光合成菌が生みだす多彩な効果!


1. 臭気解消:光合成菌は、腐敗菌が発生させる悪臭物質を栄養源として積極的に利用する。悪臭を除去する微生物の代表格、それが光合成菌なのである。

2. 能力向上:汚水処理施設の処理能力は微生物数が多いほど向上する。光合成菌を返送することにより、既存の汚水処理施設内の菌の数は飛躍的に増大し、処理能力も大巾アップする。

3. 膨化抑制:膨化とは、バルキングのことである。光合成菌はバルキングの主原因である糸状菌を迅速に駆除する。現在は、化学薬剤が大量使用されているが、副作用も強く、良い結果はない。光合成菌のバルキング抑止効果は絶大であり、活性汚泥の減少などの副作用も皆無である。

4.薬剤不要:光合成菌反応槽等の処理槽の増設と光合成菌の浄化作用により、汚水処理施設全体の処理能力は大巾にアップする。これにより、ポリ鉄、苛性ソーダ、ポリマー(高分子凝集剤)、希硫酸等の薬剤の使用は不要になる。

5.汚泥減少:光合成菌が汚水浄化に参加するため、大量の汚泥を発生させる大型好気性菌の役割が減少するので、当然、汚泥も減少する。さらに、光合成菌は好気性菌の死骸を分解するので、発生汚泥そのものも減少する。

6.栄養効果:光合成菌の返送により、処理水中にビタミンやホルモンが増大し、処理水そのものが“栄養剤液”になる。

7.発酵転換:光合成菌は、“発酵菌群の代表”である乳酸菌を増大させる。また、腐敗菌類を死滅させる放線菌も増える。そのため、腐敗傾向にあった処理槽全体が発酵状態に移行する。“腐敗は最悪、発酵は最良”。

8. 装置不用:光合成菌反応槽や沈澱槽の増設で処理能力が大巾アップするので、砂ろ過塔、活性炭吸着塔、逆洗水槽、諸薬剤槽等運用経費のかかる装置を使わなくてもよくなる。また、光合成菌 には強力な脱臭作用があるので、脱臭塔も不用となる。

9. 機能拡張:光合成菌液の返送により既存の処理槽が「光合成菌の繁殖装置」に変る。そうなれば、下流の処理システム内の光合成菌が更に活性化する。この活性化した光合成菌液の用途は広い。場内に環流させ処分場を浄化し無臭化する。バルキング抑止剤として光合成菌は、化学剤を圧倒する効果を発揮する。湖沼河川浄化剤としても優れた微生物資材であり、農場、養魚場、養豚場、畜産業と、光合成菌液の需要は限りなく大きい。

腐敗菌が発生させる悪臭物質には、アンモニア、インドール、スカトー ル、硫化水素、揮発性アミン、メルカプタン、脂肪酸、酪酸、吉草酸、 ピュトレシン、カダベリン…等がある。


光合成菌は、イネの発芽形成を助ける
   〔基礎実験〕  砂耕で科学肥料を元肥として栄養生長させ、追肥の時期に達したとき、追肥として、
            @さらに科学肥料のみ追加(対象)
            A光合成菌体を追加
            Bクロレラ(単細胞藻類で24時間で4倍に増殖する)藻体を追加
            (いずれも窒素、リン酸、カリはそろえるよう調整した)
            それらの1穂粒数に与える効果を検討してみた。



水稲の幼穂形成期における追肥肥料として”無機・有機肥料”を添加した場合の施用効果

   処     理   8月6日   9月19日
一粒
穂数
 
 穂
 重
 全
 穂
 重
 ワ
 ラ
 重
 千
 粒
 重
 登歩
 熟合
草 丈 分けつ数 草 丈 分けつ数
対照区
元肥 NH4CI
追肥 NH4CI
 cm
 64.0

 25.6
 cm
103.0

 28.0

28

66.8
  g
1.54
  g
43.1
  g
42.5
  g
26.5
  %
 69.6
光合成細菌区
元肥 NH4CI
追肥 光合成細菌体 
 63.6  26.3 102.0  23.3 23 87.9 2.04 46.9 42.1 25.9  64.0
クロレラ区
元肥 NH4CI
追肥 クロレラ
    藻体
 65.0  28.0 101.0  27.0 23  71.6 1.75 40.3 43.4 26.0  65.0

'無機肥料として塩安、”有機肥料のモデルとして、光合成細菌体、ならびにクロレラ藻体を使用した。

「結果」
Aの光合成細菌体を追加したイネの茎は太くなり、まず最初に出穂し、ついで(二日後)クロレラ使用区、最後に(七日後)科学肥料施用の対照くのイネが出穂し、無機の科学肥料のみ追肥した区の粒数(66.8)に比べて、光合成細菌を追肥した区は87.9粒で約30%増加した。すなわち大きな穂がつくられたのである。

環境ビジネスTOP