクスリは,ないのですから.
飯山 一郎(71)
2017/02/19(日)2  泣く子も黙る 『長期保ち合い・下放れ』
初戻しは売れ (必ず下がる!)
『長期保ち合い・下放れ』神ってるパターンです
円・ドル相場の日足
足
拡大
100発97中ぐらいかな? ワシのチャート解説は,けっこう当たるので人気番組だ.
じつは,これ,ワシが当てているのではなく,「罫線理論」が当てているのだが…www
泣く子も黙る 『長期保ち合い・下放れ』! ← この罫線理論は,江戸時代の日本人の発明だ.
これが,じつに良く当たるのだ.昔のヒトは偉かった.
だっから,今回も当たるでしょ~! (鴨,爆)
飯山 一郎(71)
2017/02/19(日)  以前は許されなかった日露緊密化外交を…
岸田外相が積極展開中!
親露のフリンは追放親露の岸田は堂々!
文字
SPUTNIK
岸田外相 4島の共同経済活動の両首脳の指示を早急に遂行したい
『スプートニク』 2017年02月18日 http://sptnkne.ws/d9gH
文字
SPUTNIK
ラヴロフ外相 東京で岸田外相と会談へ
『スプートニク』 2017年02月18日 http://sptnkne.ws/d9rX
  • フリンがトランプ内閣から追放された.この原因は何か?
  • その理由は只ひとつ.フリンが「親露」だったからだ.
  • 今も昔も,アメリカの政治を牛耳ってきたのは,ネオコン+軍産複合体(戦争屋勢力)だ.
  • ネオコンとは,元々はソ連を追放された「極左トロツキスト」と言われる連中で,ソ連やロシアを悪魔のように嫌っている.
  • ネオコンの政治的・軍事的目標は,1つしかない.何か?
  • それは,ロシアを叩きツブすこと!! これだけなのだ.
  • 現在のロシアは,ハートランド(ユーラシア大陸の中核・中軸地帯)を完全に支配する帝国になった.
  • ネオコンにとっては,これがシャクでたまらないのだ.
  • ウクライナでの激烈な紛争も,ソロスやヌーランドなどの過激ネオコンが,ロシアをツブすことが目的だった.
  • このように,ネオコンは,ロシアを支持し,ロシアを助ける者を,徹底的叩きツブす! あるいは,殺す.
  • だからフリンも,徹底的に叩きツブされる前に自分から去った.
  • トランプ大統領がフリンを守らず,守れず,さらに,「反露的」になったのは,「暗殺」の恐怖があったからだ.
  • 歴代アメリカ大統領の「最大の懸念」は,「暗殺の恐怖」だった.バラク・オバマの政治がブレまくったのは,「暗殺のオドシ」があったからだ.
  • ところが!である.
  • 「ロシアを支持しロシアを助ける者は,徹底的に叩きツブす!あるいは,殺す!」というネオコンの悪辣さを熟知しながら…
  • 「友好な関係」以上の「緊密な融和関係」を結ぶ政策を進めている政治家が,なんと,日本にゐるのだ.
  • その政治家とは,安倍晋三と岸田文雄と麻生太郎の三名.
  • 彼らの「ロシア融和政策」とは,『クリルの共同開発』であり…
  • 3月20日,東京での2+2フォーマット協議』だ.
  • このような対ロシア融和外交は,以前なら絶対に許されない外交政策なのだ.
  • それが今,安倍晋三総理大臣と岸田文雄外務大臣は,ロシアとの緊密化外交を(命懸けで)進めている!
  • この二名の政治家の(命懸けの)外交折衝を知ってか知らずか,日本の識者やマスコミは,「森友学園疑惑」を憎しみを込めて「告発」し,騒ぎ立てている.
  • 安倍晋三,投げるなよ! ぐあんばるんだぞ! 戦争屋の手羽先なんかに負けるな!
  • ワシも…,安倍晋三にエールを送る!な~んて時代が来るとは思わんかった(爆)
飯山 一郎(71)
2017/02/18(土)2  アタマのなかは昔のまんま
考え方を切り替えて猪!
トランプが大統領に当選した瞬間から,世界は,大きく変わった!
安倍晋三が,トランプと親密になった瞬間から,日本も大変化!
このことをシッカリ認識しないと,誤る!
ど~ゆ~ことなのか? こ~ゆ~ことだ.
日本の支配者が『ネオコン戦争屋』ではなくなった!
『ヒラリーというネオコン戦争屋』と激烈に戦ってきたトランプが米国大統領選に辛勝した.
そのトランプ大統領は当選後も,ネオコン戦争屋・マスコミを敵に回して,相変わらず激しい闘いの日々.
そ~ゆ~トランプ大統領の陣営に,51兆円もの「支援金」を持参して馳せ参じたのが,誰あろう,機を見るに敏な安倍晋三だ.
これで安倍晋三は,非戦争屋・反ネオコンのトランプ陣営にハッキリと参加・参陣したワケだ.
このことは,日本国の従来の支配者=戦争屋ネオコンからみれば…,『安倍晋三は敵に寝返った敵!』ということになる.
だっから,これから,安倍晋三は,戦争屋ネオコンの手羽先であるマスコミから総攻撃を受けることになる.
実際,その攻撃=安倍晋三ツブしは,すでに始まっており…,『週刊新潮』と『週刊文春』などは,協同して「安倍晋三ツブしの誹謗中傷」を大々的に始めている.
その「安倍晋三ツブシ」の爆弾ネタが「森友学園問題」だ.
これは「飛ばしネタ」で,安倍晋三は全く関与していない!
飯山一郎が『破武(中村正臣)』という横領罪犯に利用されたよ~に,安倍晋三も,総理の名前を勝手に騙った森友学園に利用された.
それなのに…,鬼の首を取ったよ~に,森友学園ネタで安倍晋三を攻めたてる!
われわれ日本人愛国者の敵は,日本を勝手放題に支配してきたアメリカの戦争屋ネオコンなのだ.
安倍晋三は,いま現在は,ネオコンと戦うトランプやプーチンと組んでいるのだ!
この事実をシッカリと考えてもらいたい.
考え方を切り替えて欲しい.
敵が味方になった! それが安倍晋三である!鼠~こと.
韓国・清州市にて 飯山 一郎(71)
2017/02/18(土)  本日は『清州市』に行きます
韓国の清州市に…
乳酸菌の大量培養プラントをつくりに行きます
韓国青州市
清州市の『上党山城』,控南門(南門)の遠景
  • 韓国の清州市に大規模な乳酸菌大量培養工場をつくる.
  • 大型グルンバによる豚ふん尿や生ゴミの処理工場もつくる.
  • 豚ふん尿や生ゴミを乳酸発酵させて,完全発酵有機肥料をつくり,化成肥料で痩せた農地を改良する仕事も始めます.
  • 中国の『青州市』の乳酸菌培養工場は,ワシの設計図を見ず,勝手放題につくったので,今は良く動いてないよ~です.
  • 暖かくなったら,中国・青州市にも行きますからね!
  • 2月は,韓国の清州市で仕事をします.
  • 大成功している済州島の乳酸菌培養工場のスタッフも,全員,清州市に行きます.
  • ワシが設計して,ワシが完璧に指導してつくる乳酸菌培養工場.これは間違いなく上手くいきます!
  • なにしろ,済州島の韓国人スタッフとは2ヶ月近くも寝食を共にして,ワシのグルンバ理論と技術の詳細を克明に教えた.
  • そ~して,今回は全てをワシの言うとおりに作る!
  • だから大成功は間違いなし.
  • げんに済州島では大成功している.
  • おっと,出発の時間です.この続きは,また後で…
飯山 一郎(71)
2017/02/17(金)2  プーチンとラブロフは,政治と外交のプロ
諜報と謀略のプロでもある
ティラーソンは政治も外交も今は素人
ラブロフとティラーソン
SPUTNIK
ラヴロフ外相:露米の全ての意見の相違を一度に克服することはできない
『スプートニク』 2017年02月17日 http://sptnkne.ws/d89D
ドイツ西部ボンで米国のティラーソン新国務長官とロシアのラヴロフ外相が会談した。両氏は二国間の議題や、特に世界的な危機などの国際問題について議論した。

ラヴロフ外相は、ティラーソン国務長官側から米大統領が表明した損なわれた二国関係の期間を克服する用意が確認されたと指摘した。

一方でラヴロフ外相は会談を総括し、関係では常に合意を必要とする問題が残るとし、全ての意見の相違を一度に克服することはもちろんできないと付け加えた。

ドイツ西部ボンでロシアのラヴロフ外相とティラーソン米国務長官がG20外相会合を前に会談した。

これはこのようなハイレベルでのロシア政府とトランプ政権代表者による初の個人的接触となった。
  • 今回は『スプートニク』の記事を全文収録した.
  • 「含み」が多すぎる文章であり,難解な文章でもある.
  • これを,ど~解釈するか? これが難問なんだが…
  • よ~するにこ~ゆ~ことだ.
  • この1週間の間に,トランプ大統領は,「親露」から「反露」に方針を大転換!
  • フリンを追放した後のトランプ政権は,ティラーソン国務長官を除いて,反露のネオコン戦争屋が国家権力を握ってしまった.
  • 新任のポンペオCIA長官も「反露」を改めて表明,狂犬・マティス国防長官などはNATO軍をソソのかしてロシア攻撃を暗示する始末.
  • こ~ゆ~政治状況なのに,ティラーソン国務長官はドイツのボンで,「米露の関係修復」を脳天気に表明した…
  • その呑気なティラーソンを,ラブロフが優しくたしなめた…
  • これが上の『スプートニク』の意味深な記事.
  • ラブロフ(そしてプーチン)の真意はこ~だ.
  • 『ティラーソンさんよ,今は雌伏の時だ.今は成り行きにまかせて,ジーッと観察しながら耐える!そ~しているうちに,凶暴な戦争屋ネオコンは,必ずボロを出す.中東か南沙かアメリカ国内で無茶な武力=暴力を行使する.そして自滅する!
    あと2ヶ月,淡々と静観しませんか?』
  • かくして,米国の反露・戦争屋ネオコンは,プーチンが「処理」することになる.三国志演義そのままの劇的な「知略・謀略戦」が楽しめるハズだ.
  • アベは,プーチンとトランプ,二人の親分に仕えることになる.
飯山 一郎(71)
2017/02/17(金)  いま,トランプの側近は,すべて反露ネオコン
ティラーソンだけが親露
トランプも親露だったが一晩で反露にww
ブレてるのは…
ブレないプーチン
ブレまくるトランプ
  • フリンが去った途端,トランプ大統領はブレまくりだ.
  • これは,フリン追放後,大統領の側近が,反露ネオコンだらけになってしまったからだ.
  • それで元々は親露だったトランプも,反露ネオコンたちのオドシとスカシに乗って,反露になっちゃた,と.
  • オドシというのは…,
    フリンが去ったので「暗殺対策」が万全ではなくなった…
    『ワシントンにも暗殺専門のプロが…,大統領,ココは1つ親露発言は慎まれて…』てな感じ.
  • 『ロシアは,いま,ウクライナやクリミアで非常に好戦的になってます!それで,マティス国防長官やポンペオ新CIA長官が,NATO軍に指示して,万全のロシア対策を整えようとして頑張っています!』
  • 『大統領,ロシア対策はマティス国防長官に任せましょう!』
  • この程度の話でトランプ大統領は,コロリとロシアに対する考え方を変えてしまう….暗愚な殿様そのもの.
  • しかし,トランプが大ブレしたのは…,「フリン追放人事」と「対ロシア外交」 ← これだけだ.
  • あとのイシュー(課題)は,何ら変わってはいない.
  • 米国国内への『大規模なインフラ整備』
  • 『税制改革(米国への利益還流法人税改革)』
  • 『雇用拡大のための企業帰国政策』等々は…
  • トランプ政権は総力をあげて進めていくだろう.
  • 国際政治に関しては暗愚な殿様も,金儲けは大好きなのだ.
  • いま,お殿様の『大規模なインフラ整備』に対して…
  • 日本が官民をあげて,50~100兆円の投資を行う!
  • これは日本の国益にとって必要な投資だし…
  • 見事なほど「時宜」にかなっている!
  • こ~ゆ~視点…,ワシは,あってもE~と思う.
  • ワシや皆さんが賛成しよ~が反対しよ~が…,安倍政権と目ざとい日本企業は,米国投資をガンガン進めていく.
  • ソフトバンクみたいに…
飯山 一郎(71)
2017/02/16(木)2  案の定 トランプぶれて ロシア斬り
ネオコンに屈服 哀れなり
米国は,ウソつきメディアにウソつき大統領
案の定
SPUTNIK
トランプ大統領:オバマ氏はロシアに対して優しすぎたのではないだろうか?
『スプートニク』 2017年02月15日 http://sptnkne.ws/d7ZX

トランプ米大統領は、クリミアはオバマ前政権の時代にロシアの一部になったと言及し、オバマ前大統領はロシアに対して優しすぎたのではないだろうかと疑問を呈した。

トランプ米大統領はツイッターに、「クリミアはオバマ大統領の任期中にロシアに奪われた。オバマ氏はロシアに対して優しすぎたのではないだろうか?」と投稿した。
  • ロシアとは仲良くする! プーチンを尊敬する!こ~いった前言をイケシャ~シャ~と反故(ほご)にしちゃったトランプ大統領.
  • 案の定…,フリン不在のホワイトハウスは,暗殺に対して無防備になっちゃった.
  • 米国の大統領の最大の懸念は「暗殺」で,暗殺のオドシには弱い.てか(オバマのよ~に)屈服せざるを得ない.
  • 本日16日.ロシアのラブロフ外相とティラーソン米国務長官が,20カ国地域(G20)外相会議が開かれるドイツのボンで初会談するが…
  • ブレるトランプ,ブレないプーチン.この二人を「犬猿の仲」にしようとするネオコン戦争屋の策略に対抗する「秘訣」が,ラブロフからティラーソンに伝授される.
  • ともかく,いま,トランプ暗殺の線は,消えた.
飯山 一郎(71)
2017/02/16(木)  トランプ:ブレまくり,迷走!瞑想せず
深い政治哲学なし!
単なる成金のオッサンオベッカに弱い
おべっか
「中東はイスラエル1国体制」でもE~!と.トランプの暴走が始まった?
  • オベッカの上手い側近の言いなりになって…
  • 台湾を斬り捨て,習近平に電話して「中国は1つ」
  • あれほど中国と日本を口撃してたのに…
  • 気分次第でアベッチを異常に可愛がり…
  • 本当に可愛がるべきフリンは守らず,冷酷に斬り捨て.
  • フリンの後継は,軍産ロッキードからロバート・ハワード氏.
  • 「尊敬するプーチン」への気持ちも薄れかけ…
  • ネタニヤフには「中東はイスラエル1つでE~」と.
  • トランプは,やっぱ,単なる成金のオッサンだった?
  • そんな失望が味方の親トランプ派にも広がり始め…
  • 株価だけがソロスの踏み上げで異常に暴騰.
  • ウォーレン・バフェットの買い煽りで,近々大暴騰!
  • しっかし,見てな.
  • NYダウは,21490ドル近辺までは大暴騰するが…
  • 21490ドル近辺から,雪崩のよ~な大崩壊.大暴落!
  • この大崩壊で,トランプ景気への夢が一気に冷め…
  • アメリカは,戦争屋ネオコンが完全に復活し…
  • 習近平・プーチン連合を激しく挑発.局地的な戦闘も.
  • その戦闘の先頭に,あわれアベッチの自衛隊が出動
  • 最後は…,軍事的にも経済的にも日米が同時に没落!
  • とまれ,ビシッ!と一本,絶対にブレないスジの通った深い政治哲学がトランプには無かったコトがバレてしまった今…
  • トランプのアメリカは,迷走するばかりになる.
  • プーチンは,いま,深い瞑想のなかで,虎退治を構想中.
飯山 一郎(71)
2017/02/15(水)  項羽は范増を切り,トランプはフリンを切った
泣かずにフリンを斬った
株式市場は踏み上げ相場継続!
NYダウの日足
460日足
拡大
  • 昨日の東京株式市場は,「東芝危機」と「フリン辞任ショック」で大幅安だったが…
  • 昨夜のNY株式市場は,終値は92ドル高でダウは4日続伸.
  • 米国の株式市場は,たった一晩で「ホワイトハウス初の危機」(仏フィガロ紙)を織り込んでしまった.
  • フリンのよ~な「親ロシア」を追放することがネオコンの目的なので,フリンが辞めたので一件落着!とゆ~ところか?
  • 今回のフリン追放劇の本質は,トランプ親分が虎の子の忠臣=フリンを守らなかった,守れなかった!ということ.
  • ま,トランプって男は↑↑こ~ゆ~姦物でもある!という視点は,今後は必要だろう.
  • フリンが辞めたあと…,ふと気づくと,トランプ政権は,ネオコンとゴロツキと湯田屋人だらけになっていて…
  • たとえば,今回フリンを斬った極右のスティーブ・バノンといった黒幕は,トランプ政権の獅子身中のゴロツキ害虫だ.
  • いっぽう日本は,フリンが辞任しても,大勢は変わらない!
  • つまり,悪辣な米国戦争屋,アーミテージやマイケル・グリーンが,またまた日本の支配者となって復活する,な~んてことは,ない!
  • アーミテージとマイケル・グリーンは,大統領選挙中に,再三再四,トランプを悪し様に罵倒しつづけたA級戦犯.
  • この二名のA級戦犯を,トランプと娘のイバァンカは,絶対に許さない!
  • ニッポン国の統治者・支配者・殿様は,トランプ閣下である!つ~体制は変わりません.
  • そ~して安倍晋三は,トランプによる日本支配の最大の協力者,代理人,お代官様ですから…,トランプ一族に貢献し続けます.
  • だっからトランプ一族にとって,安倍晋三ほどカワユイ人間はいない.
  • こ~ゆ~ウラ事情があったので先ごろ安倍晋三はフロリダで異例の接待を受け,異常な可愛がり方をされたのです.
  • これは日本にとってはE~ことです.
  • トランプ閣下のほ~が,今までの支配者(戦争屋)より遥かにE~し,ビジネスチャンスも広がる.
  • その証拠に,「トランプ・アベのコンビ」に夢と希望を託した株式市場は,上がる一方.
  • この株価高騰は,トランプ暗殺の日まで続きます.
飯山 一郎(71)
2017/02/14(火)3  ちょっと深刻なニュースが…
フリン米大統領補佐官が辞任
ロシア対応疑惑,政権に打撃
トランプ政権の大黒柱が…CIAの策略成功か
MichaelFlynn
米ホワイトハウスは13日、フリン米大統領補佐官(安全保障問題担当)が辞任したと発表した。
フリン氏は昨年末、駐米ロシア大使と電話で協議し、対露制裁解除について話していた疑いが持たれていた。
対露関係の改善を目指していたトランプ政権にとって大きな打撃になるとみられる。 (記事)

  • トランプ大統領がフリン元中将を守りきれなかった?
  • もしそうなら,トランプ大統領の政権基盤は,グラグラに…
  • 株式市場が,日米ともに不安感で下落している…
  • フリン辞任!というニュースは,かなり深刻である
  • 誤報であればE~のだが…
飯山 一郎(71)
2017/02/14(火)2 世界は大変革期にある! この認識がないと…
判断が大きく誤る!
  • 人間は,「出会い」で変わる.
  • 安倍晋三も,トランプとの「出会い」で人間が変わった
  • 今月10日前後に…,トランプも,マイク・ペンスも,習近平も,李克強も,安倍晋三も,麻生太郎も,み~んながニコニコ,穏やかになって,和気あいあい,丸でヒトが変わったよ~になって…,実際,ヒトが変わっちゃった!
  • 国家指導者の意識が変われば,当然に世界も変わる!
  • 懸念された米中衝突も,トランプ・習近平の和解で問題解消
  • 大統領が変わったので,米国株が高騰し,経済は順調
  • 日本も,安倍晋三がトランプと組み,戦争屋を撤退させた
  • ともかく,今,世界は,何百年に一度の大変革期!
  • このことをキチンと認識できないシトは…
  • 旧態依然のズッコケた意識のまま,グチをこぼすだけ.
  • 旧態一新!新しい世界をチャンと認識できるよ~に…
  • 考え方を切り替えて,アナタ自身が変わらないとイケナイ.
  • 「変化」を見抜く眼力をつけ,知性を磨かないとイケナイ.
  • ワシも,ヘラヘラしたボケ老人でしたが,変わりました!
ほら! ヒゲを生やして雄々しい表情
ヒゲ
飯山 一郎(71)
2017/02/14(火)  アベッチほど馬鹿にされた総理はいない
馬鹿と言われて早や10年
漢字が読めない書けない人気がない長所がない
アホ馬鹿
  • 小泉純一郎は,人気があって,頓知があって,勇気があって,北朝鮮に行ったww ブレーンは竹中平蔵.
  • 安倍晋三は,長所が全然なくて,10年間も馬鹿にされどおしで,米国に行ったww ブレーンは岸田文雄.
  • ここで質問.小泉と安倍,どっちが売国奴か?
  • 答えは『放知技』にでも書いて猪~大寝!
  • それはそ~と,今回の安倍訪米に関して…,
    小沢氏 「カネで何とかご機嫌とり」日米首脳会談受け (記事)
  • オザーさんの「カネで何とかご機嫌とり」という安倍晋三批判は,床屋政談的な低俗な非難なので,ワシはがっかりした.
  • オザーさんは,大衆的な人気はあったが,あの人気は自民党の従米と利権を追う政治がヒドすぎたことの裏返しで…,じつは,「豪腕」といえる政治力はなかったんじゃないか?と.
  • だいたい,『批判』とか『非難』というのは,批判する人間の「思い上がり」が根底にある.
  • たとえば安倍晋三は,10年間も馬鹿にされまくってきたが…,しかし,馬鹿にする側の「上から目線」というか,「立ち位置」ってのは,ものすごい思い上がりなんだよね.
  • ワシもそ~だった.
  • 安倍晋三はウラにいる本当の支配者(米国戦争屋)の操り人形にすぎないのだから,操り人形を叩いても仕様がないだろ!ともワシは言ってきたが….
  • ともかく,批判・非難という行為は,結局は自己満足でしかなくて,何の効果もなくて,無駄で無意味なのだ.
  • アベッチのことを,漢字も読めない馬鹿だ!総理の資格なんてない!早く辞めろ!と,10年間も批判し,非難し続けても,何の効果もなかったっしょ?
  • ワシは,いま,批判しちゃいけない!なんて言ってるんじゃないからね.
  • 批判も非難も好きにヤッてもらってE~んだが…,しかし,批判するヒトたちの「上から目線」と,「さも利口ぶった立ち位置」が,イヤラシイ,と思っちゃうワケ.
  • まぁ,アベッチという一国の総理を叩くってのは,ストレス解消になるし,生活の不安や不満も,その瞬間は忘れられる.
  • けど,それだけなんだよね.言った瞬間だけの(むなしい)快感.
  • 社会批判,政治批判の「虚しさ」,「無意味さ」については,昔,小林秀雄という偉い評論家が徹底的に論じていた.
  • ほんと,下手な政治批判は,何の効果もなくて虚しいので,ワシは牛~止める.生きる姿勢を変えます!
  • 人間,70歳になっても,変われる!ってことが分かったのは,今回,安倍晋三が,邪悪な米国戦争屋勢力という従来の日本の支配者を斬り捨てた!という事実のお陰です.
  • 安倍晋三も,トランプとの「出会い」で大きく変わった.
  • 人間は,そして人生は,「出会い」で変わる.
  • 根っこのところにある「信条」は,ブレてはイケないが…
  • ワシも,トシを忘れて…,これからも変わり続けます!
飯山 一郎(71)
2017/02/13(月)2  北朝鮮のミサイル発射に(心中では)感謝!
より強力な絆が出来た!
トランプ閣下は深刻で安倍は毎度のことと…
深刻な顔
  • 「日米会談に合わせてミサイル発射!」などと,西側のメディアは,金正恩に聞いてきたようなウソ報道.
  • 金正恩は,ミサイル発射の視察には行ったが,これは3週間も前から予定されていたこと.
  • ミサイル発射(今回は改良型ムスダン)は,中国の北方戦区(前の瀋陽軍区)が主導したもので,一番困っているのは,じつは,習近平なのだ.
  • 習近平が何故に困っているか?
  • それは,『北朝鮮』という国はない!『北朝鮮』の実体は『満州国』だ!(記事)に書いたが,中国の東北地方と北朝鮮を防衛する『北方戦区』という中国の軍隊は,金正恩の言いなりなのだ.
  • ま,『北朝鮮』などという国は,ない!ってこと,上の記事を読んで確かめてみて下さい.
  • さて,今回の北朝鮮のミサイル発射で,一番トクをしたのは,我らが日本国の総理大臣=安倍晋三閣下だ.
  • 12日の夕刻.和気あいあいの日米首脳ゴルフ・コンペが終わった直後のミサイル発射で,初体験のトランプ閣下は顔が硬直,体も固まってしまった….
  • そ~して,トランプ閣下は(北朝鮮を非難しながら),「我々米国は、偉大な同盟国である日本と共にある。これは100%だ。そういうことをみなさんに伝えたい。」(記事)とまで言ってしまったのだ.
  • トランプ閣下は,北朝鮮問題を,安倍晋三閣下に丸投げしたのである.
  • しっかし,安倍晋三という漢字も読めない政治家の運の良さを,何と表現したらE~のか?
  • いまのところ,正解は…,『タナからボタもち!』 かな? (爆)
  • 『地獄で仏(トランプ)に会ったよう』 『捨てる神(オバマ)あれば拾う神(トランプ)あり』 なんてのも正解かな?
  • いずれにせよ,いまの安倍晋三閣下の心境は…
    『盆と正月が一緒に来たよう!』 鼠~気分だべな.
飯山 一郎(71)
2017/02/13(月)  小西ひろゆき民進党参議院議員のボロ頭
最低最悪の世界認識
民進党ってのは元々戦争屋の手羽先だ…
小西
現在,上のツイートは消されたので見られません.
  • 小西ひろゆき民進党参議院議員が,顰蹙もんの愚の骨頂ツイートを発信しちゃったので,炎上中だ.
  • そらそ~だ.アベッチはまだしも…www
  • ほかの国の大統領に対して「品格のない顔」という罵倒発言は,発言者の品格どころか,ひいては日本の国会議員の品格が顰蹙ものだ.
  • もっとも,日本の国会議員なんてのは,存在それ自体が顰蹙ものなんだが…,という発言も顰蹙ものかな?(爆)
  • ともかく,いま,トランプとアベッチの「首脳談合」で,日米関係が大きく変わり,米中関係が様変わりし,日本の支配者が戦争屋からトランプ閣下に変わった!云々かんぬん…といった世界の歴史的大変動を全く認識できない阿呆が多すぎるワケで.
  • 株式市場だけは,流石に,これから進展するアメリカ経済の大躍進を先取りしているが…,日米の知識人の大半はマトはずれな批判や非難しか言えなくて…,アタマの中味がピーナッツだったってことがバレバレになっちゃったワケで.
  • これからはアレだ.世界の歴史的な大変動をキチンと認識できるヒトと,小西ひろゆきみたいなパープリンの格差がドンドン拡大してゆくワケで.
  • マトはずれな批判や非難しか言えないシトは,ジョージ・ソロスやジム・ロジャースや副島隆彦や天木直人みたいに,知性どころか,おカネまで失ってしまうコトになるワケで.
  • しかし,飯山一郎みたいなワケあり爺さんでも,世界の流れをチャ~ンと認識できるヒトは,知性や財布や人脈が,それなりに豊かになるワケです.
  • 日米が共に大きく変わった! これがキーワードです.
飯山 一郎(71)
2017/02/12(日)  「異例の厚遇!」と日経新聞は書いたが…
「異常な厚遇」だ罠~www
異例であり,異常であり異様な日米関係!
異常1
異常2
「異例の厚遇」という日経新聞の記事より
  • オバマの時代は,せっかく渡米したのに会ってもらえず,冷遇の極み.
  • トランプ大統領は,雪も氷も解けんばかりの熱烈歓迎!
  • こんな異例で異常で異様な日米関係は,史上初!だ.
  • 日本では,漢字も読めない馬鹿右翼などとバカにされまくったアベッチだが…,アメリカに行くと超VIPの国賓どころか,皇帝陛下,光臨!といった噴霧器.
  • な~んか,アメリカに君臨するアメリカの支配者は,ニッポン!みたいな錯覚はしないが…,トランプ内閣総上げの慇懃・鄭重きわまる接待!
  • いったいぜんたい,これ,ほんと,ど~しちゃったの?
  • 漢字も読めないバカ総理云々(でんでん)つったって…,トランプだって漢字が読めない.
  • 韓国でも漢字が読めるシトなんかいない.
  • だいたい漢字なんてのは中国文化そのものなのだ.
    日本人は中国が大嫌いなクセに,中国文化の神髄ともいえる漢字をありがたがる.
  • いまの時代,漢字なんか読めないほ~が,アホ~のアベッチみたいにエラくなれるん鴨世.

それにしてもだ.
この3~4日の間に,世界=国際社会は,大きく大きく,ほんと,大きく変わった!

先ず日本から言えば…
今までの日本は,イカにも冷酷で残酷なアーミテージみたいな戦争屋のタコ坊主に支配されていたワケだが…

2月の10日からは,仏(ホトケ)のトランプ閣下が,日本を優しく支配するコトになった!

日本国を統治する支配者が変わった! これは,まさしく革命なのだ! ってこと,分かってるシト,少ないけど.

2番目.アメリカ合衆国が大きく変わった!
トランプの政治は,革命,クーデターだ!と,田中宇サンが叫んでいたが,そのと~りだ.

トランプは,「アメリカは今後,他国を武力侵略して他国の政権を倒すことはしない!」と明確に宣言した.

その上で,アメリカは今後,老朽化してボロボロになってしまった社会インフラを復興し,アメリカにだけなかった高速鉄道網などもつくり…

そうして内需を拡大し,雇用を増やし,虐げられていた低所得階層の人々を豊かにする政策を全力で進めていく!とも宣言した.

このトランプ宣言を素直に評価した株式市場は,暴騰に次ぐ暴騰!(来週は,NYだけでなく東京も暴騰します!)

そして3番目は,米中関係.

トランプは,それまでは,台湾総統に電話するわ,中国の通貨政策や南シナ海への海洋進出を厳しく批判するわ,北朝鮮に対して習近平は弱腰過ぎる!などと,中国を挑発しまくってきた.

ところが9日,トランプ大統領は前言を全て撤回し,「中国は1つ!」 などと,ウソみたいなコトを本気で言い出して,中国の習近平国家主席と,一瞬で仲直り!

この米中和解,トランプと習近平の仲直りも,「革命」だ.

4番目は,為替や貿易不均衡の件に関して,米国が厳しいコトや激しいコトを一切全く言わなくなって…,日米の貿易・経済関係の枠組みは,麻生副総理とペンス副大統領が公平・公正な話し合いで決めてゆく!鼠~コトになった.

トランプ大統領などは,「日本が長年に渡り米軍を受け入れてこれたことに感謝する!」などと,ウソみたいなコトを本気で言い出す始末.

これっていったい,ど~なっちゃてるんですか?

5番目は…
この3~4日の間に,トランプも,マイク・ペンスも,習近平も,李克強も,安倍晋三も,麻生太郎も,み~んながニコニコ,穏やかになって,和気あいあい,丸でヒトが変わったよ~になって…,実際,ヒトが変わっちゃった.

以上の1番目から5番目までの巨大な変化,大きな大きな,ほんとに大きな世界の大変化を,ち~とも認識できない阿呆な知識人や投資家が,アメリカにも日本にも,まだまだ仰山います.

でもま,ソレはソレ.
なんつったって,ニッポンは…,
あのバカで漢字も読めない安倍晋三総理大臣が,今までの悪辣な支配者(戦争屋)を叩き斬った!

そ~して日米の関係を,全く新しい未来志向型のフレンドリーなリレーションシップにつくり変えた!(よ~に見える)

めでたし,めでたし!(と,無理しても言いたいwww)
飯山 一郎(71)
2017/02/11(土)3  オバマには嫌われまくったが…
安倍晋三は果報者!
51兆円の効果?いえ アベが可愛いのですww
果報者
トランプ大統領,安倍首相に友好的なハグ! 米国大統領にここまで愛された総理大臣は初めてですww
  • 国のトップや為政者,とくに安倍晋三叩きは,ブログでは喜ばれるのですが…
  • それは,心も財布も貧しいシトたちのガス抜きとストレス解消になるからです.
  • ですが,アタチは,アベッチを批判することはイタチません.
  • カタチはど~あれ,ニッポンの支配者は今までの戦争屋ではなく,トランプ閣下がニッポンの将軍様,お代官様だと,アベッチが決めてくれたのです!
  • ありがたいことです.
  • しかもアベッチは,新しい支配者さまにハグされたり,手を握られたり,可愛がられ放題!
  • このままアメリカに残って,トランプ将軍さまのペットになっちゃってもE~んだから寝!>アベッチ
  • おカネのコトは心配しないで値!
  • 足りなくなったら,50兆円でも100兆円でも,クロッチに刷らせて送るから根!
  • この際なので,(汚れた)日本列島を全~部,アメリカにアゲちゃってもE~んだから猫.
  • 日本人を何百万人単位で奴隷にして,アメリカに奴隷貿易しちゃってもE~んだ死.
  • こんなホまみれの日本列島にゐるよりも,アタチはアメリカに行って奴隷ヤリたい夜.
  • 「日本から来た“乳酸菌奴隷”で~す!」 な~んちゃって,高く買ってもらいたい犬(ワン)
飯山 一郎(71)
2017/02/11(土)2  一夜あけたら反中国から親中国へ変身!
虎が豹になり 君子豹変!
前言撤回.1つの中国を完璧に認める
君子豹変
  • 裏話を話す.情報源は霞が関とだけ言っておく.
  • 習近平国家主席は,じつは,トランプ大統領との電話会談を頑として拒否していた.
  • トランプはオーストラリア首相との電話会談で激しい言葉を連発したが…
  • 習近平国家主席に対しても,「1つの中国なんて現実的ではない!台湾は,事実上,立派な国家だ!」などと,厳しく明言されたら,習近平国家主席の面目は丸つぶれ!
  • ただでさえ政敵の多い習近平国家主席は,国内で苦境に立たされてしまう…
  • ましてトランプ大統領は,中国の通貨政策や南シナ海への海洋進出を厳しく批判し,北朝鮮に対して習近平は弱腰過ぎる!などと,中国を挑発しまくってきた.
  • 人事面でも…,中国ツブしの急先鋒・ピーター・ナバロ米カリフォルニア大教授を対中国政策のトップに据えたり…
  • 中国との軍事衝突も辞さず!と言う狂犬・マティスを国防長官に任命したり…
  • あまりに激しい対中国政策を観察してきたジム・ロジャースなどは,「中国との貿易戦争は壊滅的なものになる!」(記事)として,株を売りまくってきた.
  • ところが! 9日,習近平は,突如,トランプとの電話会談をOK!したのである.
  • いったいぜんたい,(国際政治のウラ社会で)何があったというのか?!
  • 習近平,豹変! トランプも「反中国」から「親中国」へ豹変!
  • 二匹の豹が急変身した!
    一体どんなウラ工作が進展していたのか?
  • 閑話休題.
  • 10日からの日米首脳会談は…,安倍・麻生・岸田が渡米する遥か前から両国の官僚たちが,綿密に打ち合わせ・すり合わせを行ってきた.
  • 情報の分析も,書面の交換も,細部に渡って日米両国の事務官が検証しあい,一つ一つ電子署名をしながら,高度な約束事を公文書として残してゆく….
  • 「外交」とは生半可(なまはんか),中途半端な作業ではないのだ.
  • そ~ゆ~半端ない外交交渉の過程で,今回,最も真剣に検証しあった問題は,「中国プロブレム」,すなわち日米両国が協力しあって行う『中国への連携対応』であった.
  • 「問題の本質」は,じつは,至極単純のコトなのだ.
  • 「否応(いやおう)無し!なんです.否も応もないのです.歴代大統領が認めてきた“1つの中国!” これを,さり気なくスンナリと認めてしまえば,メンツが立った習近平は単純な男ですから…ムニャムニャです.」
  • こ~ゆ~論理でアメリカを説得し…
  • 「大丈夫.トランプは“1つの中国”を完璧に認めます!」
  • こう習近平に伝えて…
  • 日米首脳会談前に,「根回し」を完了していた“静かなるマキャベリスト”がゐた…,と.
  • 以上,本日は,これにて.
飯山 一郎(71)
2017/02/11(土)  ニューヨークタイムズ(2月5日)の風刺漫画
Heng on U.S. Ties with Japan!
アベ! あきらめるな! 日本と
アメリカの関係にしがみつけ!
実際は,トランプがアベを励ましている
Heng-On
  • 「ニューヨーク・タイムズ」が掲載した安倍晋三首相とトランプ大統領の風刺画. (記事)
  • まるで召使いの運転手・安倍が,御主人様のトランプ閣下の言いなりなっている絵図だが…
  • しかし,タイトル(Heng on U.S. Ties with Japan!)は,トランプがアベを励ましている図だ.
  • 励まされながらも,言いなりになってしまうんだろ~が.
  • 今までだって,日本はアメリカの言いなりだったんだし…
  • 以前の御主人様である米国戦争屋より,今度の御主人のトランプ閣下のほ~が,すげ~マシ!だと思う.
  • ともかく日本国は,支配者が変わったのだ!
  • 余計な心配をするより,余計に喜んだほ~がE~んじゃね!
  • 冷酷で陰険なアーミテージやマイケル・グリーンみたいな,カネと利権を収奪しまくりのアメ公なんかより,トランプ閣下のほ~が,よっぽどE~と思うな.
飯山 一郎(71)
2017/02/10(金)2  見えないシトは見えない.
ジム・ロジャースも相場で大損
ジム・ロジャースもソロスと同じで見えてない
貿易戦争は壊滅的なものになる
中国 貿易戦争は壊滅的なものになる.
私はトラ氏の言動を観察している.
トラ氏が何をして其の結果どうなるか考慮に入れたこともない.
彼は常に中国をぶちのめすと言っている.
貿易戦争は全ての人に常に壊滅的結果をもたらす.
貿易戦争では勝者などいない.たとえ勝った側でさえ.
貿易戦争は常に破綻をもたらす.
トラ氏はこんなことには全く無頓着に見える.
彼は歴史上の教訓よりも自分が賢いと思っているようだ.
Thursday, February 9, 2017 Jim Rogers  (記事)
  • 「これは革命,クーデターだ!」と田中宇氏は書いたが…
  • トランプ大統領は米国に壮大な革命を起こそうとしている.
  • その「革命」は,戦争と武力侵略でアメリカという国家が疲弊してきた政治を止め,インフラ整備と税制改革と雇用増大でアメリカという国家を内部から豊かにしてゆく!という革命だ.
  • そういうトランプ革命の意味を理解して評価した株式市場は,株価水準を日々切り上げて,急騰に次ぐ急騰である.
  • しかし,ソロスやジム・ロジャースといった「相場の神様」たちは,「トランプ革命の意味」が全く分からない.
  • ジム・ロジャースにいたっては…,トランプ大統領が本気で中国との壊滅的な貿易戦争を起こそうとしている!と思い込んでしまっている.
  • 見えないシトは,ほんと,見えないのである.
  • 分からないシトは,一生,死ぬまで分からないのだ.
  • ジム・ロジャースも,ソロスと同じく株式相場で大損しているらしいが…,「ムベなるかな!」である.
飯山 一郎(71)
2017/02/10(金)  米中の断絶状態はいつまで続く?
トランプと習近平は犬猿の仲
仲をとりもつのはズバリ岸田
トランプの挑発にうろたえる習近平
不仲
  • 米国の歴代大統領は「一つの中国」を暗に認めてきた…
  • ところがトランプ大統領は,いきなり台湾総統と電話会談!
  • さらにトランプ大統領は,中国の通貨政策,南シナ海での海洋進出,北朝鮮に弱腰などと,中国を挑発しまくった.
  • こ~鳴門,両首脳の関係は激しいウズ潮のよ~な流れ.大波が立つばかり.両首脳は電話会談もできない.
  • 鼠~ワケで,いま,米中両国,両首脳の関係は断絶状態.
  • 中国の味方だったプーチン大統領だが,現在,トランプ大統領とは相思相愛の仲.コレは習近平にとってはシャクのタネ!
  • トランプと習近平.この険悪な両首脳の仲をとりなし,仲をとりもつ仲人は,一体誰がヤルのか?ヤレるのか?
  • そこでトランプ大統領が,ハッ!と気づいたのは,昨年末NYに馳せ参じてきたオベッカ野郎・安倍晋三の側近,(せこい世耕ではなく)岸田文雄外務大臣だった.
  • そ~して,あ~して,こ~なって…,本日,安倍・麻生・岸田の官邸トリオは,ワシントンでトランプ大統領と会談をする.
  • その第一番目の議題は,『中国への連携対応』 (記事)
  • トランプとしても,「中国プロブレムの解決」は,必須の課題.
  • その『解決ゾロ』こそ,中国に深い深い人脈と金脈をもつ古賀誠の秘蔵っ子,怪傑・岸田文雄外務大臣なのだ.
  • ま,以上のような流れ・観点を念頭に置いて,きょうから始まるロングランの日米首脳会談を観察してみて下さい.
  • 戦争屋のアメ公とは縁を切って,トランプ大統領という大親分に仁義を切った安倍・麻生・岸田の三度笠が,日本を大きく変える切っ掛けをつくるかど~か?
  • ヒッジョ~に重要な週末になります!
飯山 一郎(71)
2017/02/09(木)  トランプ大統領:最大の注目点は…
「革命力」と「アメリカ大変身」だ
トランプの革命力はこれで分かるっしょ?
vaccine
きのこ女史が描いた 拡大
トランプは米国と世界に巨大な転換を引き起こそうとしている。
就任演説では、米国を支配してきたワシントンDCのエリート層による支配構造をぶちこわせと米国民をけしかけている。
トランプは米大統領という、支配層のトップに入り込んだのに、その地位を使って支配層を壊そうとしている。
これは革命、クーデターだ。 『トランプ革命の檄文としての就任演説』 田中 宇
  • これは革命、クーデターだ!と田中宇氏が書いたとおり…
  • トランプ大統領は,米国に壮大な革命を起こそうとしている.
  • ワクチンに関しても,トランプ大統領の認識は,革命的である.
  • トランプ大統領は,口だけで吠えているのではない.
  • ワクチンに関して言えば…,ワクチン諮問委の議長にケネディ元大統領の甥,ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏を指名するなど,ワクチン追放運動を着実に進めている. (動画)
  • まさしくトランプ大統領は,アメリカ衰退・衰亡の気配が濃厚になった今,アメリカを建て直すために,現れるべくして現れた革命家なのである.

「トランプなんて嫌いだ!」 「孫正義なんてゆ~朝鮮人も嫌いだ!」 などと,好きだの嫌いだのという個人的な感情でモノを言うシトは,物事の本質が丸で認識できない阿呆だ.

アナタは好きだの嫌いだのと言うが…,それが何?
これで議論は終わりだ.

「トランプのワクチン追放はE~が,外国人の入国停止は悪い!」
などと,アナタが幾らリキんでも,トランプの革命的な政治過程は粛々と進んでいく.

こ~ゆ~ことだ.

「好き嫌い」 「善い悪い」 「あ~すべき,こ~すべきでない(当為論)」.この三つを意識して排除するヒトの考え方・思想・哲学こそが,本物!鼠~ことだ.

ぐっちーさんやNYの佐藤さんなども,トランプを論評するのに,「好き嫌い,善い悪い」という個人的な趣味感覚で書いている.
だっから,彼らは何も見えない.

しかし,マスコミが書きまくる「善い悪い」の論評は,違うからな.

つまりマスコミは,トランプ革命を何としてもツブしたい!という既存の支配層の手羽先である!鼠~ことだ.

だっから,マスコミのトランプ叩きは,ほんとうに悪い!
ワシは,今のマスコミが大嫌い!蛇.
飯山 一郎(71)
2017/02/08(水)3  軍事力・軍事技術・軍事予算:米国は後進国!
米国は軍事以外の分野で伸びよ!
米国の軍事力は露中に歯が立たない!
飛べない
SPUTNIK
米海軍戦闘機の多くは飛べない! メディアが明らかに
『スプートニク』 2016年02月07日 http://sptnkne.ws/d3tq
米海軍の艦上戦闘機「F/A-18」と「F/A-18E/F 」の約3分の2(62%)は飛べない。米軍事専門紙「ディフェンスニュース」が報じた。

同紙のデータによると、現在27%の戦闘機がメンテナンスを受けており、35%が必要な部品を待っている。このような状況の主な理由は兵器修理のための資金不足と関係している。

米海軍が発表したところ、現在、海軍に所属する航空機53%(1700機)は飛ぶことができない。この数字は戦闘機や哨戒機、輸送機やヘリコプターを含んだもの。

米海軍報道担当によると、この状況の解決には予算増加が必要だとした上で、第一に必要なのはメンテナンス資金であって新たな船の建造費ではないと指摘した。

先にトランプ大統領は多機能ステルス戦闘機F-35の製造プログラムが非常に高額であることを痛烈に批判した。
  • 米国はソ連が崩壊した1991年までは世界最強の軍事国家だった.
  • 露・中は,米国の圧倒的な軍事力によって国家が滅ぼされないよう,必死で軍事力・軍事技術の強化を図ってきた.
  • やがて…,軍事と軍事技術を金儲けの対象としか考えない米国の軍産体制は,米国の国家体制そのものを衰退させてしまった.
  • いっぽう,露・中の軍事力と軍事技術は,アメリカの高額なだけの兵器・武器の体系を圧倒的に凌駕し…,アメリカの軍事力は「張子の虎」なみになってしまった.
  • かくして.世界最強だったアメリカの世紀(パックス・アメリカーナ)は終わり…,アメリカはトランプ大統領の主導で,国家を立て直すべき時代に入った.
  • 国家を立て直さざるを得ないのは,日本も同じである.
  • 「落ち目の三度笠」の逆境にあるヤクザ国家,日本とアメリカ.この二国が立ち直れるのかど~か?
  • それは…,日米が互いに協同できるかどうか? これに掛かっている.
  • さいわい,阿呆な安倍晋三も,麻生や岸田との同伴渡米で,トランプとは(オバマよりも遥かに)ウマが合いそうである.
  • 愛想とカネを振りまくだけでなく…
    稔り多い渡米の成果を,少しは期待したい.
飯山 一郎(71)
2017/02/08(水)2 ニホンは外圧で変わる.外圧でしか変われない.
中国:日本に厳重警告!
「中国は福島の放射能漏れ事故による影響について特に注目し続けており,たびたび日本政府に対して速やかに関連処置を施し,事故の後処理をしっかり行うよう求めてきた」
「いかにして有効な措置を取り,事故の影響を消し去るかについて日本政府が責任ある説明をしてくれることを望む.」
「これは日本国民に対する責任のみならず,近隣国民や国際社会に対する責任である.」
中国外交部/陸報道官フクシマを憂慮!
フクシマを!
福島原発内で高い放射線量
中国外交部が日本への渡航に注意喚起
2017年2月6日、中国外交部は定例記者会見を開き、先日福島第一原子力発電所2号機内部で高い放射線量が推定されたとの報道に関連し、陸慷(ルー・カン)報道官が日本政府に責任ある説明を求めるとともに、日本へ渡航する中国人に注意を呼び掛けた。
全文を読む  ( 2017年2月7日 『Record China

日本列島の中央部で,今なお,事故った6基の原発が露天臨界!
放射能ダダ漏れ!

日本はこの激甚な状況に対し,責任ある行動を取らない限り…
「世界のナラズ者」のまま.

さらに日本は,国のトップも,国民の大半も,「世界のナラズ者」という意識・認識が一切なく,尊大にカラ威張りしている.

恥を知るべきだ! が…,無理だろう.
「馬鹿は死ななきゃ直らない」(広沢虎造)鼠~からな.
飯山 一郎(71)
2017/02/08(水)  ヤクザの大親分が変わったのだから…
子分が挨拶に行くのは礼儀
溝口センセの説教はスジちがいでっせ
ヤクザの発想
拡大
  • 『日刊ゲンダイ』に載った溝口敦センセの文章は面黒いが…
  • ヤクザ稼業の一面しか見てない罠~.
  • トランプ大親分と,トランプ組傘下のチンピラ組長・安倍を対等に論じている.
  • 「たとえチンピラであっても“安めを売るな!”」という溝口センセの御説教は,分からないでもない.
  • しっかし溝口センセ…
  • 『アメリカ合衆組』という世界最凶の巨大ヤクザ組織の傘下のチンピラ一家『ニホン組』の安倍組長としては,トランプという異能な大親分が跡目を継いだのですから,先ずはスリ手・揉み手で挨拶に行くのがスジってもんでしょが.
  • 阿呆なチンピラ組長の安倍に対して,トランプの大親分とタイマンでヤリ合え!などと説教するのは無理スジでんがなwww
  • ま,そ~ゆ~こってす.>溝口敦センセ
飯山 一郎(71)
2017/02/07(火)3  金玉紋次郎氏の説明は上手い!
ヤクザ組織の親分が変わった!
ネオコン親分からトランプ親分へ
金玉紋次郎氏 金玉満堂
↑金玉紋次郎氏
 日本もネオコン切りを迫られる
この親分も今が正念場や、敵か味方かビシーッと区別せんならん.あんたもネオコン戦争屋に絶縁状出したってくれや.
(詳しくは,この記事を読むと分かる)
 ネオコン切りは戦後体制の清算
当代は日本にネオコン戦争屋との杯を返して水に戻し、改めて当代と杯を交わすことを求めています.
応じるほかありませんし願ったりかなったりです.
さぁ、こう鳴門絶縁されたネオコン戦争屋が収まりません.
必ずねじ込んできます.水面下で兄弟付き合いをしてもバレたら,当代に弓を引くことになります.日本の当代が引退に追い込まれます.
(詳しくは,この記事を読むと分かる)
  • 世界最大で最凶のヤクザ組織は,アメリカ合衆組だ.
  • その冷酷非道な殺人ヤクザ組織の直系子分はニホン組.
  • しかしニホン組は,合衆国組内の戦争屋(軍産勢力)のアーミテージ親分に仕切られていた.
  • ところが今回,アメリカ合衆組に内紛があり,激しい内部紛争の結果,トランプという異端ヤクザが大親分に就任した.
  • トランプ大親分は,ニホン組の安倍総長と麻生若頭に対して,「アーミテージとは手を切り,わしの飛行機でフロリダに行こう!」という意向を示してきた.
  • このトランプ大親分の意向に,安倍・麻生は,馬鹿みたいに呆気なく従うコトにしたのである.←いまココ.
  • 何はともあれ,現在のニホン組は,今までのアーミテージ親分に絶縁状を出して,トランプ大親分の傘下に参加するカタチに,一応はなってしまった.
  • アーミテージ親分からすれば,安倍・麻生がヤッていることは,裏切りであり,クーデタに等しい.
  • そんな出過ぎたコトを,安倍・麻生は,いとも呆気なく,発作的にヤッてしまったのである.
  • ニホン組は,この先,いったいど~なってしまうのか?
  • それは,2月11日…,
    フロリダ・パームビーチでのヤクザチックな「談合」で決まる.
  • とまれ,ニホン組は,今までのニホン組ではなくなる!
  • なんせ親分が変わったので,子分も変わらざるをえない.
飯山 一郎(71)
2017/02/07(火)2  きのこ姐さんがE~記事をアップしてくれた
CNNが自分のウソ報道を…
アメリカの『CNN』というメディアは,日本の産経新聞みたいにウソばかり報道しているので,トランプ大統領なんかはCNNの記者が質問してもハナから無視して,虫けら扱い.

その『CNN』が,「トランプ大統領の就任式には人が集まらなくてスカスカだった!」 というデッチ上げの修正写真を世界中にバラまいた話は,産経新聞も顔負けだった.

ところが,今回,その『CNN』が発表した大統領就任式の写真は,あふれかえるほどの群衆が大統領就任式に殺到している!という迫力あるパノラマ写真.

その圧倒されるよ~なパノラマ写真を,きのこ姐さんがアップしてくれたのだ.

そのきのこ姐さんの記事は,コレ ← クリック.

その大群衆が写っているパノラマ写真は,ココをクリックしても見られます.はい.
飯山 一郎(71)
2017/02/07(火)  トランプというアメリカ人の物言い
ほとんど屁理屈なんだが…
計算され尽くしたこの男の発言
Trump2Jap
迫力のトランプ語録
日本は何百万台もの車をアメリカに売りつけたが,シボレーは東京で1台も走っていない.
日本人は最も優秀な科学者にクルマやビデオ機器を作らせている.
そして我々は最も優秀な科学者にミサイルを作らせて日本を守らせている.
なぜ我々は支払った費用の補償を受けてないんだ?
日本人はアメリカを二重に食い物にしている.
まずアメリカ人に消費財を売って金を得て,その金を使ってマンハッタンを丸ごと買おうとしている.
どちらにしても,我々の負けだ.
残念なのは,日本が何十年もの間,主として利己的な貿易政策でアメリカを圧迫することによって,富を蓄えてきた点だ.
アメリカは,もし日本が攻撃されれば,アメリカの軍事力を全面的に行使しなければならない.
だが,我々が攻撃を受けても,日本人は家でくつろぎ,ソニーのテレビを見ている.
聴衆を巻き込め.聴衆も目を向けられて喜ぶはずだ.
  • 上の「トランプ語録」の大半は,ポピュリズム.
    つまり,大衆を巻き込むための戦略的な発言だ.
  • アメリカは日本を守るために,莫大な軍事予算を使ってきた!などとトランプは言うが…
  • アメリカの莫大な軍事予算はアメリカの戦争屋(軍産勢力)を儲けさせるための無駄ガネだった!というのが実態だ.
  • ただし,「日本はアメリカをダシにして巨大な富を蓄えてきた」という考え方.これはトランプだけでなく,多くのアメリカ人が思い込んでいることだ.
  • 「日本だけが大儲けして,アメリカは貧乏になった!」と,アメちゃんたちは本気で思っているのだ.
  • いっぽう,「日本が稼いだカネをアメリカ人に奪われた!」と考えている日本人は,けっこう多い.
  • こういった「日米の考え方の落差」は,埋まるんだろ~か?
  • 安倍と麻生の2月10日の訪米.同行する非常に有能な「ニッポン策士官僚」の知略に期待したい.
飯山 一郎(71)
2017/02/06(月)  ミス日本が書いた『美人食』のURLが…
飯山一郎,そそっかしくて…
ミス日本が書いた『美人食』のURLが…
全~部,キンドル版(電子出版)のほ~に飛んじゃう設定になっていました.

「これでは単行本が買えないでは内科!」
という苦情が仰山きました.

飯山一郎,そそっかしくて…,ほんと,申し訳ないです.

え~,
『美人食』の単行本をアマゾンで買うには…

http://amzn.to/2ldEyHB

ご面倒でもこのURLをクリックして下さいませ.

しっかし…,
飯山一郎は,いま,韓国にゐて…,
韓国人に日本食をつくってもらう日々.
済州島人は元々,日本と日本人が大好きなので…
ワシも,ほんと,誇らしくて…,鼻が高いです.

そのことは…
天武天皇は,済州島の御方である!
この文章を読めば歴然なのですが…

ともかく! ミス日本が書いた『美人食』!
是非とも!アマゾンで買って,読んで,実際に料理・調理をしてみて下さい.

美人食』は,日本人の誇りです.
飯山 一郎(71)
爺ちゃんは男だがこの本に満足!
ミス日本の美人食
2017/02/05(日)  絶好の料理本を韓国に持参して…満足!
ああ,恋し懐かし日本食!
爺ちゃんは男だがこの本に満足!
ミス日本の美人食
  • 今回も海外生活が長くなる…鴨
  • 予感どおりに済州島滞在が長くなっている.
  • 済州島の生活は大変に快適なのだが,問題は食事.
  • 韓国料理は大好きなのだが…,やはり恋しい日本食.
  • 気がきくワシは,日本から絶好の料理本を持参していて…
  • その本は,『ミス日本の美人食』.
  • この本のレシピ通りに韓国人に調理してもらった日本食.
  • これが,美味いの美味くないのって,美味い!
  • 済州島の友人たちも口をそろえて絶賛.
  • あげく,『ミス日本の美人食』を欲しい!買いたい!
  • レストランを経営する友人は,商売にも使いたい!
  • ダイエットのプロ,ミス日本になったお嬢さんたちが書いた料理本だけあって,ほんと,美容と健康にも絶好の料理本だ.
  • 女性の美容・健康にE~ことは,男性にもE~!
  • いや,出っ腹(パラ)の男性こそ買って読むべきだ.
  • 小むづかしい本ばかり読んでないで,タマには料理本なんかも読んでみな!>皆の衆
  • ワシのおすすめは,『ミス日本の美人食』.

あ,そだ!
この本は単なる料理本ではなく,巻末に,『ミス日本式の体操』とか『ミス日本式の入浴法』といったいう付録のページが10ページもあって,これがまた有益なのだ.
ええい!面倒だ.
その付録のページや,レシピの一部も,本日,ココで公開しちゃうから,ありがたく思って猪~大寝!>皆の衆
勝手に公開しちゃって,ゴメンね!>ミス日本のお嬢さん
飯山 一郎(71)
この『コブサラダ』は絶品です!
コブサラダ 拡大
ミス日本式のダイエット体操
体操
2017/02/04(土)4  今週末,ジョージ・ソロスは眠れない!
ソロスとムニューチンの闘いは…
ムニューチン財務長官の完全勝利!
NYダウの日足
足
拡大
  • 2月3日,NYダウは急騰し,終値は20,071ドル.
  • これで,過去の全てのカラ売りは「損害玉」となり,莫大な損害金を抱えることになった.
  • 損害を軽くするためには,カラ売り玉を買い戻す!これ以外に方法はない.
  • カラ売り玉の買い戻しを『踏み上げ』といい,昔から破産の元凶とされてきた.
  • 「NY株式市場を暴落させて,トランプ政権の経済政策に大打撃を与えよう!」と,ジョージ・ソロスを筆頭とする反トランプ陣営は,NY株式にカラ売りを懸けて,売りまくってきた.
  • そのカラ売りが如何に巨大であるか! それは上のチャートの出来高を見れば一目瞭然である.
  • その莫大な量のカラ売り玉の全てが,赤字ダマ.その大半が反トランプ陣営がカラ売りした建玉である.
  • さぁ,ど~する? ジョージ・ソロス.
  • 牛~ 「踏み上げ」以外のに方策はない!
  • さしもの相場の神様,ジョージ・ソロスも,今週末は眠れない!

ジョージ・ソロスを敵に回し,激烈な相場戦の最前線で陣頭指揮をしてきた人物は,トランプ政権の財務長官,ムニューチン(53)である.

ムニューチンは,父親の代からゴールドマン・サックスの役員というより生粋の相場師だった.

父親は,主力株を大量売買する相場手法で財をなしたプロの相場師であった.

息子のムニューチンは,15年前にゴールドマン・サックスを辞めた後は,なんと!ジョージ・ソロスと一緒に相場を張ってきた.

だっからムニューチンは,ジョージ・ソロスの手の内,気性を知り尽くしていて…,いわば獅子身中の虫だった.

そのことを熟知していたトランプが,仇敵・ソロスをツブすために,ムニューチンを財務長官に抜擢したのは,「相場道の必然!」

かくして,トランプの読み筋どおりに,ムニューチンは,相場の神様=ジョージ・ソロスを地獄の底に叩き込むことに,ほぼ成功した.

「勝って兜の緒を締めよ!」

来週以降,もし,トランプとムニューチンのコンビが,「解け合い」という究極の相場手法を採用し,ソロスに情け(なさけ)を掛けることになれば…,トランプは「アメリカの皇帝」になる!

ま,インディアン以来,虐殺が好きな民族だから…,せんだろうが.
飯山 一郎(71)
  これが相場師ムニューチン米財務長官
StevenMnuchin
2017/02/04(土)3 【肝心要】 重要な話を書いておきたい.
ニッポンは大変身する!
重要な話なので大きな字で書く.

さて…
安倍晋三首相とトランプ大統領が10日にワシントンで会談した後,大統領専用機「エアフォースワン」で一緒にフロリダ州パームビーチに移動し,大統領の別荘で昭恵,メラニア両夫人を交えて非公式の夕食会を行うことになった.

両首脳は翌11日にゴルフをする.大統領にとって安倍首相は,メイ英首相に続き直接会談する2人目の外国首脳.トランプ大統領は政権発足後の多忙な時期に,安倍首相と2日間近くを過ごすこととなり,これは異例中の異例.非常に手厚い待遇と言える. (記事)

問題は…
「異例中の異例.非常に手厚い待遇!」
このことの政治的な意味だ.

この意味は,非常に重要だ.こういうことだ.

いままでのニッポンは,米国戦争屋が支配する属領だった.
そ~して70年間,ニッポンは米国戦争屋にE~よ~に支配され,莫大な国富を収奪されてきた.

米国戦争屋にとって,ニッポンは金の玉子を産み続ける優秀で有益なニワトリだった.

しかし! カカシのよ~に従順なニッポンを,これ以上戦争屋の支配下に置くわけにはいかない!

この際,ニッポンを米国戦争屋が支配する属領であることから開放し,トランプ政権の重要な一員として,アメリカ・ファーストの一翼を担ってもらう!

その第一弾が…,
(かなり阿呆だが…,バカでもチョンでも)総理大臣を取り込んで,大統領専用機の乗せてオダテまくって懐柔すれば…,晋三も昭恵も有頂天.

二度と戦争屋の手下・手駒には戻れない!戻さない!という懐柔戦術.

トランプ大統領のニッポン攻略は,成功するだろう!

かくして,ニッポンは,今後,大きく変わってゆく!

ニッポンの支配者が,ガラリ! 変わるからだ.

ソレがE~ことなのか? 悪いことなのか?
好きか? 嫌いか? そんな個人的な感情は,全く関係ない.

とにかく,2月10日以降,ニッポンは大きく変わっていく!

このこと夢々忘れるでないぞ!>皆の衆
飯山 一郎(71)
2017/02/04(土)2  すべて『酒田五法』に書いてある
NYダウ 2万ドル回復
この毒々しい罫線解釈が日本人の知恵
初押しは買い!
拡大
  • ニューヨーク株式市場が急騰し,2万ドルを回復した.
  • 日経などは慌てて,「トランプ氏が金融規制緩和を指示したからだ」などと,後解釈.
  • ちなみに(米国戦争屋の手羽先新聞の)日経は,「トランプ大統領」と呼ばず,「トランプ氏」.
  • 日米の(無能だが)有力な知識人たちは,トランプ氏の「革命政治」が気に入らなくて仕方がない.
  • 彼らは,ほとんど分かっちゃいない. 『呆れたトランプ観』
  • 分かっているのは…,トランプ大統領の就任演説が,『アメリカ大革命の檄文』と喝破した田中宇さんぐらいかな?
  • ともかくアメリカ合衆国は,トランプ大統領の主導で,革命的に変わってゆく.
  • メイ英首相だけでなく,アベッチまでもがトランプ大統領にオダてられ,大統領専用機に乗せてもらってフロリダに行く.
  • その機内で,アベッチは,『テキサスに新幹線』を無償にて贈与させて頂きます!とか申し出て,一挙に点数 稼ぐ…鴨.
  • 日米協同新幹線! これでアメリカ国民は,夢と希望に沸き返る…
  • アベが馬鹿でも阿呆でも,流れに乗れればE~のです.
  • これから株価は上がります! 怒涛の暴騰,開始です.
  • 日本人の生きる道.アメリカ,ロシア,中国に,日本の拠点をつくりましょう.
  • 日本列島は棄てましょう.汚れた列島,要りません!
  • ワシはしばらく済州島.乳酸菌と汚泥処理,コリアンと一緒に始めます.
飯山 一郎(71)
2017/02/04(土)  世の中の ほとんどの批判は…
マ ト は ず れ!
ほんとうの「巨悪」はほかにいる
マトはずれ
安倍は阿呆で大馬鹿で,漢字も読めない!でんでんと
得意顔で馬鹿にする.ソレは結局,マトはずれ!
ソレが分からぬシトもまた,同じ阿呆だ,うすら馬鹿www
飯山 一郎(71)
2017/02/03(金)3  オーストラリア首相には電話ガチャ切り!
アベは ういヤツ(愛い奴)!
信賞必罰,アメとムチ分かりやすい政治www
異例
安倍首相が米大統領機に同乗へ トランプ氏,異例の厚遇
・ 日米両政府は,安倍晋三首相とトランプ大統領が10日にワシントンで会談した後,大統領専用機「エアフォースワン」で一緒にフロリダ州パームビーチに移動,大統領の別荘で昭恵,メラニア両夫人を交えて非公式の夕食会を行う方向で調整に入った.
・ 両首脳は翌11日にゴルフをする予定.大統領にとって安倍首相は,メイ英首相に続き直接会談する2人目の外国首脳.トランプ氏は政権発足後の多忙な時期に,安倍首相と2日間近くを過ごすこととなり,異例の手厚い待遇と言える.(記事)

幇間 UC
水を飲むことまでアンダーコントロール
指示
  • トランプ政治は順調で…
  • アベ総理にメイ首相 手駒子分が 増えました
  • ソロスがコケれば 内戦終了
  • アメとムチをば 使い分け 分かりやすくて 明朗だwww

禍福は糾える縄の如し,人間万事塞翁が馬.
何が幸いするか分からない.
オバマをフッてのトランプ詣で.今になって生きてきた?
これから安倍は,御しやすい馬のごとくに,トランプの号令どおりに先駆けて,中国行ったり,韓国行くも…,靖国神社は行かず後家.
安倍にフラれた戦争屋,アーミテージは真っ青か?
マイケル・愚淋は失業か?
呆気にとられる習近平.
あんなもんだとプーチンに,言われてうなづく金正恩.
放射能はど~すんの? オリンピックはど~なるの?
あたしに任せて猪~大!と,小池百合子がシャシャリ出て…
オリンピックはトランプに,決めてもらう!と言い出して…
アメリカ・ファースト,ニューヨーク.
開会式だけ東京で,ギリシャは陸上競技だけ.
企業は全部,アメリカに,持っていこう!と決められて…
ソニー,シャープに,ニンテンドー,トランプ・花札,ニューヨーク.
東芝消えても,日立は残る.残る日立もニューヨーク.
この際,日本もアメリカの,州の一つに数えてね.
そ~なりゃ,国会要りません.霞が関も要りません.
あ~こりゃこりゃ.
飯山 一郎(71)
2017/02/03(金)2  これ! 理想的な受験勉強!
A語の勉強にも最高
ほんとうの勉強とは独学なのだ夜
高校生
  • トランプ大統領のツイートを日本語に翻訳をしているという謎の高校生がいる.
  • 何がスゴイ!って,フォロワーが7万人もいるのだ.
  • トランプ大統領がtwitterでよく使う単語や用語をまとめたりもしているので…,英語の勉強だけでなく,政治や経済や,政治学の勉強にもなっている.
  • 将来有望とは,まさに彼のような青年のことだ.
  • こ~ゆ~高校生は,下手な大学に行ってもE~が…,孫正義あたりが使えば,大学卒業と同時にソフトバンクの次期社長!ってな人財に育ちまっせ!
  • 孫さん,考えてみなはれや!
  • この高校生のツイートは,ココで読めます.
  • モバイルの方は コチラ
飯山 一郎(71)
2017/02/03(金)  「木枯し」の正体見たり,「金玉」(キンと智慧)!
統計学は応用数学だ!
金玉満堂(ジンユィマンダン)のヌシ=金玉紋次郎氏の学歴情報だが…
「金玉紋次郎氏が,東京大学の大学院で学んでいたのは統計学で,論文は応用数学だった!」という目撃談に近い情報が,昨夜寄せられた.

なお…
「木枯し紋次郎のコトを『金玉紋次郎』と呼ぶヒトは誰か?」
という質問があったが…,
それは『放知技』の常連で『すで爺さん』という方です. (記事)

いずれにせよ…
「ふたつの人格を使い分ける人物」.
ソレは『ジキルとハイド』という「二重人格」ではなく…,
『木々高太郎(小説家)』と『林髞(はやしたかし,大脳生理学者)』(二人は同一人物)のような使い分けでしょう.
(若いヒトは分からんでしょうww)

ワシも済州島では…
「相場師」と「乳酸菌研究者」の二つの顔を使い分け…
「きょうは相場が激しく動くので,ホテルに籠もってます!」
な~んちゃって,仕事を休んだりしています.
飯山 一郎(71)
2017/02/02(木)  この男,優秀,幽黙,有能につき…
『放知技』の紋次郎氏は…
理論物理学者で函館のナマコ屋さん
紋次郎1

紋次郎2

紋次郎3

この非常に面黒いブログは紋次郎氏がヌシとの噂
金玉満堂b
  • 金玉満堂(ジンユィマンダン)のヌシは木枯し紋次郎氏だ!
  • こういう憶測が飛び交い始めてから,1年以上が過ぎた.
  • 木枯し紋次郎氏は(弱々しく)「違います!」と言っているが…
  • ネット世論の大勢は,同一人物!
  • 最近では,「金玉紋次郎」と呼ぶヒトもいて…,「紋次郎氏は,東京大学の大学院で理論物理学を学んでいた!」という目撃談に近い情報もある.
  • 佐野千遥氏(博士号を詐称し,「ロシアで有名!」などとウソをつく人物)を徹底的に論破して粉砕した実力は半端ではない.
  • 『金玉満堂』氏も木枯し紋次郎氏も,高度な量子力学を修めた学者で,「彼ら」の理論物理学は学問的に同系統だ!という指摘も多く…,ようするに同一人物なのだ.
  • 同一人物と断定すると,色々な話のツジツマが合ってくる!という意見も多く…,ようするに同一人物なのだ.
  • 以上,これにて一件落着!
飯山 一郎(71)
2017/02/01(水)2  自慢じゃないが…,いや,自慢なんだが…
ワシの予測どおりの展開に!
「今だ!」と本日は全力買い!
今だ!
ワシは昨夜,次のような株価予測を『放知技』に書いた.
これが何ともカンとも,予期せぬwww想定外の大当たり!
予測どおりだったので,ワシは,本日は全力買いの株三昧.
#387:飯山一郎
●今夜のNYダウの寄り付きは,70ドルほど安く始まりました.
 この後,百数十ドル安まで下げ,大引けは70ドル安位で引ける (鴨)
 で,日足の型は昨日と同じような「タクリ線」.
 この「タクリ線」で3日間の下げ(上放れ後の初押し!)が終了し…
 NYダウは,明日か明後日からは上昇に転ずる…と.
 以上,競輪場の予想屋みたいな展開予想をしてみましたが…
 ワシの予想どおりの展開になれば…,ワシは神!(@wぷ
 てか,この程度の読みは,相場師なら当たり前の「当たるも八卦」.
 いずれにせよ…
 マスコミの「トランプ失政で米国株下げ止まらず!」といった
 反トランプ・ネガキャンを信じると,ロクなことにはなりません.
 就寝します.晩安. (記事)
  • アメリカの株式市場は,この三日間で300ドルも下げた.
  • 「移民政策でトランプの失政!」の,「全米で反トランプ・デモ!」の,「株,下げ止まらず!」のと,米国のマスコミはトランプ叩きに必死だ.
  • しかし,米国メディアのトランプ非難は,全部ウソ.ヤラセ!
  • 今回の下げは,「長期保ち合い・上放れ後の初押し!」
    これは絶好の買い場なのだ.
  • まぁ今夜のNY株式市場を見ないと分からんが…
    しかし今夜,NY株式は,下げない!上がる!
  • と,ワシもイッパシの相場師気取りwww
  • とまれ,米国の投資家は,トランプに「夢」をみている.
飯山 一郎(71)
2017/02/01(水) この漢字:おぬしは読めるかな? 書けるかな?
訓読み:「くじ」 「たたかいと(る)」
(くじ)とは「たたかいとる」もの!
くじ
  • 上の難字の部首「鬥」は,「たたかいがまえ」という.
  • 音読みは「キュウ,jiu」で,訓読みは「くじ」「たたかいと(る)」.
  • つまり,神意を問う「くじ」には,「たたかいとる」もの!という激しい意味が隠されている.
  • 神意であろうが,運命であろうが…,闘い取ってゆく!
  • そうやって,自分の運命,自分の人生を豊かにする!
  • 漫然と「おみくじ」を引いて,吉凶判定に一喜一憂するのは,ちと消極的すぎまするぞえ.
  • 「おみくじ」を引くときも,執念と祈りを込めて引く!
  • そういう積極的な生き方をして猪~大寝>皆の衆

どんな難しい漢字も,正しい筆順を覚えれば…

スラスラと書けるようになる! (そ~ですwww)

飯山 一郎(71)
2017/01/31(火)  マスコミに総攻撃されてる爺ちゃん(70)が…
ツイッター使って猛反撃!
アメリカのマスコミは,大統領選挙のときから,悪どいトランプ攻撃を徹底して行ってきた.

ソレは今も続いている.正当な選挙で当選した大統領を,なんとしても引きずりおろそう!と,従来の支配層はマスコミを使って必死のトランプ攻撃.

しかし! カカシのよ~に突っ立ってばかりのトランプ爺さん(70)ではなかった.

「アメリカのマスコミは,ウソばかり書いている!」 と,爺さん(70)は,ツイッターやフェースブックを使って,猛反撃!

コレが功を奏して…,「本当だ.マスコミは1%の富裕な支配者の広報誌だ!アメリカはトランプに変えてもらおう!」という草の根貧困層は,トランプを大統領にしてしまったのである.

そ~して,トランプ爺さんは,今でも(マスコミは相手にせずに)ツイッターやフェースブックを使って,国民に対する直接的なメッセージを発信し続けている.

昨日,トランプ爺さんはこう豪語した.

「近い将来自身のツィッター,FacebookなどSNSのフォロワーの数は5千万人を突破するだろう!」 (記事)

これは,「牛~マスコミなんてウソつきメディアは要らない!」 と言うに等しい.

そんなことより,大統領就任式当日から仕事を始めたトランプ爺さんは,電光石火の大統領令を連発!選挙公約を着実に実行に移している.

これを評価した投資機関や投資家たちは,NYダウを2万ドルの大台に押し上げた.

大統領就任式でトランプはこう宣言した.
「今までのアメリカは,金持ち層だけが儲け続け,多くの国民は失業や貧困にあえいできた.だが今日からは違う.米政府はあなたたち米国民のものだ.」

このような「社会主義的な方針」も含め,米国の投資家層は,トランプがアメリカを変えていくことに支持をした…,それが「ダウ2万ドル超え!」の意味である.

駄菓子菓子.ヒラリーではなく,トランプが大統領になったことの歴史的な意味を全く解せない識者が,まだまだ多い.

今朝,『人生は冥土までの暇潰し』が,『ぐっちーさん』という「アメリカ通の知識人」や,佐高信氏のトランプ認識のお粗末さを指摘しているが…,ワシも呆れ返った.この→ 記 事 である.

なお,昨夜のNYダウは急落して2万ドルを割ったが…,
これは「上放れ後の初押し!」という絶好の買い場である.

「初押しは目をつぶって買え!」というヤツである.
ただし,買いのタイミングだが…,明日がE~!
飯山 一郎(71)
2017/01/30(月)2  ヒラリー協賛:全米でヤラセの激しいデモ
ソロスやヒラリーの仕業です
こいつらは30万円/月で雇われた騒動屋です
ヤラセ
トランプNO! 抗議の参加手当て額をマスコミがすっぱ抜き
ヤラセ2
『スプートニク』 2017年01月19日 http://sptnkne.ws/dr7Y
トランプ次期米大統領に反対する抗議行動への参加者には毎月2500ドル(およそ28万4千円)の手当てが支給されている。ワシントン・タイムズ紙がこの情報をすっぱ抜いた。 (記事の全文を読む)
  • アメリカ国内にプロの暴動屋たちを入国させて,騒動を起こさせ,騒乱状態にして,暴動までもってゆく…
  • これはヒラリーやソロスやヌーランドがリビアやシリアやウクライナでヤッてきた常套手段なんだが,これをトランプ政権は阻止しよ~とした.
  • それが「イスラム圏7カ国からの入国禁止」の大統領令だった.
  • そ~やってトランプ大統領が難民受け入れ凍結やシリアなどイスラム圏7カ国からの入国を禁止したために,米国に入国できなかった外人が180人位いたんだそ~だ.
  • そしたら,大統領令の効力を部分的に停止する連邦地裁の判断が29日,相次いで出たんだそ~だ.
  • さらに,不良外人は入国禁止という大統領令に反対する激しい抗議デモが,全米各地で頻発してるんだそ~だ.
  • このミエミエのヤラセデモは,ソロスの資金で行われていて,ヒラリーも絶賛なんだそ~だ.(記事)
  • 往生際の悪いソロス爺さんと,諦めの悪いヒラリー婆さん.こ~ゆ~のを老害っ鼠~んだ老~.
  • トランプ(70)や飯山一郎(71)のばやいは「老害」ではない.
  • 老益という.生き方が前向きだかんな.
  • それに,国民のタメになることを常に考えておる.
  • ソロスやヒラリーは破壊屋だが,ワシらは建設的.
  • この違いは大きいぞ.
飯山 一郎(71)
2017/01/30(月) 【最重要】 激震の2月,激動の3月,激変の4月
ニッポンはスッピンになる
ワシは,いま,済州島にゐて静かな旧正月を味わってゐる.
済州島独特の韓国料理は極力避けて,清澄な旧正月の空気を堪能しているwww
中国の旧正月は,爆竹と花火で銃撃戦の戦場の如き騒音国家.
済州島は,反逆の哲学者たちが島流しにされた流刑地らしく,1年の計は元旦にあり!と,深い思索と静かな歓談の旧正月.
ワシも,鷲や鳶が飛び交う海辺の瀟洒なホテルで,思索の日々.

しかし,カカシの如き静かな思索ではない.
激震・激動・激変の米国・トランプ政治の津波をくらい,動揺と不安のアノミー思考.「アノミー」とは,それまでの考え方や基準が全く通用しない状態をいう.

革命的に変化する国際政治

しかり! トランプの政治は,米国だけでなく日本を含む世界中の人々に,従来の考え方や既存の基準・規範を捨てざるを得ない状況を迫ってきている.

すなわち,米国も日本もヨーロッパも,いや,世界中が,2月から激動と激変の時代に突入してゆく!

日本は70年ぶりの大変化

日本に関して言えば…,日本国は支配者が変わる!

日本国は71年前の敗戦以降,アメリカの属国・属領だったワケだが,日本国を実質的に支配していたのはCIAを中核とする米国の戦争屋勢力だった.

その「ニッポンの支配者」が,トランプ政権によって,ガラリと変わる!

D・ロックフェラー.ジョセフ・ナイ,ヒラリー・クリントン,カート・キャンベル,アーミテージ.マイケル・グリーンといった支配者=ジャパン・ハンドラーズの面々が全員失脚したからだ.

いや,トランプに辞表提出を迫られ,失脚させられたのである.

CIA(中央情報局)という世界最大の謀略機関も,ブレナン長官の首がトランプによって叩っ斬られ,以前のCIAではなくなった.

つまり,現在,日本国の支配者は,トランプ大統領なのである.

トランプが大統領に就任したということは,日本国にとっても,驚天動地! まさに革命的な出来事であるということ.

このことは本当にシッカリと認識しなければならない.

消滅する『東芝』と『原子力ムラ』

まだある.日本国を強力に支配していた『原発ムラ=国際原子力資本』の存在である.

この『原子力ムラ』も,トランプ大統領就任に歩調を合わせて,衰退・凋落した!

その象徴的な出来事が,現在の「東芝・債務超過の問題」である.

米国の原子力資本にハメられた東芝は,いま,消滅の危機にある.

東芝は,たぶん,消滅するだろう.負債が巨大過ぎるし,時間がないからだ.

東芝問題とは,つまり,日本を支配していた『原発ムラ』の支配力がゼロに等しくなる!ということ.

かくして,いま,日本国を支配していた『戦争屋勢力』と『原発ムラ』.この二大勢力が消えてゆく流れ.

毒化粧を落としスッピン・ニッポン

この青天の霹靂(へきれき)の如き大事件によって,日本は…,
『激震の2月,激動の3月,激変の4月』を迎えることになる.

戦後の毒々しい化粧が落とされ,スッピンになるニッポン.
ウッスラとした放射能の粉は落ちないが…
しかし,ここはひとつ,精一杯,気張るっきゃない!

少なくとも,情勢分析だけは,誤れない!
飯山一郎,精魂込めて書く.書きまくる!
熟読をお願いする次第.日本民族のために.>皆の衆
飯山 一郎(71)
2017/01/29(日)2  トランプ政権:かくも革命的な政権は史上初!
電光石火の革命的政策,連発!
暗殺の心配は無用米国正規軍が完全警護
トランプ革命
ヌーランド国務長官補などネオコン・戦争屋勢力系のキャリア外交官に辞任要請.
電光石火の首切り人事!!
「You're Fired!」(お前は首だ!) ロシアへの融和姿勢を批判したブレナン中央情報局(CIA)長官の首を叩っ斬る! (これは従来なら暗殺だ)
就任早々,TPP(環太平洋連携協定)離脱の大統領令に署名.多国籍企業だけが儲かるTPP・グローバリズムを退治.安倍自民党には理解不能の流れ.
「難民受け入れ」を停止! 「難民」という名の暴動のプロを使おうとしたソロスやヌーランドの野望を粉砕!
プーチン大統領と電話会談.
「米露新時代」はじまる!米露が協同してISISを完全掃討も.
メイ英首相と会談.「米英が協同し世界を主導」と.
メキシコのペニャニエト大統領と約1時間にわたり電話協議.麻薬取引撲滅では意見が一致.
安倍との無意味な会談など,内政・外交,まだまだ無数にあるが,書ききれない.
いっぽう…,クリントン氏は,「妻」が増えたので,タイヘン喜んでいる,とかwww
ManyHillary
まさに世界は様変わり! 1月20日過ぎの世界は別世界! 新世界なのです.
これが分からないシトは時代遅れ…鴨世.
  • 世の中は マトモに見ると ハラがたつ
  • 世の中を ナナメから見る 隠居かな
  • プーチン トランプ 習近平 これが世界のエンジンで
  • 安倍はせいぜい灰皿か ほとんど無用の小銭入れ
  • あ~ こりゃこりゃ
飯山 一郎(71)
2017/01/29(日)  サーバー不良が多くなってる…と.
『てげてげ』にも その余波が…
現在,『てげてげ』を読むには,下の5個のURLがあります.

 ○ http://grnba.secret.jp/
 ○ http://grnba.secret.jp/iiyama/
 ○ http://grnba.web.fc2.com/
 ○ http://grnba.jp
 × http://grnba.com/iiyama/

5番目のURLは,最近,サーバーが不良で,落ちやすいです.
ですから,「○印のURL」にアクセスして下さい.

サーバーの不良がこれ以上増えてくるようだと…
「ネット社会の崩壊」も視野に入れねばなりません.

事態は,まだ,そこまでは深刻ではないのですが…

イヤな予感は,消えません…
飯山 一郎(71)
2017/01/28(土)3  本日の前2回の投稿は…
トランプがソロスを相場で葬った話
ワシは本日,相場の話を2回も書いた.
その2回の投稿内容を,ひとことで言うと…
「相場の神様とも言われたジョージ・ソロスを,トランプが株式相場で大損をさせて葬った!」 ということ.

さらにこの話にはオマケがあって…

これから2月にかけ,1ヶ月くらいの間に,ジョージ・ソロス陣営の負け=損害が天文学的に増えていく!鼠~こと.

だって…,12月中旬から1月24日まで,NY株式市場は1ヶ月半もの「保ち合い相場」が続いた…

それも前代未聞の物凄い出来高!

この大出来高は,「買い方」「売り方」,双方が資力(死力)を尽くして,株式先物を買いまくり,売りまくった!鼠~こと.

1月25日の「保ち合い・上放れ」
これが勝負あった!のサイン.
これで「2月はジョージ・ソロスの踏み上げ相場」鼠~コトが決定!

来週早々の押し目は…
「上放れの初押しは理屈抜きで買え!」鼠~格言どおりに…
買いまくる!と.

飯山 一郎(71)
2017/01/28(土)2 前稿はむずかしい内容なので解説せよ!との…
注文に応えます
人事面でのトランプ政権の特徴については,諸所に解説があるが…
 ・ トランプ政権てのは,前代未聞の「革命政権」で…
 ・ 軍人だらけの「軍事政権」で…
 ・ 思想的には「リバタリアン的アナキズム政権」で…
 ・ 経済・財政・資本的には「ゴールドマン・サックス政権」で…
 ・ トランプという時代の寵児・怪物がトップにいて…
 ・ 「時代の風」と完全にシンクロしている….
これほど強力で革命的な人財を網羅した政権は,アメリカ政治史上でも「稀(まれ)」だろう.

前稿では…,
ジョージ・ソロスという稀代の大富豪が,12月のトランプ相場で失敗し,1月の「長期保ち合い相場」でも,効果的な手を打てなかった,ということを書いた.

そのジョージ・ソロスだが…,彼は今,さらに悲惨な事態に追いこまれている,という.

というのは,1月25日,NYダウが「長期保ち合い」を上に抜け,2万ドル台に突入したからだ.

2万ドル直下での「長期保ち合い」で,「買い玉も売り玉もシコっている!」ということを,前稿では書いたが…

「長期保ち合いからの上放れ」によって,「大量のカラ売り玉」が,踏み上げを余儀なくされている,ということだ.

ソロスは,自らも売り建てている「大量のカラ売り玉」を助けることが出来ず…

逆に,いま,踏み上げて「買い埋め」せねばならない事態に追いこまれているのだ.

相場というのは,じつは,『買い手』と『売り手』の「死闘」なのであって…,ソロスは,いま,トランプ政権内の「ゴールドマン・サックス・チーム」に生殺与奪の権を握られてしまっている.

「ジョージ・ソロスなんてのは単に小ズルイだけのインサイダーだ!」と,(たぶん)思っているwwトランプ政権の財務長官・スティーブン・ムニューチン(53)は,ゴールドマン・サックスの金融マンというより,親の代からの生粋の相場師だ.

今回,ジョージ・ソロスは,反トランプに賭けて大量のカラ売り玉を売り建てて,12月トランプ相場に大失敗!

1月の「長期保ち合い相場」でも,株価は下に抜けず(下落せず),逆に,見事な上放れ!

これで…,来週早々は,多少の調整(初押し)が入り,2月は,たぶん,怒涛の踏み上げ相場!

ソロス,破産! こ~ゆ~事態もある,とはNY在住の株屋の予感だ.

トランプ政権は,相場の世界をも制覇してしまっている…,つまり湯田金の牙城でも,政治的・経済的な支配力を強化しているのだ.

こ~ゆ~見方・考え方に慣れてないと…,
2月相場には勝てないカラ寝!

「大きな上放れの初押しは,目をつぶって買え!」 鼠~こと.(爆)
飯山 一郎(71)
2017/01/28(土)  米国の株価チャートは暴落型だった!
「予想」は外れたが重大な意味が…

NYダウの日足
NYダウ日足
拡大

  • 上のチャートは4日前の24日(火)に載せたチャート解説.結果は大ハズレだった.
  • しかし,株価を暴落させてトランプの幸先を邪魔する相場戦術に失敗した!というソロス一派の凋落を物語ってもいるのだ.
  • どういうことか?
  • 2万ドル直下での「長期保ち合い」とは,買い玉も売り玉もシコっていた!ということだ.
  • チャート型がソーサー・トップになっている相場は,急落・暴落させやすい.
  • そこで,ザラ場での安値の買いに応じる売りを入れ続ければ,相場は急落してゆく…
  • 200~300ドルも下げさせれば,高値保ち合い圏での「買いシコリ玉」が投げ始める.
  • 以上の株価操縦だけで,NYダウは500~700ドルくらいは簡単に下がる.そういう高値保ち合いだったのだ.
  • しかし,問題は資金だ.新年,ソロスには,じつは,資金がなかった.昨年末までの損害が大きすぎて….
  • ザラ場での安値の買いに応じる売りを入れ続けて,相場を急落させるためには,最低でも200億ドル(2兆3千億円)の資金が必要で,失敗すれば「倍返し」になる.
  • この資金が,ソロスにはなかったのだ.
  • そこで貧乏なソロスは,レディ・ガガやマドンナみたいな枕芸者や,ゴロ・マスコミや,CIAの不良どもを100億円程度のカネで雇って,「反トランプ・デモ」を扇動して,ダーイシュ(ISIS)運動を米国内で起こそうとしている.
  • だが,ソロスの下手な企みは,トランプ軍事政権の前では,絶対に成功しない!と断言しておく.
  • トランプ政権は,我々の想像を遥かに超えた強力きわまる『軍事革命政権』なのだ.
  • トランプ軍事政権は,ブレナンCIA長官の首を叩き斬ってから,トランプ本人がCIA本部に乗り込み,CIAを完全に傘下に収めた.
  • かくも強力な大統領の出現を,世界は今だに気づいていない.
  • 米国の投資家たちは,やっと気づき…,株価を2万ドル以上に押し上げた.
飯山 一郎(71)
2017/01/27(金)  ワシの最高顧問が授けてくれた珠玉の文章
何度読んでもズシン!とくる
今年は,このとおりに生きよう!と思う
『それでもなお、人を愛しなさい』
人生の意味を見つけるための逆説の10か条
ケント・M・キース著 早川書房
  1. 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい。
    (People are illogical, unreasonable, and self-centered. Love them anyway.)
  2. 何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。
    (If you do good, people will accuse you of selfish ulterior motives. Do good anyway.)
  3. 成功すれば、嘘の友達と本物の敵を得ることになる。それでもなお、成功をしなさい。
    (If you are successful, you will win false friends and true enemies. Succeed anyway.)
  4. 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。
    (The good you do today will be forgotten tomorrow. Do good anyway.)
  5. 正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。
    (Honesty and frankness make you vulnerable. Be honest and frank anyway.)
  6. 最大の考えをもった、もっとも大きな男女は、最小の心をもった、もっとも小さな男女によって打ち落とされるかもしれない。それでもなお、大きな考えをもちなさい。
    (The biggest men and women with the biggest ideas can be shot down by the smallest men and women with the smallest minds. Think big anyway.)
  7. 人は弱者をひいきにするが、勝者の後にしかついていかない。それでもなお、弱者のために戦いなさい。
    (People favor underdogs but follow only top dogs. Fight for a few underdogs anyway.)
  8. 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。それでもなお、築き上げなさい。
    (What you spend years building may be destroyed overnight. Build anyway.)
  9. 人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。
    (People really need help but may attack you if you do help them. Help people anyway.)
  10. 世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちをうけるかもしれない。それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。
    (Give the world the best you have and you'll get kicked in the teeth. Give the world the best you have anyway.)
  • ヒト様を巧妙にダマシて,金品をダマシ取ったネコババ人間でも,愛しなさい!と言っているのか?
  • 悪い泥棒を叩きまくるのも,「愛のムチ」! 叩きまくろう!
  • いま韓国にいて,旧正月の新年を迎えたが…,ものすごい御馳走ぜめ! これは,「愛の心」をもって断ろう!
  • 今年2回目の正月.タイヘンです.
飯山 一郎(71)
2017/01/26(木)  NYダウが2万ドル台に突入!
長期保ち合い:上放れ!
チャンス!全力買いだ.トランプを買うことだ.
NYダウ25日の日足
NYダウ日足
拡大
  • ワシは済州島にゐて,株のチャートばかり見ている.
  • もちろん仕事(グルンバ・ビジネス)もヤッている.
  • 昨夜は,韓国本土から来た金持ちと大きな契約をした.
  • 2月から,ワシは韓国本土に渡り,全力で仕事をする.
  • 74歳の工学博士・禹(う)さんは,ワシのベストパートナー.
  • 禹さんは,韓国でのグルンバ・ビジネスの最高顧問.
  • 71歳のワシと,74歳の禹さんの命令で,皆が瞬時に動く.
  • だっからワシは済州島にゐて,呑気に株式三昧(ざんまい)
  • きょうは,米国株が『長期保ち合い・上放れ!』という絶好の買い場.こんなチャンスは滅多にない.全力買いだ.
  • 昨夜の米国株の上げには,『トランプ陣営の完全勝利!』という意味があるのだが…,魔坂!と言うシトも多いかな?www
飯山 一郎(71)
2017/01/25(水)2  株価チャートを読むのが楽しくて…
夜更かし・早起き・昼寝に夕寝
昨日は暴落を予想.きょうは暴騰の予感.
NYダウ24日の日足
NYダウ日足
拡大
  • 昨日は暴落と,今日は暴騰…鴨と,株価予測が正反対.
  • それでE~のだ.一寸先は闇なのだから.
  • それでも一寸先を読みたくなる.先見したい.
  • ある程度は「先見」できるのが,株価チャートの面白さ.
  • それが楽しくて…,夜更かし・早起き・昼寝に夕寝.
  • 株価チャートには,アメリカ人投資家の夢と期待と,不信感と動揺が如実に表れている.
  • アメリカの社会心理は,いま,大きく揺れている.
  • トランプに対する期待感と不信感が対立し,拮抗している!
  • そういうコトまで読みとることが出来るのだ.
  • だっからワシは,済州島にゐても,日がなチャートの虫.チャートだけは無視できない.

NYダウの「長期保ち合い」をどう読むか?
昨夜の「大陽線」は「ヤグラ」なのか?
読めない!と悩んだ挙句…,悩むことはない!と悟ったワシ.
上でも下でも,「放れ」に付いていけばE~のだから,と.
それが 「頭と尻尾は呉れてやれ」 ということの意味だとも悟った.
「安く買おう!」「高く売ろう!」と欲を出すのが間違いのモト.
だっから,「オカニが欲しい! 儲けたい!」 とかと強欲なシトは…,人生,必ず失敗する.
『起きて半畳,寝て1畳,天下取っても2合半』
誰が言ったか?富貴を求めるな!という人生訓.
「ワシの食事は,ご飯とキムチだけでE~のです!」
ということを,やっと理解してくれた韓国の友人たち.
彼らは,毎日,美味いものを鱈腹(タラフク)食って…,
鱈のような出っ腹を抱えて,糖尿病前期.
ワシは,痩せた老人になりたい!と修行中.
おっと! きょうの東京市場は高そうだ!
ソフトバンク株が上に抜けたら…,その戻りは全力買いだ!
飯山 一郎(71)
2017/01/25(水)  昨日の「米国株急落」の予測シナリオは…
大きく外れそ~な雲行き…
現在,深夜のジャスト2時…
ワシは済州島のホテルで米国株の動きをリアルタイムで見てますが…
現在,NYダウは60ドルほど高い!
リアルタイム・チャートの形も,ソーサートップ(鍋底天井)の上値抵抗線を上に抜きそうな噴霧器.
トランプ政治が,アメリカを大きく変える! という「希望の予感」が投資家の間に広まれば…,暴騰!
株価の予測シナリオは…,暴騰と暴落.まったく真逆のシナリオが描ける場面がある!ってことを,ワシは,今,考えさせられています.
明日の東京市場は,ど~なるか?
分かりません.株は株価に訊け!でしょう.
考え疲れたので…,寝ます.
明日は明日の風が吹く! 風邪をひかないよ~に!
飯山 一郎(70)
2017/01/24(火)2  「アメリカ株,急落!」の予感
チャートは 『鍋底天井』の型
『ソーサー・トップ』の型になっている?!
NYダウの日足
NYダウ日足
拡大
  • 米国の投資家は,トランプ当選を祝った.
  • ヒラリーの「戦争一直線」よりは遥かにE~!と.
  • しかし,2万ドルの壁は ブ厚かった.
  • そして,いつしか「期待の買い玉」が「シコリ玉」に…
  • この大量の「買いシコリ玉」が整理されないことには…
    本格的な上昇相場にはならない!
  • このことは相場の鉄則である.
  • 近々,アメリカの株式相場が急落する可能性が高い.
  • 急落すると…,「トランプ大統領に失望!」の,「大統領として不適格!」のと,マスコミ得意のハヤシライス.
  • しかし,ナイアガラの後の反騰は,トランプ鯉の滝登り!
  • 急落や暴落後,株価は「日柄調整」か「値幅調整」に入る.
  • ワシは,大きく下げる「値幅調整」を望んでいる.

上に書いたことは,「予測」であり,ひとつの「シナリオ」である.

未来を予測するというのは,すべて一つの「シナリオ」を提示することである.

ソエジマ先生などは,競輪場にいる「予想屋」と同じで,「シナリオ」という意識がない.

「トランプ当選」を当てた!当てた!と得意顔だが…,「ヒラリー逮捕!」という予想は大ハズレ.

「大物の悪人政治家が逮捕される!」などと,年がら年じゅう叫んでいるベン・フル氏よりはマシだが…www

とまれ,米国株が急落するのは,米国が内戦状態だからである.

トランプ陣営が,ソロス・CIAなどの戦争屋勢力を駆逐する気配が今よりも濃厚になれば…,米国株は再度の暴騰路線に突入する!

いまワシが上に書いたコトも,「シナリオ」なんだが…www
飯山 一郎(71)
2017/01/24(火)  ますます悪質化する米国のマスコミ
悪質というより 悪辣(あくらつ)
暗殺を祈る?記事と錯覚しかねない報道も
暗殺
SPUTNIK
CNN、トランプ氏が就任式で殺害されたら後釜は誰?のシナリオを放映
『スプートニク』 2017年01月20日 http://sptnkne.ws/dsMC
CNNテレビはもし20日の大統領就任式でトランプ氏が殺害された場合、誰が大統領になるかというシュミレーション内容を放映した。 (記事の全文を読む)
  • トランプ次期米大統領に反対する抗議行動への参加者には毎月2500ドル(およそ28万4千円)の手当てが支給されている。ワシントン・タイムズ紙がこの情報をすっぱ抜いた。
  • 日本のマスコミも,反トランプのデモが世界中に広がっている!などと,トランプを(暗殺しても)引きずり下ろす!という勢力に協力中.
  • 「ほんとにマスコミの報道はキタねえ!」とかと怒るのもE~し…,マスコミの報道鼠~のはウソばかりの,ヤラセばかり!と憤るのもE~.
  • が,それよりも,新聞購読を止める! テレビは一切見ない!鼠~生き方を選択すべきだんべ.
飯山 一郎(71)
2017/01/23(月)2  トランプ米大統領の首席補佐官が…
死力を尽くして…
ウソを報道し続ける米マスコミと闘う!と
大群衆
トランプ大統領就任式の動員数は史上最大!という見方も成り立つ.
プリーバス米大統領首席補佐官は22日、FOXニュースの番組で、トランプ大統領をおとしめようとするような批判的な報道は看過できないと不満をあらわにした。

「われわれは座視しない。死力を尽くして抵抗する」と強調し、激しい対抗心を示した。トランプ政権とメディアの対決姿勢が一層鮮明になった。

米メディアは就任式会場を訪れた人の数がオバマ前大統領の1期目就任式と比べて大幅に少なかったとこぞって報じ、トランプ政権は不人気であるとの印象操作をしている. (参考記事)

これが米マスコミがデッチ上げた写真
虚偽の写真
左側がオバマの大統領就任式,右側が今回のトランプの大統領就任式.
米国のマスコミが喧伝している比較画像は,オバマ集会が最高潮時の写真で,トランプ集会は本番の1時間ほど前の写真.
これほどズルい虚偽報道をしてまで,トランプの評判を落としたい米国のマスコミ.これはまさに戦時報道である.
さよう! いま,米国は,ほとんど内戦状態なのだ.

プリーバス米大統領首席補佐官が,
「われわれは座視しない.死力を尽くして抵抗する!」
と強調し,激しい対抗心を示したというが…,
トランプ政権とメディアの対決は,じつは,何が何でも,如何なる手段を取っても,トランプ大統領を引きずり下ろそう!と,トランプの暗殺をも狙う米国ネオコンの策謀との戦いでもある.
アメリカは,いま,冷たい,凍るような内戦状態にある.
その帰趨,勝敗の行方は,トランプの勝利!と予想したいが…
いったい何が起こるのか? いまは,想像だに出来ない.
飯山 一郎(71)
2017/01/23(月) 世界の真実情報は『スプートニク』とトランプの…
マスコミ報道はウソばかり
トランプ大統領のツィートは真実情報!
TrumpTweet
拡大

TruTwee 新聞やテレビが流す情報は,ウソ!
つ~か,マスコミってのは,世論操作と洗脳用の悪質な媒体だ.

牛~新聞購読は断り,TVは見ないほ~が身の為!と,飯山一郎は断言しておく.


いま,世界の真実情報をキチンと発信しているのは,『スプートニク』と,『トランプのツイッター』だ.あとは,『てげてげ』 www

アメリカのマスコミは,トランプの情報発信がよほど怖いのだろう.

少しは良心的な『ウォールストリート・ジャーナル』(WSJ)までもが,『米国民の大多数「トランプ氏はツイッターやめよ」=世論調査』といった出鱈目情報を発信している.(記事)

コトの真相は逆で,トランプ大統領のツイッターの「購読者」は,ウナギのぼり.大人気! (記事)

ワシも毎日読んでいる(無料だし).WSJは 3000円/月もする.

昨年の選挙の際も,アメリカのマスコミは,トランプ候補の「不祥事」や「悪事」を書きまくった.

しかし,アメリカのマスコミ情報は,最後は信用度ゼロになって…
結果はトランプが当選!

つまり,アメリカの有権者は,トランプがツイッターを使って発信する情報のほうを信用したのだ.

米国のマスコミがイカに悪質か!という証拠を挙げたいのだが…
急遽,韓国出張が決まり,タコの手も借りたいほどの忙しさ.

韓国(済州島)のホテルに着いたら書きます.
飯山 一郎(71)
2017/01/22(日) 大統領は超大金持ち,夫人は超美人の元モデル
華やかなギャング映画の構図
アメリカは華やかさと栄光を取り戻す…鴨
Melania
トランプ米新大統領の就任パレードに参加したメラニア夫人=2017年1月20日

Melania1 Melania4
ケネディ大統領のジャクリーン夫人のファッションを意識してデザインされたという話は,本当だった.
メラニア夫人のファッション・デザインは,ラルフ・ローレン(米国のトップデザイナー)で,超々高級なカシミヤ製の生地が使われた.
メラニア夫人のスリムな体形を強調するボディーコンシャスなワンピースドレスと,首まわりをきれいに包んだ長袖のジャケットで,長い長い手袋と,ハイヒールも同じカラーであわせた。
カラーは 「スカイブルー」より地味な「パウダーブルー」. 政治は「祭りごと」なので,E~服を着たE~女が必需なのだ.

それにしても…
Melania3
Melania2
メラニア夫人は元モデルで,旧ユーゴスラビアの田舎の貧村の出身.16歳でモデルの仕事を始めたという,たくましい女性です.
モデル時代のヌード写真は,米大統領選の共和党候補指名争いで首位争いをしたテッド・クルーズ上院議員の陣営がスッパ抜きました.
このヌード暴露作戦は,かなり露骨で見苦しい選挙戦法でしたが,大喜びの選挙民も多かったとか.
トランプ候補は,流石に怒り心頭に発してブチ切れたそ~ですが,結果はオ~ライ.無法者国家=アメリカらしいです.

飯山 一郎(71)
2017/01/21(土)2  「貧困」も「アメリカ・ファースト」で解決!
新たな鉄道をつくる!とも明言
反金持ち主義を言い一時は株価急落!
就任演説
  • トランプが何をシャベルか?
  • これでアメリカの運命は決まる!とワシは昨日書いた.
  • 「超高速新幹線」のことを語る…鴨,とも書いた.
  • トランプ新大統領は就任演説で,「新しい鉄道をつくる!」と明言した.
  • 新大統領は,ブッシュの侵略戦争路線とは,全く別の方向にアメリカを変えてゆく.内需を盛り上げ,「アメリカ・ファースト」を本気で目指すだろう
  • そして何よりも,「国家にとって最重要なことは,国民を守ることだ!」と,トランプ新大統領は強調した.
  • さらにトランプ新大統領は,「2017年1月20日は,国民が再び国の統治者になった日として記憶されるでしょう」と,完璧な国民主権主義を宣言し…,とりわけ貧困層や労働者に対して政治が大きな救いの手を差し伸べることを確約した.
  • Dowその物言いは,あたかも社会主義者のようであった.その直後,米国の富裕層・投資家たちは,株を猛烈に売りはじめた.
    そのため,ニューヨークの株価は,一時,90ドルも急落した.
  • とまれ,トランプという新大統領の就任演説から予測できることは,アメリカという国家社会が,今後,大きく変わってゆく!ということだ.
  • オバマ大統領の「チェンジ!」は言葉だけだったが…,トランプの変革路線は本物だ!
  • アメリカは,大きく変わり…,復興する!
  • これが今回の結論.
飯山 一郎(71)
トランプ新大統領の就任演説全文 ←クリックして熟読のほど>皆の衆
2017/01/21(土) 全力を尽し合衆国憲法を維持、保護、擁護する!
憲法擁護は政治家の義務
憲法改正!を言うのは国民の自由
宣誓
メラニア夫人が持つ聖書の上に手を置いて就任宣誓を行うトランプ氏.
就任宣誓が終わった直後から,トランプ氏は,「正式な大統領」になる.
それまでは,バラク・フセイン・オバマ氏が米国の正式な大統領である.
  • 「憲法」とは,国政に携わる政治家を縛る最高法規だ.
  • 権力者が暴政を振るって国民を弾圧してきた歴史…
  • 残酷非道な国家権力を打倒し,市民の権利を守る闘い…
  • その懸命・革命的な闘いの結果,奪取した国民の権利…
  • それこそが「憲法」であり,憲法の本質なのだ.
  • したがって,国家権力に関わる政治家が「憲法改正」を主張するなど,厳禁!なのだ.
  • そういう「憲法」の歴史と本質を完璧に理解した上で…
  • 米国の新大統領は,「全力を尽して合衆国憲法を維持、保護、擁護することを厳粛に誓う!」と,厳かに宣誓する.
  • その厳粛な宣誓によって,「次期大統領」は「正式な大統領」に就任するという決まり.
  • そういう厳格で厳粛きわまる「憲法」というものの重大さを,自民党の政治家どもは全く知らない.
  • とまれ,昨日,滞りなく,無事,新大統領が誕生した.
  • 「もって賀すべし!」である.

メラニア夫人が持つ聖書は,第16代リンカーン大統領が1861年の就任時に使った聖書だ.

大統領就任に当たり,先ずは宣誓をする.これが国家的に著しく重要な行事であることの象徴だ.

キリスト教の聖書を用いることに関しては,一部に,政教分離に反するのではないか!という考え方・議論もある.

将来,キリスト教以外の宗教を信仰する人が大統領になった場合は,ど~すんの? という問題も,ないことはない.

合衆国憲法には,「聖書を用いよ!」とは書いてないので…

もし,ワシが米国大統領になった暁(あかつき)には,日本神教の神主が祝詞(のりと)を称え,御幣(ぬさ)を振りまわすとゆ~大統領就任式に,ワシは,します!

それにしても…
メラニア夫人のファッションは,超高価だ.

ラルフ・ローレン(米国のトップデザイナー)による超々高級カシミヤ製のワンピースドレスとジャケット!

カラーは 「スカイブルー」より地味な「パウダーブルー」.

ま,E~ヲンナがE~服を着るから似合うのであって……
このあとは言えないから,言わない (@wぷ
飯山 一郎(71)
2017/01/20(金)2  きょうの大統領就任式は無事に済みそうだ
米軍:CIAの暴走を完璧に抑止
トランプの人気マスコミの報道はウソ!
uso uso2
uso3 uso4
  • トランプの強みは,自分の兵隊をもっていることだ.
  • その親衛隊は,マイケル・フリン元アメリカ国防情報局長官はじめ,米国正規軍の精鋭と屈指の退役軍人たちの最強軍だ.
  • 問題は,きょうの大統領就任式で,トランプで何を言うかだ.
  • トランプが何をシャベルか?
  • これでアメリカの運命は決まってくる!
  • つまり,トランプは言葉で国家を動かす大統領になる,と.
  • ブッシュも「アルカイダとの戦争!」という言葉で米国をガラリと変えて,アメリカを完璧な戦争国家に変えた.
  • トランプは,ブッシュとは全く別の方向にアメリカを変えてゆく.内需を盛り上げ,「アメリカ・ファースト」を本気で目指す….
  • 実際,それを見越して,米鉄道大手のCSX株が急騰するなど,内需・鉄道関連の銘柄が大幅高になっている.
  • 北米大陸を網羅する「夢の超高速新幹線」も夢ではない?

日米株式市場の動きをみる限り,きょうの大統領就任式は,無事に滞りなく進行するだろう.
もって賀すべし!である.

というのは,トランプ以前のアメリカは,他国の政権を転覆させるために他国に武力侵攻し,他国の国民を殺しまくってきた!という極悪凄惨な悪魔のような国家だった.

その最悪・最凶の国家・アメリカのヤリ方,在り方を変える!と,トランプは何度も宣言してきた.

だから,「トランプの大統領就任.もって賀すべし!」 は,世界中の市民からの祝福の言葉なのだ.

駄菓子菓子,ソロスのよ~な極悪非道の戦争屋勢力が,いまだ諦めずに,トランプの失敗・失脚どころか暗殺を狙っている.

マイケル・フリン元中将! 警護だけは,万全を期して下さい _(..)_
飯山 一郎(71)
2017/01/20(金)  栄枯盛衰は世の常だが…
東芝,絶体絶命!
米国の原発企業を買収したのがウンのつき
(6502)東芝の週足
東芝暴落
拡大
  • 東芝が今3月期に7千億円の損失を計上する…鴨と.
  • 最悪は債務超過! 最悪事態を避けるにも時間がない.
  • 3月の決算期までに資金繰りのメドを付けねばならない.
  • 間に合うか? 政府が乗り出さざるを得ない事態だが…
  • 東芝 絶体絶命!原因は米国ユダ金にハメられたからだ.
  • 10年前に6400億円で買ったWH社が経営大不振!
  • 昨年(2015年),300億円で買収した米企業の負債は5000億円もあった….これで株価大暴落.
  • ニッポンの企業がドンドン駄目になってゆく流れ.
  • ただし,優秀そうな企業の株価は異常に高くなって…
  • 株で儲けた小ガネ持ち達は,アベノミクス万々歳!

東芝株の大暴落のチャートは,東芝の債務超過を予兆している.
「いつまでも あると思うな親とカネ ないと思うな 事故と暴落」
しかし何が起ころうとも,慌てず騒がず,余計な心配をせず…
淡々とした平常心を忘れず,物事の成り行きを見守る.
そ~して,対処すべきときは,迅速・果敢に行動する!
ただし! 心身が健康でなければ,何事も上手くいかない.
だから,乳酸菌に,汗かき運動に,身体の保温.これ大切.
なによりも今は,身体を絶対に冷やさないこと!
このことは絶対に忘れちゃイカン!>皆の衆
飯山 一郎(71)
2017/01/19(木)  隠居しながら詐欺犯を告発!
株式チャートの勉強も多忙
「5分足」も一目均衡表の「雲」に沿って動く
分速
株で大儲けする!という必勝法を一つだけ書く.
それは,1年に2~3回ほど発生する大暴落を待つことだ.

自殺者が出るくらいの大暴落が来たらシメたもの!と,不謹慎さを忘れて大暴落を見守り,「三尊底などの大底型」が出来て,上昇が始まったら,やおら買いを始める.

大暴落が一転して上昇基調になったら,買い玉を増やしていく.
そうして,やがて,大暴騰が始まり,野も山も,皆が超強気になったら,買い玉をジョジョに手じまい始めて…,大儲け!を一人ホクソ笑む,と.

これは分かっていても,中々出来ない.
いや,ワシのコトなんだが…(爆)

上の図は,本日の「野村の日経レバリッジ(1570)」という銘柄の『一目均衡表の5分足』というチャートだ.

日本人が発明した『一目均衡表』というチャート理論が分かると,株の儲けが結構増える!という優れものだ.

それで,『一目均衡表』は,月足・週足・日足どころか,「分足」にも当てはまるのだ.

「分足」も,ワシの場合は,「3分足」よりも「5分足」がE~!と確信をもったのが,きょう.

「だから何だ?」と訊かれたら,「隠居の大発見」と答えるしかないのだが,何事も研究なのでR.

  • ワシが昨今の株価の動きを注意深く見ているのは.内戦状態にあるアメリカの政治の動向が心配だからだ.
  • もしも米国内で激しい騒動が発生する緊迫感が高まれば,株価は暴落する.
  • 昨日の米国株,本日の日本株の動きを見れば,心配無用!と思ってE~だろう.

ワシが運営している『放知技』では,犯罪事件が進行中である.
「あなたの預金を保護してあげます」とか…
「マイナンバー対策の為に,海外に預金を移しましょう」とか…
「放射能禍から避難する為の海外移住のお手伝いをします」
こんな誘い文句を掲示板『放知技』に書きまくって…
不安感で一杯の無知な善人(カモ)から,カネを預かって…
フィリピンの自分の銀行口座に入れたまま,返そうとしない!
この悪人は,通称:破武こと中村正臣という59歳の遊び人.
善人(カモ)たちから預かった金額は,約1億円ぐらい.
ワシは,その犯罪が進行中は中国に行っていて,中国からは『放知技』が中々読めない.
まったく,ワシの掲示板が詐欺師に悪用されるなんて…,癪に障るより,被害者が可哀想である.
掲示板『放知技』にある詐欺師・破武のスレッドは ココ
ワシも「隠居」の身ながら,詐欺師対策で結構いそがしい.
飯山 一郎(71)
2017/01/18(水)3  プーチンの影武者の写真を毎回変える…
『スプートニク』のイメージ作戦
どれが本物か?はど~でもE~話
Putin1 Putin2 Putin3 Putin4
Putin5 Putin6 Putin7 Putin8
Putin9 Putin10 Putin11
Putin12 Putin14 Putin15
Putin13 Putin17
モナリザ
  • 「替え玉/影武者説」,「入れ替わり説」,「暗殺説」,「死刑になった説」,「モナリザ説」まである…『プーチン伝説』
  • その伝説に相応しい写真が,色々・様々,ゴマンとある.
  • とくに『スプートニク』は,意識して,日替わりで,色とりどりのプーチン像を載せまくっている.
  • 「逮捕されて,オリの中に入れられ,死刑執行前のプーチン」 などという伝説写真を信じるシトもゐる.
  • 「何人ものプーチンがゐる!」 ということを,プーチンは『スプートニク』を使って世界中に拡散している.
  • こんな突拍子もないコトを敢えてヤルのは,本物のプーチンだからこそ出来ることだ.
  • いや!本物のプーチンが殺されて死んでしまったあと…,途轍もない発想と卓越した戦略思想をもった人物が入れ替わっているのだ!…とかなんとか.
  • いやはや.こ~なると,真贋論争は全く意味がなくなる.どんな空想も,いったん世に出ると,独り歩きを始めるからだ
  • こうして,「プーチン真贋論争」が「プーチン伝説」になって,「プーチン神話」になる…,このイメージ操作・世論操作が大成功している!ということだ. (記事)
  • いずれにせよ…
    いま,世界の趨勢は,クレムリンの奥の院で,本物のプーチンたちが決定した流れになってゆく!ということだ. (記事)
  • 上の行の(記事)というリンクは,熟読して寝!>皆の衆
飯山 一郎(71)
2017/01/18(水)2  米国内の熾烈な内政争いは カラー革命
自国を破壊するネオコン
プーチンがトランプの危険な船出を憂慮
同志
SPUTNIK
プーチン大統領、米国民はトランプ氏の合法性の破壊を望んでいる
『スプートニク』 2017年01月17日 http://sptnkne.ws/drkb
プーチン大統領は米国では大統領選挙はすでに終了したにもかかわらず、熾烈な内政争いが続いているとの見方を示した。

プーチン大統領は選挙で大統領に選ばれたトランプ氏の合法性を損ない、選挙公約が遂行できないような立場に同氏を立たせようという試みは米国民自身の利益に多大な損害を与えるものだと指摘した。

「彼らはキエフで練習をしておいて今度は自国のワシントンでなんとかトランプ氏を就任させぬために『マイダン』を組織しようとしているのではないかという印象を受ける。」
プーチン大統領は17日の記者会見でこう述べた。 (記事)
  • プーチンは流石(さすが)だ.
  • 「アメリカ内戦」という危機状況を克明に認識している.
  • プーチンと飯山一郎の認識は,奇しくもww ほとんど同じだ.
  • それにしても…だ,
  • ヒラリー,マケイン,ソロス,ブッシュといった米国軍産体制のパシリどもは,今度はアメリカをメッチャ・クチャのグッチャ・グチャにしたいらしい.
  • いっぽう,フリンを「事務局長」とする米国正規軍の反戦派と退役軍人たち(トランプもその一人)は,アメリカ本土防衛(と,トランプ暗殺対策)に必死で取り組んでいる.彼らの諜報・防諜活動は完璧である.
  • このことは,昨夜までのNY株式市場が暴落せずに安泰を保っていることで分かる.
  • ところが東京株式市場は,先週末から暴落している.
  • これはソロス一派を中核とする外資が猛烈に売り込みをかけていたからだ.
  • ソロスは,先ごろ来日して,「オレのカラ売りが儲かるよ~にしてくれ!」と,アベやアソ~に依頼した.
  • 魔坂,ソロスの要求はムゲに断れないから…,アベ一味は株価のPKO(買い支え)を止めた.
  • で,本日までの東京市場の暴落はアベとソロスの仕業,と.

「ソロスは,すでに殺されている!」などという飛ばしネタ,タダの伝聞情報を吹聴している売文・講演会屋がいるが…
聴衆集めの営業トークだ.

えらそ~な人物が言うことを,すぐに信じてしまう阿呆が多すぎる!

放知技』でも,「預金を保護しましょう」の「移住する前に資金をフィリピンに送ろう!」などと言われ,ソレを信じて大金を「破武(本名:中村正臣)」という詐欺師に預けてしまった!という事件で大騒ぎだ.

カネは,モノを買うには便利だが…,銀行以外の他人には絶対に預けては駄目!

それなのに,(政治や経済や「ホ」に対する不安感から)よりによって詐欺師風情(ふぜい)に預けてしまう….

【教訓】 他人は,絶対に信じちゃ駄目!

「ヒトの言うことは信じるな! ウラを読め!」 と言い続けてきた…
ほら,あの飯山一郎という爺さんだけは,信じてもE~からな!
飯山 一郎(71)
2017/01/18(水) 米国は内戦状態! これが世界を見るキーワード
「米国内戦」は あと3日間が山場!
  • 「いま,アメリカは『内乱』で国内が分裂状態」
  • 「現在,米国は内乱状態! これが世界を見るキーワード」
  • アメリカが内戦・内乱状態にあることを,ワシが指摘したのは,3年半も前のことだ. (記事)
  • その「米国の内戦」とは,CIAを中核とする戦争屋勢力vsジョン・ケリーなど退役軍人の精鋭を中核とする反戦・非戦・厭戦勢力との壮絶な闘いだ.
  • その勝敗は,他国に軍事侵攻はしない!と公約したトランプを担いだ非戦派の勝利!となった.
  • しかし負け組となった戦争屋勢力は,現在,トランプの大統領就任式を阻止しようと,最後のアガキ,鼠~か,イタチの最後っ屁をブチかまそうとしている.
  • 「トランプ就任を巡って,第三次大戦を引き起こしたい勢力」までが,実際にゐる!というのだ. (記事)
  • そういう米国の戦争屋勢力が,アメリカと世界を滅茶苦茶にするための最後のチャンスが,今週!なのだ.
  • あと3日の間に何かが起これば,世界は奈落の底を見ることになる.現在,最も危険な組織は,CIA内部で特攻攻撃を狙う勢力である.
  • CIA内部の特攻隊の核ミサイル攻撃から自国を防衛するために,中・露・朝の正規軍は,いま,臨戦態勢にある.
  • JAXAが小型ロケットの打ち上げ失敗の原因は,中国が(警告のために)発射したジャミング・レーザーだ,という説もあるほど,世界は,現在,大変な緊張状態にあるのだ.
  • 平和ボケの方々は分からないでしょうが…
  • せめて,CIAという謀略機関の危険性を,下の記事を読んで少しは理解してくれれば,E~爺ちゃんは嬉しいんだけど.
このブログの文章は分かりやすい!
金玉満堂
 不良組織CIAは大統領から独立している.

かつて大日本帝国陸海軍は「統帥権独立」のもと内閣のコントロールが及びませんでした。

戦争を始めるか否かは天皇の専権事項とされ、その天皇は伊藤博文と明治天皇間の覚書「機務六条(きむろくじょう)」に従い「良きに計らえ」でしたから軍隊をコントロールできる機関がありませんでした。

軍部は好き放題やって国を滅ぼしました。 (記事)
機務六条(きむろくじょう)とは、1886年(明治19年)9月7日に明治天皇と伊藤博文(内閣総理大臣兼宮内大臣)が内閣を代表する形で交わした約束事。これによって、天皇と内閣の関係を規定すると同時に、明治天皇が親政の意思を事実上放棄して、天皇の立憲君主としての立場を受け入れることを表明した。
  1. 内閣に於て重要の国務会議の節は、総理大臣より臨御及上奏候上は、直に御聴許可被為在事
  2. 各省より上奏書に付、御下問被為在候節は、主務大臣又は次官被召出、直接御下問被為在度事
  3. 必要之場合には地方行幸被為在度事
  4. 総理大臣又は外務大臣より、内外人至当之資格ある者に御陪食を願出候節は、御聴許可被仰付事
  5. 国務大臣、主管事務上に付拝謁願出候節は、直に御聴許可被為在
  6. 御仮床又は入御之節は、国務大臣御内儀に於て拝謁被仰付事 但書面又は出仕等の伝奏にては到底事情を難尽、為めに機務を処理するに於て往々機会を失する虞有之候事
(『明治天皇紀』6,631頁より,by 『放知技』 木枯し紋次郎

不良組織CIAは大統領から独立している.
このCIAが現在,(南沙諸島爆撃や中東で核使用を目論むなど)非常に不気味な動きをしているという.

しかし,CIAの謀略的な策略は,米国の正規軍と退役軍人の精鋭(作戦本部長,頭領格は,マイケル・フリン元アメリカ国防情報局長官)が監視し,対策を講じている.

CIAの特攻隊vsアメリカ正規軍が壮絶な冷戦を戦っている!
これが現在の「アメリカ内戦」の実態なのだ.

期限まで,あと3日.
18日,19日.20日.この3日が過ぎれば,トランプとフリンが米国正規軍を完全に掌握する.

トランプの政府は,(CIAなど)米国情報機関の再編と規模縮小作業を開始する.(記事)

国家権力を掌中にしたトランプは,(ケネディにはならず)強力に国家再編(アメリカ・ファースト)を進展させてゆく.

トランプによる歌舞伎を観るような大袈裟な劇場型の政治の全ては,先ずネットに流れる.

いま,世界のメディアで信用に足る真実報道をしているのは…,
『スプートニク』と,『トランプのツイート』の二つだけでR.

ネットから目が離せない日々が続く.

なお…,
金玉満堂(きんぎょくまんどう)の意味は…
「豊かな才能と学識があること」
「金玉」は黄金と宝石. 「満堂」は部屋の中が満たされていること.
「金玉堂に満つ」とも読む. 出典は,『老子』「九章」.
飯山 一郎(71)
2017/01/17(火)  わずか3日間の断食で全免疫系が再生される!
3日目の夕方から餓鬼になる…
中国での過食・飽食を絶食で とりもろす!
プチ断食1 プチ断食2
プチ断食3

断食は究極のアンチエイジング(内蔵や肌の老化防止)!
半年に一度,2~4日間の「プチ絶食」で全免疫系が再生.
http://www.j-cast.com/2014/08/23213449.html

南カリフォルニア大学:僅か3日間の断食で全免疫系が再生される.
高齢者でさえも.めざましい突破口。
幹細胞が新しい白血球を作り,感染を寄せ付けない。

【文献】 3日間断食すると全免疫系が再生される.研究結果

絶食は身体にも精神にも最高にE~!
こんなコトはガッテン承知の助だ.

ぽんぽこ笑店』の(部下がいない)部長の「絶食青年」が40日の絶食を敢行して,身体と精神を進化(神化)させたのを見ているし…

しかし,ワシには「3日間のプチ絶食」も難行苦行なのだ.
それは,3日目の夕刻からの猛烈な空腹感・飢餓感だ.
これに負けてついつい食ってしまった後の,あのミジメな屈辱感が,ワシの心奥に,いつまでもトラウマになっている…

しかし,今年はヤル!
昨年は中国に7ヶ月近くもゐて,過食と飽食と運動不足の日々.
そのためワシの身体はナマってしまい,ナマケモノか豚.

これではイカン!と,ワシは隠居宣言までして,連日連夜,ダンベルを振り回し,坂道を駆け上がって,猛烈な自己鍛錬.

残るは,絶食! これをワシは敢行する.
いつから始めるかは,いま,思案中だ.
飯山 一郎(71)
2017/01/16(月)  『日刊ゲンダイ』は牛~読む価値なし!
ソロスをヨイショする意図は?
『日刊ゲンダイ』が馬脚をあらわした記事
麻生とソロス

  • 『日刊ゲンダイ』の記事のウラを読むと,面黒い.
  • 先ず,ソロスを異常なほどホメる『日刊ゲンダイ』
  • ソロスは世界を撹乱する米国ネオコンの頭領格で,日本の国富を収奪してきた勢力のボス!なんてことはネットでは常識.
  • これで,『日刊ゲンダイ』が正義のフリをしたゴロメディアだってコトがバレてしまった.
  • 米国戦争屋の下僕(しもべ)にすぎないアベやアソ~を叩けば,無知な読者が喜び,新聞が売れる!との思惑がミエミエ.
  • そんなコトより…,(トランプ相場のカラ売りで莫大な損害を出した)ソロスが来日したのは,カネの無心.
  • 「無心」とは,思慮なくカネをせびることを意味する言葉だが…,アソ~は「ソロスの無心」をやんわりと断った.
  • このコトがアソ~が言ったセリフに良く表れている.
  • アソ~は,こう言った.「カネがあるのに,さらに稼いで何をしたいのか理解できない」「おカネ儲けに興味がある人なんだなと感心した」
  • これは,「ソロスが来日したのは『無心』だが,それをオレは断った」 と読むべきだし,実際,そ~ゆ~コトだったらしい.

だっから,まぁ,きょうのところは…,
「アソ~,でかした! 良くヤッた!」 と,ホメておこう.
飯山 一郎(70)
2017/01/15(日)  口論の末 女が体当たり 男性が意識不明の重体
この事件で ワシは発奮!
重体男性は可哀想だがとても励みになりました
ヲンナは怖い
品川駅前で傷害事件 口論の末,女が
体当たり! 男性が意識不明の重体  
東京都港区の品川駅前で、知人の男性に体当たりして重傷を負わせたとして、警視庁は傷害の疑いで50代の女を逮捕した。

傷害の疑いで逮捕されたのは、港区に住む無職・西澤郁江容疑者(54)。

西澤郁江容疑者は 1月13日午後11時30分ころ、港区にあるJR品川駅前の路上で、知人の男性(54)と口論になり体当たりして転倒させた疑い。

この事件で男性は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けたが、後頭部を強く打っており意識不明の重体。

西澤郁江容疑者と男性は酒を飲んでいた店で口論になったことが原因で事件に発展したという。

現時点では、2人が口論になった原因などについての詳しい情報は分かっていない。  (『ニュース速報/Japan』の記事
  • 容疑者の女性は気が強い性格.そういう顔写真だ.
  • アンコ型の体型ではないが,「立ち会いのブチかまし」の破壊力で,男性はスッ飛ばされた!と.
  • 鍛えてなかった男性は,「受け身」も出来ず,後頭部を打ってしまった,と.
  • 男性は考え方が古かったので,女性を甘くみていた.
  • 昔の女性と今の女性は,体力・気力・筋力・金力・暴力・破壊力等々が丸で違う!ってことを知らなきゃ駄目だよ.
  • ヲンナから突然の暴力攻撃を受けた際,咄嗟に自衛する心構えと日頃の自己鍛錬が現代の男性には必要で必須!
  • ただし,男性である以上は過剰防衛は絶対に許されないし,先制攻撃も厳禁だ.
  • それより,ヲンナとは絶対に口論しない!という心構え・座右銘が必要だ.
  • とくに昨今は,,とりわけ(Sr)で脳神経細胞がヤラれ…,キレイでもキレやすいヲンナが増えている.
  • そ~ゆ~キレたヲンナがワシに向かって突進してきたとき…,一瞬サッ!と,ワシは身をかわす.
  • するとヲンナは,勢い余って,ワシの後にあるコンクリート・ブロック塀に激突!
  • そのため,昔はキレイだった顔がグチャグチャ.
  • ザマミロ!とも言わず,ヲトコ(ワシ)は涼しい顔.
  • そ~ゆ~訓練を,ワシは始めました.
  • 身体をサ~ッ!と回転させる運動で,身が軽くなり…,身も心も爽快です.
  • 励みになってます.ありがとう!>西澤郁江容疑者
飯山 一郎(70)
2017/01/14(土)  「最強寒波」 「強烈寒波」 は大袈裟ではない
絶対に身体を冷やさない!
日本海が北極海になったよ~な極寒
最強寒波

all氷点下
  • 強烈な寒波が,日本列島全域に押し寄せている.
  • 天気予報サイトには 「最強寒波」「強烈寒波」の文字が…
  • とにかく半端な寒さではない.
  • 寒さによる体温の低下は,免疫力を激減させる.
  • 身体を冷やさないように! 厳重な注意と対策が必要だ.

♪ ぬくぬくワザ4選 ♫•*¨*•.¸¸.•♪

   指の水かきさすり

ぬく1
寒さに勝つための…、
どこでもできる一発ワザをご紹介します!

寒い冬、ぜひ試してみて!!

手の水かき部分には「八邪(はちじゃ)」と呼ばれるツボがあり、指先の血行を改善する効果が。

両手合わせて合計8か所を指で挟むように押そう。



必殺、正拳突き  

ぬく2


筋肉がたくさんある肩甲骨まわりを温めるのも得策。


空手の正拳突きをイメージし…、
肩甲骨を使い、ゆっくりと拳の押し引きを。



 足指グーパーグーパー

ぬく3


寝起きの足先は案外冷えているもの。

そこで足指を思い切り開いたり閉じたり。

すると、足先から血行が巡ってきて、目覚めもすっきり。




垂直ジャンプ     

ぬく4

垂直跳びは、全身の筋肉が満遍なく温まるワザ。

背筋を伸ばし、肩の力を抜いて、より高く跳ぶようにすると筋肉を効率的に使えて温まる。

寝起きや通勤途中、そして仕事中など、どうにもならない寒さを撃退したい!

そういう時,上の『ぬくぬく技・4選』を是非ヤッててみて下さい.

鍼灸師の石垣秀俊さん、藤原愛加さん、
女性ホルモンの賢者・烏山ますみさんと、
身体のプロ3人に速攻ワザを聞きました。

  ※ 『anan』2017年1月11日号より。
  イラスト・山中玲奈
  取材、文・板倉ミキコ


飯山 一郎(70)
ワシは,免疫力を下げないために身体を絶対に冷やさない!
そのために身体を温めることを徹底してヤル!
しかし厳寒の冬,部屋全体を暖房するのは不経済だし,少々寒い部屋のほうが頭が冴える. だから下の『温水腹巻きマット (三井温熱)』は,むしろ経済的!
…というか,腹と背中だけが温まり,頭部は温まらないので,「頭の冴え」が常にスッキリなのだ.
それで,眠くなったら温水マットを腹に巻いたまま,布団のなかに入って,眠る.
温度調節も自由自在.この暖房器具のお陰で,ワシの今冬は風邪知らずで,仕事バリバリ.
この分だと,ワシの70歳台は『スーパー老人』として大成する…鴨知れない! コレは,まさに,「大器晩成」だ.(爆)
【注】 『ぽんぽこ笑店』のURL ← クリック
腹巻き温水マット
2017/01/13日の金曜日:2  ビットコイン(BC)が大暴落する直前…
BCで儲ける!と宣言した馬鹿男
シロ~トは暴落を考えず対処法も知らない
BC大暴落 拡大
  • 「ブロックチェーン」だ,「フィンテック」だ,などと耳新しい専門用語で,欲深いシロートの心理を操作して…
  • 実世界では通用しない『ビットコイン』という架空の「仮想通貨」を現金を銀行振込させて買わせる….
  • その『ビットコイン』のネット上の価格が上がっているうちはE~が…,しかし,突然の暴落が始まると手の打ちようがない!
  • 実際に先ごろ,その大暴落が始まってしまった.(上図)
  • 『ビットコイン』をスッ高値で売り払った販売組織には大量の現金が残ったのだが,現金の払い戻しは暴落した安値でE~のだから,大儲けだ.
  • それで『ビットコイン』の価格が落ちるところまで落ちたら,取引所は『ビットコイン』を最安値で買いまくり,価格が上がったら,また別の新規顧客(カモ)に売りまくる!と.
  • 今回の暴落を全く予期しなかった馬鹿な男が掲示板『放知技』にゐて,「俺はビットコインで大儲けする!」などと掲示板に書きまくって,他人のカネまで集めていたが…,ど~なったか? 苦しんでると思う.
  • とにかく,耳新しい儲け話には,耳を貸さないことだ.
  • とかく世間は鬼ばかり.
  • ウマイ話には,絶対に乗っては駄目だ.
  • 乗ってE~のはクルマだけ! クルマだって危ないんだぞ.
飯山 一郎(70)
2017/01/13日の金曜日 ソロスが相場で大損!ヒラリー当選に賭け…
流石のソロスも老衰か?
反トランプ勢力は金欠病で衰退してゆく
ソロス
米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は12日、米著名投資家ジョージ・ソロス氏(86)が、昨年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利して以降、大方の予想に反して大幅な株高となったことで10億ドル(約1100億円)近い損失を出したと報じた。

同紙によれば、ソロス氏は大統領選後に株価が下落すると予想して投資戦略を立てた。だが、実際にはトランプ氏の経済政策に対する期待感から連日株価が高騰する「トランプ相場」が進行。昨年末までに多くの投資をやめたが、損失が膨らんだという。 (記事)


  • ソロスは,株のカラ売りも含め,損失・損害が出た取引の決済(損切り!)を,昨年11月初旬から12月末まで,2ヶ月近くもかけて行った.
  • 駄菓子菓子,その2ヶ月の間に,ソロスの(ヒラリー当選に賭けた)建て玉の損失・損害は膨らむ一方だった.
  • ソロスが被った最終的な損失額は,邦貨換算で数千億円.推計された最大値は,1兆円超!という巨額.
  • ソロス以外にも,ヒラリー当選に賭けた投資家・起業家・政治家・メディアの損害額は,軽く数兆円を上まわるだろう.
  • 米国のマスコミは,ウソつき!のレッテルを貼られて,購読者激減!という低田楽(ていたらく)
  • ヒラリーに賭けた軍産複合体も,最新鋭のF35戦闘機が古ダンプカー扱いになるなど惨々の結末.
  • このようにして米国の支配層の入れ替えは,猛烈な勢いで進んでゆくのでR.
  • だっから,アメリカは,大きく変わってゆく!
  • 変わらないのは…,蛇犯(ジャパン)だけ. (T_T)
飯山 一郎(70)
2017/01/12(木)2  トランプの一言一句に一喜一憂し…
トランプは闘犬だな
言葉の刀剣を振り回し株式相場を振り回す
BG 乱高下
  • 1月11日の11時11分から開始されたトランプ次期大統領の当選後初の記者会見は,大荒れだった.
  • ニューヨーク株式市場も,トランプの一言一句に一喜一憂して,激しく乱高下して大荒れだった.
  • プーチンや習近平の如く,穏やかに紳士然と構え,滅多に喜怒哀楽を表情に出さない大人(たいじん)とは丸で逆.
  • アメリカ・インディアンを殺しまくった獰猛な白人種の迫力.
  • 軍人あがりのトランプの政権は…
  • 閣僚・側近・高官に退役軍人を大量採用した軍事政権だが,
  • 金融面での高官人事は,ウォール街色の濃い金融政権だ.
  • 精鋭軍人に警護された『トランプ金融・軍事政権』には,「要人暗殺」の恐れはなく,むしろ「暗殺」する側だww
  • それにしても,昨夜のトランプの会見は,記者たちを闘犬のように噛みつき放題.
  • 大統領というより,戦闘的なヤクザ組織の親分の噴霧器.
  • 花札トランプの親分は,猪鹿蝶(イノシカチョウ)を繰り出して,何か途轍もないことをヤラかす大統領になりそ~だ.
飯山 一郎(70)
2017/01/12(木)  台湾:「脱原発」法が成立=再生エネ普及後押し
台湾が脱原発法を可決 アジア初
2025年までにすべて運転停止
台湾脱原発法
【台北共同】台湾の立法院(国会)は11日、2025年までに、3原発6基の原子炉を事実上、全て廃炉にすることを盛り込んだ電気事業法の改正案を可決した。総統令を経て発効する。

改正法は,代替の再生エネルギー拡大を進める内容で、東京電力福島第1原発事故後、欧州ではドイツなど脱原発にかじを切った例があるが、アジアでは台湾が初めて。

民主進歩党(民進党)の蔡英文総統は昨年1月の総統選で、25年までの脱原発を公約に掲げて当選した。

改正法は「原子力発電設備は25年までに全て運転を停止すべきだ」と明記した。 (記事)

アメリカは,トランプ大統領の主導で,脱戦争国家へ大きく舵を切る.
(トランプ政治に反抗する勢力との「内戦激化」の可能性もあるが…)

中国は,国内の腐敗勢力(政治家・官僚)を排除する大浄化作戦を,習近平国家主席が全力で進めている.

ロシアは,国民の健康と豊かな生活を守ることが国家と政府の責務!と,プーチン大統領が確言している.

日本は…,悪いほ~にしか変わらないだろう.

しかし!
自覚して覚悟を固めた一人一人の日本人が変身と自己鍛錬の日々を送れば…,道は拓けてくる! 夢も希望も湧いてくる.

とにかく日本人は,国家や,政府や,官僚や,知識人や,新聞や,テレビや,医者や,坊主に一切まったく頼らずに,自分と家族の健康だけを考えて,生き抜いていきましょう!>皆の衆

それしかないのだから……
飯山 一郎(70)
2008/04/01(火) 「大概大概=てげてげ=低下低下」の命名由来
 このコラム『低下低下=てげてげ』の「てげてげ」は、鹿児島・宮崎弁である。
 漢字で書くと「大概大概」。意味は「適当、大雑把、いい加減」。和製英語で言えば、アバウト。これを鹿児島では良い意味にも、悪い意味にも使う。
 そういえば、鹿児島人そのものが「てげてげ」だな。…良くも悪くも。ハハハ。
 だから、このコラム、鹿児島人にならって、私も「てげてげ」でいきたい!
.
 それで、新コラムのテーマは「低下」。株価の低下、ガソリン税の低下、アメリカ経済の低下、ドルの低下、自公政権支持率の低下…、みーんな良いことなんです! という発想で世界と日本を縦横に斬っていく所存。乞ご期待。        (飯山一郎)


.

【サイト内検索】

Yahoo!検索


おやすみなさい

いかに永く生きたかではなく いかに良く生きたかが問題だ。(セネカ)
☆GRNBA☆

↓【籠城作戦・どうしても外出(脱出)しなければいけない時】↓

Twitterボタン

飯山一郎の新刊
色棒24
色棒24

色棒24
ベストセラー!

放射能ゼロの産直玄米
無農薬健康茶
4袋入り2000円

あらびき1000
2袋入り1000円

鷲が毎日飲む焼酎


もう一台!↓56% OFF!

あったか↓お風呂で免疫力

飯山一郎ブランドの豆乳


シャープの空気清浄機と掃除機と乳酸菌で自宅に『放射能ゼロ空間』をつくろう。
避難は自宅の『放射能ゼロ空間』が最適だ。


蓬葉の乳酸菌をグルンバで拡大培養した世界最高峰の乳酸菌。『蓬龍宝(ほうろんぽう)


大変↓お買い得です



安心農園ヤマノは、乳酸菌農業をはじめました。

鷲の推薦図書
↓表紙をクリックして買う↓
めぐみ  きのこ
後藤利夫  落合莞爾
略奪者のロジック  独りファシズム
スターピープル  黒潮文明論
卑弥呼の正体  古代史犯罪
お金の秘密  放射能生活
検察の罠  最高裁の罠
戦後史の正体  倭の正体

仙人食を目指せ!
↓表紙をクリックして買う↓
ほとんど  やめました
不食  長生きしたければ
超少食  半日断食
食べない健康法  体温力
空腹療法  食べない人は
空腹力  断食力


鷲が載ってる↓Eー月刊誌

top top ロケット1